2017年1月10日 更新

ブルガリの腕時計ってどうですか?第2弾【バーゼルワールドでのブルガリ】

ブルガリの腕時計ってどうですか?と言っている割には、ブルガリというと腕時計よりジュエリーが頭から離れられない私ですが、ここで今話題の「バーゼルワールド」とブルガリで考えてみました。

6,309 view お気に入り 1

『バーゼルワールド』とは?

thinkstock (99791)

2005年に開催されたバーゼル・フェアのエントランス。大時計がシンボルとなっている
バーゼル・フェア (BASELWORLD、バーゼルワールド) は、スイス・バーゼルにて毎年3月、4月頃に1週間かけて行われる世界最大の宝飾と時計の見本市。現在のような形式になったのは1972年である。
商談メインではあるが、一般客も1500円程度のパスを購入すれば見学できる。2007年以後は関係者・一般者を合わせて10万人以上が来場している。
会場であるバーゼル・メッセ内部の飲食設備はお世辞にも立派とは言えず、ホットドッグをエスカレーター横のベンチで食べる人々の姿が風物詩となっていた(飲食設備は年々改善が図られてはいる)。
会場の1階が高級ブランド、2階は普及ブランドという風に別れてはいるものの、会場中にホットドッグの匂いが充満しているという状況にカルティエを中心とする高級時計メーカーグループ(現在のリシュモングループ)が「ソーセージを食べながら高級品の商談が出来るか」と、1991年にバーゼルフェアから独立、ジュネーヴでSIHH(通称ジュネーヴサロン)を開催するという状態に至る。
出展参加費用は2階にショーケース2つ設置で100万円程度、1階のメイン会場となれば 数億円はかかるとみられる。なお、SIHHでショーケース2つ分ブースを借りると2000万円程度である。
1990年代の時計業界再編の波で、結構な数の有名高級ブランドがジュネーブサロンへ移動し苦戦していると当時日本の時計ジャーナリズムでは伝えられたが、入場者数に目立った減少はなく、むしろ2007年に入場者10万人を突破してからは、入場者記録を更新し続けている。
その原因としては、元来バーゼルを重視してこなかったSMH(現スウォッチ)グループがフェアに新製品発表の場所を移したこと、ジュネーブサロンでの非リシュモングループの会社(中小高級時計ブランド)へのお世辞にも良いとはいえぬ待遇、21世紀に入ってからの世界的な機械式時計市場の活況によるお祭りムードの盛り上がりなどがあげられる。
2012年から2013年にかけて会場であるバーゼル・メッセの改装が行われ、ブースが拡張された。2013年の入場者は12万2000人に達した。
gettyimages (99792)

最近、よく「バーゼルワールド」という言葉を耳にします。以前宝飾業界にいました私とっては、毎年、3~4月ぐらいにスイスのバーゼルで行われる宝飾と時計の見本市「バーゼルフェア」と9月ぐらいにイタリアのヴィチェンツァで行われるジュエリー業界の見本市「ヴィチェンツァ・フェア」は、世界最大の展示会の一つと言われており、宝飾業界に携わっている方々にとっては、憧れの展示会です。
この2つの展示会は、日本のジュエリー業界のデザインに大きく影響を与えていると言っても過言ではないと思います。
腕時計の場合には、ジュネーブサロン(SIHH)&バーゼルワールド(BASELWORLD)が世界最大の展示会として有名で、ここでの新作発表がその年の流行と各ブランドメーカーのブランド力・その年の腕時計の動向に左右される状況にあると考えます。
その為、各ブランドメーカー共に、かなり力を入れた魅力的な腕時計が数多く、出品されています。

バーゼルワールドでのブルガリ

istockphoto (99793)

毎年のバーゼルワールドでは、ブルガリも新作を毎回数種類出品しています。今回のバーゼルワールド2016でも「ビー・ゼロワン」「トゥボガス」「オクト」「ディアゴノ」等の新作が出ていますが、ここでは私が個人的に好きなブルガリブルガリの近年の新作をご紹介致します。

バーゼルワールド2013 ブルガリブルガリ新作

 (18334)

 (18340)

2013年の発売のブルガリブルガリクロノBB41BSSDCH 価格(税込): 1,029,000円
従来のブルガリブルガリの雰囲気とは違い、ボリューム感と男性らしい雰囲気のブルガリブルガリのクロノグラフになります。
私も予算さえあれば、欲しかった一品で、大きな特徴の一つとして、従来のブルガリブルガリモデルにはなかった幅広のラグが付いています。
また裏面は、スケルトンになっていますので、ムーブメントの動きが見えて楽しむことができます。

バーゼルワールド2014 ブルガリブルガリ新作

 (18136)

 (18135)

2014年発売のブルガリブルガリステンレススティール×18KPG BBL33C11SPG/12 価格(税込予価): 955,800円。
文字盤に12個のダイヤモンド。ステンレススティールに18Kピンクゴールドのコンビであしらった大人のモデル。文字盤がブラウンカラーになっており、高級感あふれる腕時計になっています。

バーゼルワールド2016 ブルガリブルガリ新作

 (17865)

 (18150)

2016年発表のブルガリブルガリの新作の中で、一番のお勧めの一品は、「ブルガリ・ブルガリ カーボンゴールドブラックダイヤルBBP40BCGTD」価格(税込予価): 361,800円。
これは2014年に発表されたブルガリの創業130周年を記念して作られたワンショット生産モデルのカラーバリエーションを追加して、ストラップが変更されたモデルになります。こちらも素材が多く用いられているスティール製からカーボン製になっていることが特徴で、ストラップが、編み込みタイプのお洒落なデザインになっており、スーツにもピッタリ合いそうな雰囲気があります。
日本では、もうすぐ発売と聞いています。発売されたら、是非とも試着してみたい一品です。

まとめ

今回もまたブルガリブルガリにこだわってみました。ブルガリブルガリだけでもまだまだ数多くのデザインがあります。ブルガリは奥が深いです。次回もブルガリで頑張ってみます。(笑)

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

TUDOR BASEL WORLD 2016 チュードルがやっちゃった!(追記あり)

TUDOR BASEL WORLD 2016 チュードルがやっちゃった!(追記あり)

ROLEXのディフュージョンブランドとしてイギリス市場向けに誕生した「TUDOR」。 2000年頃から独自の路線を歩み始めています。 2010年からは「ヘリテージ」シリーズとして人気モデルの復刻版を発表しております!が・・・今年は流行に乗せ過ぎなんじゃないの?と思わせるようなインパクトあるモデルが登場した模様です!さぁバーゼルワールド2016の新作をチェックしましょう!
ZENMAIのココ東京 | 36,016 view
今が狙い目!買うべきロレックス のご紹介!

今が狙い目!買うべきロレックス のご紹介!

皆さんこんばんわ! 今日は毎月に一度のお墓参りに行って参りました。 お墓参りをすると気持ちがスーッとするのは私だけでしょうか。 本日もはりきって精一杯ご紹介致します! どうか最後までお付き合い宜しくお願い致します!
MARUKOME | 58,517 view
【最終編】夏ボーナスで買いたいロレックス  パート3

【最終編】夏ボーナスで買いたいロレックス パート3

皆さんこんにちわ! 6月もあっという間に終わり、7月になりましたね。 しかし私はまだ7月な感じがしません。毎日雨雨雨…。嫌ですね、本当。 夏生まれの私としては早くジリジリ暑い夏が待ち遠しいもんです。 さて今回は夏ボーナスパート3。 ボーナスで購入をオススメする腕時計の最後のご紹介と成ります。 超激安サイト トケマー にて最高の2本をご紹介致します。 最後までお付き合い宜しくお願い致します。
MARUKOME | 25,293 view
バーゼルワールド2019!SEIKOの新作をご紹介!

バーゼルワールド2019!SEIKOの新作をご紹介!

今回はバーゼル2019 SEIKO編。国内のみならず、海外での注目度も非常に高いSEIKOの新作モデルをご紹介してまいります。
サウスポー | 20,937 view
バーゼルワールド2019!チューダーの新作をご紹介!

バーゼルワールド2019!チューダーの新作をご紹介!

昨年、念願日本上陸を果たした"チューダー"。今回はバーゼル2019の新作モデルを全てご紹介していきたいと思います。
サウスポー | 19,222 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ogurin ogurin
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋