2018年8月23日 更新

パワーリザーブを活用して、機械式時計をもっと楽しむ

機械化時計の泣き所は腕から時計を外すといつかは止まる事です。休日が終わり出勤っていうタイミングで時計が止まっていたら大変です。そんな悩みは長い【パワーリザーブ】で解決できます。

12,368 view お気に入り 0

お盆明けて時計が止まっていたら

Businessman adjusts clock

Businessman adjusts clock

お盆明けで、仕事前に時計が止まっていて、ゼンマイを巻き上げ時間調整をした方も多かったと思います。
しかしカレンダー表示がある時計は、多くのメーカーで20時または21時から翌4時頃までリュウズを使った時間調整は避けるようにと、説明書に記載しています。
もし21時頃を指していたら、ある程度動し、午前4時過ぎてから調整するのです。
しかし後、数時間で出勤というタイミングで時計が止まっていたら他の時計を付けていく、壊れるのを覚悟で調整するかです。
この時計怪獣の読者で壊れるのを覚悟で時間調整する方は居ないと思います。
時計が止まるのを避けるためには、パワーリザーブが長い機械化時計をつければ良いのです。
たとえ休日に時計を外しても、その間動く時計は実はたくさんあります。

パワーリザーブの意味は?変わる使い方

Man wearing suit and watch

Man wearing suit and watch

さて、パワーリザーブの意味は【パワー】=腕時計では動力、【リザーブ】は貯めるという、意味があります。つまり、時計のゼンマイを巻き上げてから動く時間、【駆動時間】を指します。
しかし、パワーリザーブ=【巻き上げてから長く(数日)動く時計】とも、使われています。
実際に駆動時間が比較的長い時計を【パワーリザーブ付き】と、表現している通販サイトもあります。
パワーリザーブという言葉が使われて来た事は時計を使い分ける文化が浸透して来たからと、個人的に感じます。
20年程前は1本の高価な時計を仕事とプライベートを分ける事無く、使う事が大切と思われていた時代でした。「パワーリザーブ」というコトバも当時は全く浸透していませんでした。

キリスト教の国では日曜日は礼拝の日

人々の教会

人々の教会

しかし欧米では日本と違い、パワーリザーブが浸透する週休2日制度が昔からありました。
これは日曜日はキリスト教の国々では休日では無い事から来ています。
キリスト教の国々は土曜日が休日で、日曜は礼拝の日とされています。日曜は家族揃ってドレスアップ、教会に行く日です。
私も以前、宗教がカソリックの国に在住していた事がありました。
皆朝から家族総出でドレスアップして教会に必ず行きます。
また、イタリアではセリエAの試合は日曜日の場合、キックオフ時間は必ず夕方15時以降になっています。これは教会に行く事を前提にしているからです。
このように欧米は宗教的な背景があり週休2日制度が日本より早く、普及していました。日曜日に使う時計はドレスウォッチであり、金曜の夜にはビジネス用の時計を外す背景があると思います。パワーリザーブの需要は古くからの習慣があるため高く、長時間駆動する時計が根付く要素があったためです。
38 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

モテ 腕時計No.1 IWCポルトギーゼの魅力大解剖

モテ 腕時計No.1 IWCポルトギーゼの魅力大解剖

「女性が男性にして欲しい腕時計ナンバーワン!」2018年頃よりIWCのポルトギーゼはそう呼ばれています。クラッシックですが、どこかモダンな雰囲気も残すコレクションの人気を僕目線で探求します。
goro | 5,842 view
20代にも人気!ポルトギーゼは第2のサブマリーナ になる可能性がある

20代にも人気!ポルトギーゼは第2のサブマリーナ になる可能性がある

正月は家族が久々に集まります。我が家でも20代メンズ、娘の旦那さんと息子君が来た時に私がIWCの好みを聞きました。彼等はなんと両名共にポルトギーゼを選択、その理由は?
goro | 10,820 view
『MENS』はなぜ腕時計を好むのか?IWCポルトギーゼで女性への好感度をあげる

『MENS』はなぜ腕時計を好むのか?IWCポルトギーゼで女性への好感度をあげる

世間で腕時計好きといえば、圧倒的に『MENS』です。俳優の福山雅治氏も腕時計は「男性のたしなみ」という趣旨のコメントをしています。さて貴方も腕時計好き?なぜでしょう?
goro | 7,568 view
名機には良いネーム、時計のネーミングはどうあるべきか?

名機には良いネーム、時計のネーミングはどうあるべきか?

腕時計の名前はブランドの哲学、時代背景が反映されて興味深い物が多くあります。今日はそんな名機のネーミングの由来や解釈を紹介してゆきます。
goro | 3,736 view
堅実な高級時計メーカー『IWC』からおすすめの3本をご紹介!!

堅実な高級時計メーカー『IWC』からおすすめの3本をご紹介!!

1886年にスイスで創業した老舗高級時計メーカー『IWC』。緻密な作りとデザインで根強い人気を誇る時計メーカです。現在は6つの時計コレクションを軸に展開しており、コストパフォーマンスも非常に高いです。クラシックなデザインも多い事から、ビジネスシーンで使う方も多いようです。今回はトケマー販売中のIWCからおすすめ3本をご紹介したいと思います。
サウスポー | 19,066 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goro goro
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋