2017年9月10日 更新

デイトナ アイスブループラチナ116506が入荷している!!【トケマーでGETしろ!!】

スポーツロレックス唯一のプラチナモデル、アイスブルーを発見しました!最近の市場ではあまり見られなくなったプラチナデイトナ。今回は最高峰のデイトナに迫りたいと思います。

17,746 view お気に入り 0

生誕50周年を記念して2013年に発表されたプラチナデイトナ

 (163113)

スポーツロレックスの最高峰にして唯一のプラチナモデルである『アイスブルー』。
ベゼル、インダイヤルは『チェスナットブラウン』という絶妙なカラーリングで上品な印象を引き立てています。
『アイスブルー』という文字盤カラーもロレックスのプラチナ専用色として使われており、特別な文字盤といえます。
スポーツモデルのトップであるデイトナに最高級貴金属のプラチナを組み合わせたプラチナデイトナはまさに、デイトナ生誕50周年に相応しいモデルといえるのではないでしょうか?

ロレックス デイトナ Ref.116506 基本スペック

 (163090)

【商品名】コスモグラフデイトナ
【型番】116506
【機械】自動巻 Cal.4130
【素材】プラチナ950
【カラー】アイスブルー
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
【国内定価】7,344,000円
【備考】2013年発表モデル

定価は驚きの700万円オーバーでも資産性は抜群!!

 (163093)

Ref.116506の定価は7,344,000円で一般人の私からすると常識はずれの金額で、この金額で買う人がいるの?と思ってしまいますが、そこはやはり人気ブランドロレックス!国内での人気もかなり高く、中古市場で出回ってもすぐに売れてしまう状況です。
プラチナデイトナは定価は高いですが資産価値も抜群の為人気があります!
定価は700万円オーバーで中古でも今は600万円オーバーするプラチナデイトナですが、資産価値も非常に高く、箱・保証書ありで状態も良ければ500万円以上で引き取ってくれるところが多いはずです。
現状の相場であればざっくりですが、定価の70%前後の金額は買取で出そうですね。
定価700万円代の時計なんてそうそうないですが、他ブランドの定価700万円以上時計ですと買取でもほとんどが50%を割ってしまうでしょう。

ディテールを見ていきましょう!

DENTAKU 145.1g

DENTAKU 145.1g

DAYTONA 282.4g

DAYTONA 282.4g

まずは重さをチェックしてみましょう!!比較対象が近くになかったので、同じくらいの重さかなー?と思って電卓と比較してみたら・・
ビックリ!倍近くの差がありました。
プラチナデイトナの重さは282.4gもありました。
腕時計で282gは別次元の重量感です。ステンレスのデイトナで約140g、K18ゴールドのデイトナが約220gほどなのでプラチナデイトナは圧倒的な重さといえます。
280gというと、りんご一個を腕に乗せているようなものです。驚きです・・

ベゼルとインダイヤルはチェスナッツブラウンで統一

 (163099)

プラチナデイトナのセラミックベゼルとインダイヤルはチェスナッツブラウンという茶色を採用しております。
黒ベゼルを避けたのはステンレスモデルRef.116500LNとの差別化を図るためだったのかは分かりませんが、高級感ある仕上がりとなっており、ダイヤルカラーのアイスブルーとの相性も抜群です。

ホールマークをチェック!

 (163103)

ロレックスの腕時計で金、プラチナを使用したモデルにはホールマークが刻印されております。今回ご紹介するプラチナデイトナも当然ホールマークが刻印されています。
バックルの中板部分には950PTの刻印、さらに右の画像には、小さく犬の顔らしき刻印がされております。
これらセントバーナードの刻印で、ロレックスに限らず、スイス製の金無垢時計の刻印として採用されています。
以前(だいたい1994年頃)までは女神の刻印でしたが、今ではセントバーナード犬のホールマークとなっています。
 (163100)

ラグ裏にもホールマークが刻印されております。プラチナとホワイトゴールドは一見同じようにも見えますが、比べてみると違いは一目瞭然です。
プラチナはホワイトゴールドよりもさらに強い輝きを放っており、遠目からで輝きがわかります。まったくの別物と捉えて良さそうです。
 (163102)

バックル部分は艶なしのバックルでザラザラした仕上げとなっております。
ステンレスモデルは2015年の夏頃からバックルの仕上げが艶なしから鏡面仕上げに仕様変更したようですが、アイスブルーはどうなのでしょうか?
私自身、2016年印のアイスブルーを見たことがありますが、艶なしのバックルのままでした。
鏡面仕上げになっているアイスブルーを見た事がありません。
気になったので、思い切って日本ロレックスに電話して聞いてみました!すると・・・
『私どもでも現状、仕様変更したかどうかは分かりかねます。』との回答でした。
担当者の方もステンレスモデルの仕様変更は知っていましたが、プラチナについては確認が取れていないようでした。
プラチナに関してバックルの仕様はまだ変わっていないようですが、真相は定かではないので後日改めて電話して確認したいと思います。
 (163098)

 (163091)

ラグ、ブレスレットの仕上げに関しては他の現行モデルのデイトナと同じで、ラグは鏡面仕上げ、ブレスレットは3連で真ん中のコマが鏡面仕上げとなっています。
プラチナの鏡面部分は非常に強い輝きを放ちますがその反面、傷がつきやすく目立ってしまう可能性もあります。
さらにプラチナ950は金の中でも柔らかい部類に入りますので、肌が直接触れる裏蓋や、バックル部分などは日常生活で普通に使用するだけでも細かいキズはついてしまいます。
まぁこと時計をつける方でそこまでキズを気にされる方はいないかもしれませんが。
 (163095)

文字盤を拡大して見てみましょう!
上品で綺麗な文字盤です!主張しすぎないカラーながらもしっかりとした存在感があります。
 (163094)

光の当たり方でダイヤルも表情を変えます。
イエローゴールドデイトナのような、派手さや豪快さはないものの『わかる人には分かる』プラチナデイトナはまさに至高の一本といえます。
中古相場でも600万円オーバーの超高級時計ですが、国内での需要も未だ衰えないアイスブルー!ご購入を考えている方には是非ともおすすめしたい一本です!

リストショット!!

 (163089)

 (163088)

 (163087)

トケマーにプラチナモデルが出品中!!

関連記事はこちらから

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【最高峰】ロレックス のご紹介!

【最高峰】ロレックス のご紹介!

元号も令和に変わり、気持ちも心機一転ですね! そんな令和。意味を調べてみると… 明日への希望と共に、日本人1人ひとりが大きな花を咲かせる という願いを込めて、 令和 という文字が選ばれたのですね。 私の5/2誕生の第二子も令和にのっかり、令とい字を選ばせて命名させて頂きました。 さて今回はロレックス の中でも 最高峰 という言葉に相応しいモデルをご紹介致します。 最後までお付き合い宜しくお願い致します!
MARUKOME | 28,629 view
KING of DAYTONA 116506A デイトナ プラチナ アイスブルー【至高の碧】

KING of DAYTONA 116506A デイトナ プラチナ アイスブルー【至高の碧】

ロレックスのスポーツラインのキングといえば「デイトナ」ですがデイトナの中でのキングといえばこのデイトナ プラチナ アイスブルーだと思います。中でも今回は文字盤にバゲットダイヤモンドを配置した高級ラインの116506を紹介したいと思います。
ギロチン | 40,950 view
現行デイトナが全然下がりませんね!怒【レビュー&販売情報】

現行デイトナが全然下がりませんね!怒【レビュー&販売情報】

2016年の新作として発表された現行デイトナ116500LNですが、いつまで待っても相場が下がりません。っというか上がってない?!
| 11,622 view
【豪華】どうせならワンランク上のデイトナが絶対にいい!②【販売情報&お勧め5選】

【豪華】どうせならワンランク上のデイトナが絶対にいい!②【販売情報&お勧め5選】

なんでステンレス製のデイトナってこんなに高いの?!定価の約2倍って…。でも、どうせデイトナを買うならもっと豪華な仕様までいっちゃいましょうよ!!
| 14,854 view
【ドヤ顔】出来るロレックスのご紹介。

【ドヤ顔】出来るロレックスのご紹介。

今回はオーナーになれば思い切ってドヤ顔出来ちゃうロレックスのご紹介です。 価格も充分ドヤ顔出来ますが、何と言っても腕に巻く事で感じる優越感がたまらない2モデルのご紹介です!
MARUKOME | 30,279 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

サウスポー サウスポー
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋