2017年2月9日 更新

セイコー ブラックモンスター SKX779K 海外モデル 防水200mダイバーウォッチ

セイコーと言えばダイバーウォッチ。セイコーダイバーで人気モデルと言えば「モンスター」。海外にはそんなセイコーファンが多いイメージを勝手に私は持っています。実際のところ、日本では見かけることはあまりないのですが、海やダイビングシーンなどでは利用されているのでしょうか?今回はブラックモンスターのファーストモデル SKX779K1をレビューしていこうと思います。

38,749 view お気に入り 0

Seiko Divers Automatic Black Monster SKX779K

 (105654)

今回は「金属塊」と言えるスーパー「ゴツ格好良い」低価格ダイビングウォッチ、「モンスター」ことSKX779K1をレビューしていきます。

ブラックモンスターのニックネームで、海外で爆発的な人気を誇るセイコーの海外専用モデルSKX779。
今では生産終了になってしまったファーストモデルにあたり、シリーズは以下のリンク先に記事があるのでご確認ください。
 (105656)

41-42mmくらいのケース径なので、現代のスペックでは「大きい」部類には入らない「幅」ですが、その厚みが凄い!
 (105676)

その厚み13mm。
薄いとされるパテックフィリップのノーチラス5711/1Aが8.5mm。
ロレックス サブマリーナー116610は13mm。

サブと同じか・・・円錐の様なデザインなので余計に厚みがあるように見えます。
116610の重さはフルコマで160グラム弱、SKX779はフルコマで180グラム超えます。

厚い・重いで、ズッシリさん。
 (105675)

ドーン!と、インパクトがあります。

大きなスクエア・インデックスと、太いアローハンズの組合せもそうですが、42mmなのにこの存在感。
ボルトの様な回転ベゼルも無骨そのもの。

腕時計と言うよりは、男のダイビングツールです。
 (105657)

非常にシンプルですが、パネライに通ずるような「シンプル・デカ厚」感が堪能できます。

夏場に良いモデルですね。
これは良い。
値段もG-SHOCKと変わりませんので、自動巻きを楽しめると言う面でもオススメできます。
※SKX779の中古相場は10,000~20,000円、フロッグマンより安い。
 (105658)

夜光もモリモリ。

ラーメン屋の「増し・増し」コールです。
ライトグリーンがキレイですね。

自動巻きキャリバーは7S26で、ノーハック、ノー手巻き。
1日の日差は標準で1分程度までは範疇の様ですから、細かい性格の人には合いません。
200m防水ありますので、素潜り・スキューバダイビングには使用できます。
※飽和潜水はダメです。

デイ・デイト機能まで付いていますので、非常に使いやすいモデルです。

独特な4時リューズも、目立つポイントですね。
 (105659)

そのリューズの先には、何のマークもありません。
欲しいなぁ・・・Sが欲しい。

結構厚いブレスレット。
セイコー5スポーツの海外モデルなんかは巻きブレスなので、やはりダイバーウォッチだけにしっかりしています。
壊れにくそうです。
 (105660)

ごくごくシンプルなブレスレット。

好感が持てますね。
 (105661)

バックル部のプレートも、シンプル。
無駄な装飾は皆無です。
 (105663)

ケースバックにはダイバーウォッチの証「波模様」。
 (105665)

12時位置のインデックスは大きな大きな三角形。
 (105664)

針は値段の割にはキレイですね。
 (105666)

7S26-2084 R 2の記載があります。

MADE IN JAPANの記載が無いので組み立ても海外ですね。
見た目が同じでもSKX779K1は海外組み立て、SKX779J1は日本製となります。
 (105667)

ルミナスポイントとベゼルマーカー。

文字盤の方が夜光が強そうです。
 (105668)

つるっつるなクラウン。
 (105683)

SCUBA DIVER'Sの刻印。
 (105684)

7S26-0350の記載。
 (105685)

ブレスレットの型番
49X8-G・C
 (105669)

バックルのフリップ部の刻印。
SEIKOの文字が良いですね。
 (105670)

バックルのフリップを横から。

しっかりしています。
 (105679)

バックルを外す時は、両サイドからのプッシュボタンがあり容易です。
 (105671)

良く見ると、内側にエクステンションが装備されています。

この値段で、すごい配慮だな・・・
さすが日本の誇る時計メーカー。
「おもてなし」です。
 (105672)

ダイビング(ウェットスーツ)で使い奴は、長いラバーストラップに替えて使えよ!

とは言わないセイコー。
数年前の新品相場は15000円くらいでしたので驚異的なコストパフォーマンスです。
 (105673)

使い方がよくわからない方へ・・・

バックルのお尻側を持ち上げるとフックが外れ、数センチほどブレスレットが工具無しに長くなります。

厚手のウェットスーツに着替えても、同じ時計のままダイビングを楽しめるのです。
 (105674)

内側から見るとこんな感じ。
 (105677)

それにしても、イカツいフォルムですね。
「モンスター」のニックネームは伊達じゃありません。

多少ブツけても、なんてことないタフなボディ。
素晴らしい。
 (105680)

夜光も強力です。

私は海に潜ったことが無いのですが、ここまで光るなら経過時間がきちんと把握できそうですね。

まとめ

 (105681)

なかなか、どうして。いやはや、これは参った。

10000円台で購入できる腕時計にしては非常によく出来ていると思います。

普段、ロレックスやオメガなど使用されてて「ダイバーウォッチ」欲しかったんだけど、何か安くて良いのあるかな?って方にはピッタリです。

普段、パテックとかオーデマを付けている方には不向きです。

普段、ルミノックスやG-SHOCK着けていて、「機械式の時計」欲しかったんだけど、何かあるかな?って方にはピッタリです。

普段、ダニエル・ウェリントンやKnotのクォーツ時計着けていて、「機械式の腕時計」欲しかったんだけど・・・って方には・・・ちょっと違うかな。

タフで、視認性良く、便利でインパクトあって格好良いけど・・・
無骨だし、オシャレじゃないし、重いです。
華奢な方にはダメかも知れません。
ではまた!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の腕時計と言えばダイバーウォッチだよね!15連発ダイバーウォッチレビュー!

夏の腕時計と言えばダイバーウォッチだよね!15連発ダイバーウォッチレビュー!

ダイバーウォッチと言っても、実際には着けて潜るなんて方は少ないでしょうから「丘ダイバー」的ななんちゃってダイバーウォッチでも良いとは思うものの、やっぱり買うなら「プロフェッショナル」なモデルを選びたくなります。という事で今回は
ZENMAI | 123,400 view
実際どうなの? セイコー SBDC045 プロスペックス ダイバースキューバ トランスオーシャン ゼロハリバートンコラボレーション限定モデル

実際どうなの? セイコー SBDC045 プロスペックス ダイバースキューバ トランスオーシャン ゼロハリバートンコラボレーション限定モデル

2016年の新モデル「セイコー プロスペックス ダイバースキューバ"トランスオーシャン"」からリリース記念で登場したゼロハリバートンとの限定コラボレーションモデルSBDC045をレビュー。格好良い都会派オシャレダイビングウォッチの形を満喫します。これ、超格好良いですよ!本当に。アンダー10万円になったら皆飛びつきましょう!
ZENMAI | 59,156 view
セイコー プロスペックス「PADI」コラボ・ダイバーズウオッチ・コレクションが冬に発売される件

セイコー プロスペックス「PADI」コラボ・ダイバーズウオッチ・コレクションが冬に発売される件

海の男と言えば「漁師」だったり「サーファー」だったり、「釣り人」だったり「ダイバー」だったりします。夏のイメージが強い海も、彼らにしてみたら年中無休のフィールドなんですね。セイコーのコスパに優れたプロスペック・シリーズからダイビングウォッチが4本発表されました。PADIと言う世界最大のダイビング教育機関とのコラボレーションです。
ZENMAIのココ東京 | 19,092 view
【カスタム】SEIKO MOD ブラック・モンスター編 逆輸入ダイバーウォッチの系譜⑧

【カスタム】SEIKO MOD ブラック・モンスター編 逆輸入ダイバーウォッチの系譜⑧

ココ東京が独断でお届けするコスパに優れた逆輸入セイコーウォッチ。今回はセイコーの海外向けダイバーウォッチ「ブラックモンスター」をベースにした「MOD」と呼ばれるカスタム品の画像を集めてみました。海外の熱狂的なセイコーMODファンたちの熱い作品をお楽しみください。
ZENMAIのココ東京 | 30,673 view
【腕時計レビュー】2018年バーゼル新作セイコー。

【腕時計レビュー】2018年バーゼル新作セイコー。

2018年(今年)のバーゼルワールドで登場したセイコーの一本をレビューします!
はなすけ | 7,805 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋