2019年3月20日 更新

希少&お買い得ロレックスをトケマーで発見!!116520鏡面デッドストック、16710 M番ほか・・

今回はトケマー新着入荷の商品からレア商品、お買い得商品を5本ご紹介したいと思います。

14,240 view お気に入り 0

希少・日本限定!ターノグラフ 116263 黒文字盤

 (216992)

【商品名】デイトジャスト ターノグラフ
【型番】116263
【機械】自動巻
【素材】ステンレススチール
【カラー】ブラック
【ケースサイズ】36mm
【防水性】100m
【国内定価】961,200円
【備考】日本限定
 (216993)

いきなり超レアモデルのご紹介です。デイトジャスト ターノグラフ 116263 日本限定。
ロレックス社が正式に日本限定として発表したモデルです。特徴は“秒針”と“モデル名の印字”そして“デイト表記”に全てグリーンが採用されている点です。
コンビモデルの日本限定は白文字盤、黒文字盤の2種類あります。各モデル300本のみ生産された希少性の高い一本です。
最近はめっきり市場からも姿を消し、高騰し続けています。出品中のこちらは付属品もばっちり揃っているのでおすすめです。

王冠なし!2017年発表 シードゥエラー 126600

 (216995)

【商品名】シードゥエラー
【型番】126600
【機械】自動巻き Cal.3235
【素材】ステンレス
【カラー】ブラック
【ケースサイズ】43mm
【防水性】1220m
【国内定価】1,166,400円
【備考】2017年発表
 (216996)

続いてはバーゼル2017年の目玉!新型シードゥエラー(赤シード) 126600のご紹介です。
現行モデルなので決してレアモデルという訳ではないのですが、今後の高騰が期待できる『王冠なし』の初期仕様となっており、値段も現在の相場からみると"買い"だと思います。
『王冠なし』とは文字盤6時位置のSWISS MADEの間に王冠マークがない仕様です。2018年以降製造のものはここに王冠マークが入るので、『王冠なし』は最初の一年間のみの仕様となるわけです。
今後ロングセラーになればなるほど、初期ダイアルの評価は上がっていくのは目に見えています。10年後、20年後が非常に楽しみな個体です。

現行サブマリーナ デイト 116610LV グリーンダイアル

 (216998)

【商品名】サブリーナデイト
【型番】116610LV
【機械】自動巻
【素材】ステンレススチール
【カラー】グリーン
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
【国内定価】928,800円(税込)
【備考】2010年発表
 (216999)

バーゼル2010年で発表されたグリーンサブリーナ 116610LV。リリースから9年が経った今でも、正規店での購入が困難な大人気モデルです。
 (217030)

ご覧下さい!現在ロレックスの公式ホームページのトップに掲載されているショートムービー。
このムービーを見る限り、スポーツモデルっぽいですね。今年のバーゼルはGMTなのか、サブなのか?結果は今夜わかると思いますが、もしグリーンサブが廃盤になったら・・・速攻で出品中のこちらも売れてしまうでしょう。結果は今夜わかるので待ちましょう。

Cal.3186搭載!GMTマスターⅡ 16710 最終M番

 (217004)

GMTマスターⅡ 16710の最終品番M番も出品されています。これも珍しいですね。
 (217006)

スティックダイアルよりさらに希少なRef.16710 の"最終M番"はコレクター垂涎のモデルといえます。本来GMTマスターIIRef.16710はCal.3185が搭載ですが、実はZ番後半から最終M番はCal.3186を搭載しています。
 (217005)

Cal.3186は現行モデルの116710LN、116710BLNRど同じムーブメントを採用しています。5桁モデルながら現行と同じムーブメントを搭載しているという点もレアポイントです。
滅多に市場に出てこないモデルですので、気になる方は是非チェックしてみてください。

"デッドストック"デイトナ 116520 黒 鏡面/最終ランダム番

 (217001)

【商品名】ロレックス コスモグラフデイトナ
【型番】Ref.116520
【機械】自動巻 Cal.4130
【素材】ステンレススチール
【カラー】ブラック
【ケースサイズ】40mm
【防水性】100m
【参考定価】-
【備考】生産終了モデル(2000年〜2016年)
 (217002)

最後は生産終了モデル デイトナ Ref.116520 最終ランダム番 "鏡面バックル"デットストックのご紹介です。今後大化けする可能性がかなり高いです。
2016年に新型デイトナ116500LNの発表以降、右肩上がりに相場か高騰している116520。最終品番となるランダム番の鏡面バックルだと中古品でも240万円前後の値をつけています。
しかし、現在出品中のこちらは『デッドストック』。最終鏡面バックルで保護シールも残った個体は今後ますます見つけるのは困難になってくると思います。
投資としても十分に期待ができる商品です。これに関しては早いもの勝ちだと思います。自由に使えるお金が私にあれば、間違いなく手を出しているでしょう。

関連記事はこちら

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ロレックスの歴史 Part.2】2000年〜2005年

【ロレックスの歴史 Part.2】2000年〜2005年

ロレックスの歴史に迫るシリーズ第2弾。今回は2000年〜2005年に発表された代表的なモデルや、新たに開発された技術に迫ってまいりたいと思います。
サウスポー | 7,982 view
【2019年10月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! GMT-MASTER編

【2019年10月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! GMT-MASTER編

今回は"GMTマスターⅡ"の主要現行モデルの現在の相場をみていきたいと思います。生産終了となったオイスターブレスの116170LN(BLNR)、今年発表された青黒ジュビリーブレスなど注目モデルの相場をみていきたいと思います。 バーゼル2019で新たに発表された126710BLNRをはじめとする各現行モデルの相場をみていきたいと思います。
サウスポー | 19,873 view
バーゼル2018 ロレックス新作の現在地を探る!

バーゼル2018 ロレックス新作の現在地を探る!

バーゼル2018から約1年半が経過。そこで今回は各新作モデルの現在地を探ってみたいと思います。
サウスポー | 30,550 view
おさえておきたい5桁ロレックスのご紹介!

おさえておきたい5桁ロレックスのご紹介!

今回はトケマー出品中のアイテムの中から気になるロレックスの5桁スポーツモデルをご紹介したいと思います。
サウスポー | 26,721 view
日本上陸間近?バーゼル2019年ロレックス新作のスタート価格を予想してみる。

日本上陸間近?バーゼル2019年ロレックス新作のスタート価格を予想してみる。

今年の3月に開催されたバーゼル2019。例年の動きを見るとそろそろ日本へのデリバリーも始まるこの時期。(もう入ってきてるのか?)そこで今回は海外相場を基に日本国内の並行店スタート価格を予想してみたいと思います。
サウスポー | 39,164 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

サウスポー サウスポー
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋