2020年1月7日 更新

チューダーに宿る、ロレックスの雰囲気

改めていうまでも無く、ロレックスの弟分チューダーはムーブメントからパーツ、デザインに至るまでロレックスのDNAを引き継いでいるブランドです。直営店を出店「チュードル」から「チューダー」で日本へ再デビュー後は少し親会社から子離れした印象があります。最近彼らが目指しているベクトルを僕の感想を交え紹介します。

5,598 view お気に入り 0

ラグビーワールドカップのオフィシャルタイムキーパー

Wales v France - Rugby Worl...

Wales v France - Rugby World Cup 2019 - Quarter Final

日本再上陸後、チューダーは変わったと感じたことがこのオフィシャルタイムキーパーになったことです。ロレックスの関連会社というイメージを内外にアピールできた、出来事でした。世界的なスポーツイベントでのタイムキーパーは自社製品のイメージと重なり大成功だっと思います。
Wales v France - Rugby Worl...

Wales v France - Rugby World Cup 2019 - Quarter Final

 (228130)

England v Australia - Rugby...

England v Australia - Rugby World Cup 2019 - Quarter Final

昔のチューダーの紋章を掲げた少年もいます。全世界へのアピールは大成功、認知度は間違いないくアップした筈です。ラグビーのファン層は裕福な人たちが多いと、言われます。腕時計のマーケット拡大には最適だったのでは無いでしょうか?

メインプロダクツはスポーツモデル

このところ揺れる時計業界、スポーツモデル路線で行くか、クラシックウォッチで行くか、特に大手グループ傘下の時計ブランドほどアナリストや幹部連中が日々激論を交わしている筈です。その点チューダーは割合路線が明確であり、あまり路線がブレない印象があります。
 (228025)

公式HPオンラインショップを兼ねて、値段をオープンにして好感が持てます。ほとんどのモデルがステンレスブレスとファブリックベルトになります。路線はスポーツでどこか昔のロレックスの雰囲気が僕は感じるのです。

TUDOR: Dare to live the moment with David Beckham & Kjersti Buaas

公式YouTubeではベッカムが雪山で活動のイメージを配信しています。スポーツやアウトドアなど過酷な条件下でも使える腕時計という印象を強く我々にアピールしています。

ファブリックストラップの魔術

 (228030)

個人的にはこのファブリックストラップに注目しています。ブランドによってはNATOストラップとも呼ばれています。しかしこのチューダーのストラップは少し違います。フランスの名門手工芸アトリエと共同開発したこの素材は明らかに耐久性が高いものです。
僕も他のブランドで出しているNATOストラップは少し懐疑的な目で見ていました。その理由は耐久性や防水性の低さです。やはり過酷な環境ほどステンレスブレスの耐久性に敵うものは無く果して、繊維でそのような状況下でも使用に耐えれるか疑問でした。
しかしチューダーはこれら素人の疑問に答えれる素材を用意しました。それがオリジナル素材の開発です。これはあるダイバーが自身の腕時計にパラシュート素材をベルトに用いたことにヒントがあると言われます。そのアイディアを2009年に前述したフランスの会社と共同で成功します。

業界の常識に囚われない!

チューダーはこれまでの常識に囚われない、斬新で実用的な製品づくりを目指しています。アンバサダーにはレディー・ガガ、そしてDベッカムを起用中です。
両者とも派手な装いからファッションアイコンとして起用されたと思われています。しかしそれだけはないでしょう。二人に共通することは人並み外れたプロフェッショナルな精神を持っていることです。
 (228183)

レディーガガは普段のファッションからは想像できない歌唱力とダンスパフォーマンスが有名です。またベッカムも現役時代は献身的に走るプレイヤーとして多くの指揮官から信頼されていました。
多くの人たちはベッカムのフリーキック精度に目が行きます。しかしかつての指揮官達が彼を起用した理由は毎日の練習態度や泥臭く、ハードワーカー的なサッカーに感銘して、彼を起用していたことが多いと聞きます。厳格な指揮官と知られるカッペロもベッカムの外見とは裏腹なプロ根性に魅せられて、彼を起用し続けたとメディアのインタビューで語っています。
Dior Men Fall 2020 Runway Show

Dior Men Fall 2020 Runway Show

多くのアスリートは引退後に不摂生な身体になります。しかしベッカムは体型が全く変わっていません。今もトレーニングで、節制しているのでしょう。チューダーは外見がチャラそうでも、中身は筋肉の塊、そんなプロダクツの生産を目指しているのでしょうか。自分を厳しく追い込み、見えないところで節制している努力家というところですね。
そのふたりのイメージこそ、チューダーが求めている製品イメージかも知れません。外見とは裏腹な熱いハートを持った製品造りが求めるものでしょう。
ふたりはまさにチューダーの製品を体現する、アンバサダーとしてぴったりの人物です。ふたりが選ばれた理由はチューダーの製品ラインナップを見れば一目瞭然です。まるでロレックスが忘れかけている、スポーツスピリッツを貫くラインナップがズラリと並んでいます。

モノマネでは無い、スノーフレーク針などオリジナルがいっぱい

 (228173)

チューダーはロレックスの弟ブランドゆえ、どうしてもロレックスの印象が拭えません。部品も共通のものがかつては多く、ロレックスの雰囲気が残ります。しかし、チューダーはさらなる耐久性と実用性を求めています。
このチューダーブラックベイ クロノはあの広田雅将センセイもwebクロノスの記事の中で実用性が高いと評価しています。これは偶然でしたが、僕の目線も「良いセン」行っていると感じた瞬間でした。
2020年もチューダーの動向は目が離せませんね。僕もチャンスがあればブラックベイにチャレンジしてみたいです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バーゼルワールド2019!チューダーの新作をご紹介!

バーゼルワールド2019!チューダーの新作をご紹介!

昨年、念願日本上陸を果たした"チューダー"。今回はバーゼル2019の新作モデルを全てご紹介していきたいと思います。
サウスポー | 19,223 view
ロレックスの次に買うべき時計【ハズシ編】

ロレックスの次に買うべき時計【ハズシ編】

時計が好きで、ロレックスを買って、さて、次は何を買おうかと言った時におすすめの時計を紹介していくこの企画。前回は王道編で、いかにもな時計を選びましたが、今回はハズシ編。そもそも、ロレックスが定番ですからね。2本目は、ロレックスの次に買うべき時計、ハズシ編です。
yusapapa | 6,072 view
【祝 日本上陸】おすすめチュードル改めチューダー

【祝 日本上陸】おすすめチュードル改めチューダー

先日、日本での正規販売が決定したチュードル。名前はチューダーになるようですが、いまいち、しっくりこないですね。バシュロンなみに・・・。、個人的に正規販売されて欲しかったブランドだけに、今後が楽しみということで、おすすめのモデルを考えてみました。
yusapapa | 14,849 view
トケマーで見つけた これは買いな1本

トケマーで見つけた これは買いな1本

今年は新型コロナの影響で、様々な分野に影響は出ておりますが、業界によってはボーナスも出てるということで、トケマーでお気に入りの時計でも買って、経済回していきませんでしょうか。自粛期間が長いとストレスもたまるということで、パーっと買っちゃいましょう。
yusapapa | 2,626 view
トケマーで見つけた これは買いな1本

トケマーで見つけた これは買いな1本

コロナ禍をぶっ飛ばせということで、少しずつ日常生活も戻りつつある今日この頃。ぼちぼち大きな買い物でもいっときたいと思われている方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、ちょっと贅沢な腕時計。トケマーで探してみましょう。
yusapapa | 2,288 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goro goro
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋