2016年12月19日 更新

ゼニス×ランチア【腕時計と車の密な関係~第1話】

男が惹かれるのは今も昔も機械モノ。クルマ好き=トケイ好きの欲望を満たすコラボモデルを紹介していきます。 まずは最新バーゼルから伝説の名車ランチアとゼニスの密な関係を。

3,332 view お気に入り 0

2016バーゼル新作でレアなコラボ発見

 (12058)

2016バーゼルワールドの話題もひと段落しましたが
主役はやはりロレックス新型デイトナ116500LNでしょうか。

現行の116520に比べてセラクローム・ベゼルで引き締まった感があり
世間的にはヴィンテージ・デイトナの再来?などとかなり注目されているようですが
もともと個人的にはあまり惹かれるモデルではなく・・・

それでもさすがのロレックスさん!
こんな素敵なモデルを発表してくれました~
 (12120)

ヨットマスター116621 エバーローズゴールド・ロレゾール
チョコレートダイアルに一目惚れですよ。

今までロレックスで唯一物欲を駆り立てるモデルであった
GMTマスターⅡ16713の通称『茶金』モデルを彷彿とさせますが
エバーローズゴールドを使用している分、よりラグジュアリー感が増してたまらないですね~。
 (12467)

そんな調子で各ブランドをチェックしていましたら
デイトナとはエル・プリメロつながりでもあるゼニスにこんなモデルが!
 (12205)

パッと見は普通のエル・プリメロ スポーツかな~と思ったのですが
文字盤の白にインダイアルの緑と赤の配色・・・どこかで見覚えがあるぞ。

伝説のラリーカー ランチア・ストラトス

 (12093)

スーパーカーブーム世代ならピンとくるこのデザイン。
イタリアンカラーを身にまといWRC(世界ラリー選手権)に勝つために生まれてきた唯一無二の車。
それがランチア・ストラトスなのです。

フェラーリのこれまた伝説の名車『ディーノ』のV6エンジンを積んだスパルタンなボディライン。
わずか492台しか生産されなかったが故に、私は未だに生でお目にかかったことがありません・・・

子供の頃どうしても欲しかったストラトスのRCカーを買ってもらい
近所の公園でガンガン走らせていた記憶がよみがえってきます。
余談ですが、スーパーカーブームの火付け役となった漫画『サーキットの狼』にて
北海の龍こと原田和夫が駆るランチア・ストラトスのボディカラーは青でした。
マニアックですいません・・・

ゼニス エル・プリメロ ストラトスチーム

 (12080)

今もヒストリックカーレースで活躍するランチア・ストラトスですが
2015年からのゼニスとのコラボレーションによりこんなデザインになりました。

Erik Comas Lancia Stratos at Rallylegend 2015 pure sound before start - YouTube

Erik Comas Lancia Stratos at Rallylegend 2015 pure sound before start
リアの部分にあのエル・プリメロのムーブメントが大きく描かれているのが見えるでしょうか?
この下にエンジンが積まれているのですからまさに『機械のコラボ』と言った感じです。

レーシングカーらしさを増してくれる丸目テールランプとの相性も最高ですね~。
クルマ好きとしては左右1本出しマフラーからのエキゾーストノートもたまりません!

エリック・コマス

タメオ リジェJS37 下地〜塗装 - F1 - ミニチュアモデル・ミニカー - やすさんの製作日誌 - 模型が楽しくなるホビー通販サイト【ホビコム】 (94432)

そしてこのランチア・ストラトスを操るのが、エリック・コマス。
イタリアっぽい雰囲気なんですが実はフランス人です・・・

国際F3000チャンピオンに輝いたのちF1ドライバーとしても活躍しましたが
時代はまさにF1全盛期でネルソン・ピケ、アラン・プロスト、ナイジェル・マンセルといった
レジェンドたちがしのぎを削っていたため、どちらかというと地味な存在でしょうか。

しかしF1フリークの記憶には別の意味でその名が深く刻みこまれていました。
当時のF1ドライバーとして忘れてはならない『音速の貴公子』アイルトン・セナ。
彼とエリック・コマスとの間には切っても切れない悲しい縁があったのです。

アイルトン・セナに救われた命

1992年 ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)

コマスはクラッシュのショックで気を失いコース上で動けなくなってしまいます。
後続のセナはフリー走行中にもかかわらずマシンを止めて
オイル漏れで爆発する危険を顧みずコマスをコックピットから助け出したのでした。
SAN MARINO GRAND PRIX 1994

SAN MARINO GRAND PRIX 1994

そして2年後の1994年 サンマリノGP(イモラ)

トップを走行していたセナのマシンがカーブでコースアウトしコンクリート壁に激突。
セナを崇拝していたコマスは走行禁止の命令を無視してまでも事故現場に向かうものの
そこには医療班により蘇生治療を施される瀕死のセナの姿が・・・

救出することはおろか近寄ることも許されず
命の恩人であるセナの死をただただ見届けるしか出来なかったコマスは
シーズン終了後にF1マシンのシートを自ら降りたのでした。

セナに会った最後のパイロット・・・ラリーチャンピオンへ

翌年から日本のGT選手権に参戦したコマス。
1998年、1999年にチャンピオンとなるなど元F1ドライバーの実力を見せつつも
堪能な日本語で日本のレース関係者にも人気がありました。

その後レースから遠ざかっていた時期もありましたが
ゼニスのブランドアンバサダーを務めていた縁もあり
2015年にゼニス エル・プリメロ ストラトスチームのドライバーとして迎え入れられました。
 (12476)

ゼニス×ランチア×コマスのマリアージュは初年度からいきなり開花します。
無敵艦隊ポルシェを相手に着々と入賞を重ねていき
ついに2015 イタリア・ヒストリック・ラリーチャンピオンに輝くのです。

天国のアイルトン・セナも一緒にシャンパンファイトしていることでしょう!!

モデルスペック

 (12209)

ゼニス エル・プリメロ スポーツ ランチア・ストラトス
Ref:03.2521.400/07.R576
Cal:エル・プリメロ 400B
予価:982,800円(税込)
世界限定100本

45mmと視認性に優れたステンレススチール製ケースに
バックスケルトンから名機エル・プリメロのムーブメントが顔を出し
パンチング加工のラバーストラップがクルマ好きの心をくすぐる逸品。

唯一無二が好きな方に是非着けてもらいたいモデルですね!!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【上原浩治×ゼニス】一流野球選手と腕時計

【上原浩治×ゼニス】一流野球選手と腕時計

一流は一流を選ぶ・・・野球界において突出した存在である彼らはどんな腕時計を選んでいるのでしょうか? 今回は世界一を勝ち取ったクローザーである『上原浩治』が選んだ腕時計を紹介します。
蹴球 | 2,462 view
グランドセイコーも良いですが、セイコーのバーゼル新作も見てはどうでしょう?

グランドセイコーも良いですが、セイコーのバーゼル新作も見てはどうでしょう?

セイコーの新作にも注目して見ました。お楽しみいただければ幸いです。
はなすけ | 12,190 view
【速報】2018年ロレックス新作 バーゼルワールド発表モデルを紹介

【速報】2018年ロレックス新作 バーゼルワールド発表モデルを紹介

今年もバーゼルワールド2018年でロレックスが新作発表をしました。今回はその新作モデルをご紹介致します。GMTマスターⅡ、ディープシー、デイトナ、デイトジャスト36、デイトジャスト31の新しいモデルをご紹介します。
高尾さん | 162,919 view
【2017バーゼルワールド】ロレックスの新作をチェックしてみよう!

【2017バーゼルワールド】ロレックスの新作をチェックしてみよう!

今年も時計の祭典、バーゼルワールドが開催されましたね。この時期を楽しみにしている時計フリークは待ちに待った季節となったのではないでしょうか。今回はそんな中でも 特に注目を集めているロレックスの新作モデルについて探っていきます。
manual | 10,944 view
【ROLEX】ロレックスの新作発表!!やはりシード 126600に目が行ってしまう

【ROLEX】ロレックスの新作発表!!やはりシード 126600に目が行ってしまう

Baselworld2017にて続々と各メゾンが新作を発表する中、やはり注目はROLEXです。新型がでれば自ずとディスコンが出てきます。すると中古市場価格も上がったり下がったり。
p-con | 7,410 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

EXIGE EXIGE
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋