2017年12月21日 更新

2017年 ロレックス人気モデルの相場を追う!赤シードゥエラー43 126600

ロレックス2017年の新作であり、シードゥエラー誕生50周年の記念モデル。毎年だんだんリリースが早くなってきていますが今年は5月の初旬から!いったい人気最新モデルの1年目の相場はどんな感じでしょうか?

5,689 view お気に入り 0
 (177570)

リファレンス126600
ケース:オイスター、43 mm、スチール
直径:43 mm
ベゼル:60分目盛り入り逆回転防止、セラクロム、刻印された数字と目盛りはプラチナコーティング
リューズ:スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)
クリスタル:傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
防水性能:1,220 m/4,000 フィート防水、ヘリウム排出バルブ
ムーブメント:パーペチュアル、機械式、自動巻
キャリバー:3235、ロレックスによる完全自社製造
振動子:耐磁性ブルー パラクロム・ヘアスプリング
エスケープメント:最適化出力をもつクロナジー
自動巻:パーペチュアルローターによる両方向自動巻
パワーリザーブ:約 70 時間
ブレスレット:オイスター(3 列リンク)
ブレスレット :オイスターロッククラスプ、セーフティキャッチ付、 ロレックスグライドロック エクステンション システム。フリップロック(エクステンションリンク)
ダイアル:ブラック
クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
認定:高精度クロノメーター (COSC、 ケーシング後にロレックス認定)

2017年の新作

 (177574)

ロレックス2017年の新作であるシードゥエラーRef.126600。

今年は早くも5月の初旬にリリースされました。
国内定価は1,166,400円。

前作116600の定価は1,069,200円でしたので10万円ちかく値上がりしましたね。
比較対象になるのかディープシー116660の定価は1,242,000円。
プレミアム価格のDブルーは1,274,400円。

2017年5月

 (177579)

初登場の5月の販売相場(並行新品価格)は約200万円!

おおよその予想通りと言った感じでしたね。
日本最速(?)は中野のONOMAXさんだったかも知れませんね。
徐々に国内正規店にも入荷するようになり、月末には198万円から188万円くらいまで下がりました。

2017年6月

 (177584)

188万円から下落が止まりません。

年内にはDブルーくらいまで下がるんじゃないかな?て雰囲気になりましたね。
6月末には170万円くらいまで落ちることに。

2017年7月

 (177588)

新作の評価がここまで広がる前に値段が落ちるモデルは存在したでしょうか?

リリース2ヶ月が経ち「大きい」「サイクロプスレンズ」の2つのポイントに賛否両論。
7月末には155万円まで落ちてしまいます。

この頃6桁スポーツモデルは全般的に値段が向上していましたのでシードゥエラ-43だけが逆打ちして感じです。
116660Dブルーの相場が148万円まで上がっていましたので、差が無くなってきました。

2017年8月

 (177593)

8月になり、まだ値段が落ち続けています。

ついに150万円をきり148万円の相場をウロウロしはじめました。
夏に持ってこい!っていう感じの時計なのにね。

なぜにこんなに相場が安定しなかったのか・・・
と、言ってもマダマダ定価以上の相場なのでプレミアムモデルであることには変わりありません。

2017年9月

 (177598)

9月は、ようやく値段の動きが落ち着き148万円がシードゥエラー43の相場になったと考えられました。

Dブルーと同じ相場かな?なんて思っていましたので、だいたい同じくらいになりましたね。
ただ、イメージよりだいぶ早かったですね。

年末までは結構なプレミアム価格になってると思ったので予想を大きく下回りました。

2017年10月

 (177602)

10月になるとグググと値段が上がり始めます。

スポーツモデル全般的に上がっていますのでシードゥエラーだけのものではありません。

148万円だったそうばが160万円ちかくまで戻します。

2017年11月

 (177605)

11月は為替の影響もありましたが、全体的に160万円前後で推移しています。

定価の116万円から見れば40万円以上のハイプレミアム。

2017年12月

 (177608)

また150万円台に戻しています。

だいたい並行新品価格は158万円くらいですね。

来年の新作がリリースされるまでは、このくらいの値段で落ち着くんですかね。

トケマーでシードゥエラー43をチェック

43mmのサイズ感。

サイクロップレンズ。

いろいろありますが、やっぱり格好良いですね。
 (177612)

まだまだ数多く出回っているわけではありませんね。

ただ何故こんなに盛り上がらなかったのか・・・不思議でしたね。

スティールの新型新作モデルで1年目から値崩れがここまで激しかったなんて珍しい。

最初の期待値が高過ぎたんでしょうね~。

Dブルーくらいかな~と思ってましたが、早い段階でだいたい同じくらいになっています。

関連記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【実機レビュー】ロレックス Ref.126600 43mmの赤シードゥエラー バーゼルワールド2017新作

【実機レビュー】ロレックス Ref.126600 43mmの赤シードゥエラー バーゼルワールド2017新作

年々リリースが早まるロレックス。ファンには嬉しい限りです。昨年のデイトナ116500LNが5月末でしたが、今年の赤シード126600は5月1日でした。さて気になるのはサイズとサイクロップレンズですね。43mmは大きいのか?重いのか?サイクロップレンズは必要だったのか?どうでしょう~?
ZENMAI | 75,908 view
【2020年7月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! SEA-DWELLER編

【2020年7月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! SEA-DWELLER編

近年続々と新作モデルが発表されていれるシードゥエラー。2017年発表の43mm径の赤シード126600、2018年発表のディープシー、そして今年のバーゼルで発表されたロレゾール モデルの126603の現在の相場をみていきましょう。
サウスポー | 6,204 view
【2019年7月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! SEA-DWELLER編

【2019年7月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! SEA-DWELLER編

今回は"シードゥエラー"編。2017年発表の43mm径の赤シード126600、2018年発表のディープシー、そして今年のバーゼルで発表されたロレゾール モデルの126603の現在の相場をみていきましょう。 新たにシードゥエラーからコンビモデルのRef.126603が発表され、さらに注目を集めています。シードゥエラーとディープシーの現在の相場をみていきましょう。
サウスポー | 24,629 view
【どっちがいい?】ロレックス 旧シードゥエラー 3rdモデル16600、4thモデル116600

【どっちがいい?】ロレックス 旧シードゥエラー 3rdモデル16600、4thモデル116600

バーゼル2017で43mm径の新型シードゥエラーの登場で40mm径が生産終了してしまいました。そこで今回は2世代前の16600と1世代前の116600の2モデルの魅力をご紹介していきたいと思います。
サウスポー | 16,034 view
【2018年9月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! シードゥエラー 編

【2018年9月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! シードゥエラー 編

第6弾の今回は"シードゥエラー"です。2017年新作の赤シードRef.126600。そして今年、新キャリバーを搭載して生まれ変わったディープシーRef.126660の相場に迫りたいと思います。
サウスポー | 7,903 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋