2017年7月3日 更新

長ーく愛用できる1本!オメガ スピードマスター Ref.3570.50の魅力

オメガを代表するスポーツモデル、スピードマスター。NASAの公式時計に採用されて、人類初の月面着陸、そして月に降り立ったことから「ムーンウォッチ」の愛称で世界中で認知されている人気モデル。そして、今回レビューするRef.3570.50は定番中の定番。すでに廃盤となりましたが、今でも根強い人気があります。衰えない人気に迫りたいと思います。

23,054 view お気に入り 0

オメガ スピードマスター 3570.50 基本スペック

 (146782)

【商品名】オメガ スピードマスター プロフェッショナル
【型番】Ref.3570.50
【機械】手巻き  Cal.1861
【素材】ステンレススチール
【カラー】ブラック
【ケースサイズ】42mm
【防水性】生活防水
【参考定価】-
【備考】プラスティック風防 生産終了モデル

宇宙飛行士に愛された時計 スピードマスター

 (146785)

1969年、アポロ11号による人類史上初の月面着陸の瞬間に立ち会った時計が、NASAの公式時計として3人の宇宙飛行士が使用していたオメガのスピードマスターでした。
1957年に生まれた12時間積算計がついたクロノグラフは当時、宇宙空間での使用を想定して作られた時計ではありませんでしたが、そのポテンシャルはNASAが課した11項目の過酷なテストをクリアしてしまうほどのポテンシャルを秘めていました。
スピードマスター以外の手巻きクロノグラフはテストの途中で次々と壊れていったようですが、唯一スピードマスターだけがテストを合格しました。当時からデザインだけでなく、その性能も高く評価されていました。
月面着陸後、『ムーンウォッチ』として認められたスピードマスターは、現在もNASA唯一の公式時計として、宇宙空間で活躍をしており、多くの宇宙飛行にも愛されているモデルです。

裏蓋にもしっかりと『証』が記されています

 (146790)

裏蓋の中央には、オメガのスポーツモデルの象徴的マークである『シーホース』が刻印されています。
そして、外周の英字表記は『初めて月面で装着されましたよー』といった意味のようです。
裏蓋見ても楽しめる時計です。

さらに大きくして見てみましょう

 (146795)

よくみると、裏蓋のシーホースも細かく彫刻されており、躍動感のある仕上がりとなっております。シーホースの下にはちゃっかり、Ωマークも刻印さてれいます。

バックルを見てみましょう

 (146798)

 (146799)

バックル部分にはブランド名とΩマークがあ刻印されております。
両サイドのボタンを押して開閉を行うので、不意な落下を防いでくれます!
また、折り畳み式のバックルの為、スムーズに着脱できる点もいいですね!
シンプルな作りですが、しっかりと作られている印象です。プッシュ式は実際に仕様してみると、着脱が本当に便利です。

精悍な印象を与えるケースサイド

 (146802)

 (146804)

風防はヘサライトクリスタルというプラスティック風防を採用している為、ケースサイドから見ると、ぷっくりと風防が丸みを帯びていて、ヴィンテージ感も出てかっこいいです。
厚さ14.7mmの頑丈なステンレススチールケースは手元もにも確かな存在感を生み出し、精悍な印象を醸し出します。
一点、注意したい点はプラスチック風防はサファイアクリスタルに比べて、キズがつきやすい(目立ちやすい)という点です。風防にあまりに大きなキズがある場合は手を出さない方がいいと思います。しかし気にならない程のキズでしたら、それはそれで味があって良いと思います。

常に一定の人気がある為、相場下落は考えづらい

 (146809)

今回ご紹介しております、Ref.3570.50は2014年に生産終了となりましたが、製造期間は実に17年間と超ロングセラーモデルといえます。人気モデルゆえ生産数も非常に多く、日本でも使われている方は多いモデルです。
デザインもシンプルでかっこ良く、ステイタスもあり且つ、手の出しやすい価格帯ということもあり今もなお、高い人気を誇っております。
生産数は多く、中古市場でも常に出回っているアイテムですが、価格の下落は見られません。
むしろ、ゆーっくりと上昇し続けている印象です。数年前は20万円代前半で出ていたと思いますが、今では中古相場も20万円代半ばから30万円前後と推移してきており、人気の高さが伺えます。
仕事でもプライベートでも問題なく使える一本ですので個人的にはアリだと思います。

リストショット

 (146815)

 (146816)

 (146817)

ブレスレットのコマも1コマが小さいので腕によーく馴染みます。
ケースサイズは42mmと一見大きめに感じるかもしれませんが、個人的にはまったく問題なしです
基本的に自動巻きムーブメントに比べ、手巻きムーブメントは薄くなっておりますので、厚さも程よい感じです。
また、サファイアクリスタル風防が主流となってきておりますが、プラスチック風防のアンティーク感も抜群にカッコいいです。状態のいいものが見つかったら買っちゃおうかなと思いました。笑

関連記事はこちらから

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オメガ スピードマスター 限定モデル集【アポロ11号編】

オメガ スピードマスター 限定モデル集【アポロ11号編】

オメガと言えば宇宙。宇宙と言えば宇宙船「アポロ」。人類初の月面着陸成功した記念にオメガから5年毎に限定モデルが出ております。今回は、アポロでもいくつかありますが、一番よく聞く「アポロ11号」の限定を調べてみました。
OSU★ | 29,218 view
OMEGAのお手頃価格帯オススメ品3選のご紹介!

OMEGAのお手頃価格帯オススメ品3選のご紹介!

皆様、ごきげんよう。天草四郎です!今回はOMEGAのお手頃な価格帯で販売されているオススメ品を3選ピックアップしました。つい財布のヒモが緩んでしまうようなオススメ品を厳選しましたので、最後までお付き合いよろしくお願い致します! それでは参りましょう!
天草四郎 | 5,825 view
【腕時計レビュー】オメガ スピードマスター プロフェッショナル アポロ・ソユーズ 35周年限定モデル

【腕時計レビュー】オメガ スピードマスター プロフェッショナル アポロ・ソユーズ 35周年限定モデル

前回に引き続き今回もオメガ スピードマスターの限定モデルのご紹介です。2010年発表モデルの"スピードマスター プロフェッショナル アポロ・ソユーズ 35周年限定"メテオライト文字盤の希少性の高い一本です。
サウスポー | 5,640 view
【2017年発表】現行スピマス最小!オメガ スピードマスター38

【2017年発表】現行スピマス最小!オメガ スピードマスター38

2017年、オメガ スピードマスター生誕60周年を記念し、新たに38mmのコレクションが発表されました。現行スピードマスターでは最小となる38mmケース。今回は小径化の波に乗ったスピードマスター38に迫りたいと思います。
サウスポー | 32,921 view
オメガ【驚異の耐久性】アラスカプロジェクトってどんな時計?

オメガ【驚異の耐久性】アラスカプロジェクトってどんな時計?

オメガの人気ライン「スピードマスター」。様々な限定品や、コラボモデルが存在しますが、 その中からダントツと言ってもいいほどのインパクトのある時計を今回ご紹介します!
バネ棒 | 19,404 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

サウスポー サウスポー
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋