2017年9月30日 更新

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン ジャズマスターオートクロノ H32596181 レビュー

時計業界が低迷する中、熱を帯びてきたのが実用的なミドルレンジの時計たち。 その中から、本日はアメリカ発祥でスイスメイドのハミルトンをレビューしていきます。長く愛用できるH32596181をレビュー! ご覧の方の中には、ハミルトンは”ETAポン”だから興味がないとおっしゃる方もいるかもしれません。私もそうでしたしね…。ただ、その先入観はもったいない!低価格でもハイクオリティ。ミドルレンジの魅力をごらんあれ!

11,689 view お気に入り 0

はじめに

こんにちは!ゆうきちです。
本日は、ハミルトンよりジャズマスターオートクロノ(H32596181)を実機レビューしていきたいと思います。その前に、このモデルの簡単なご説明をしておきましょう!
 (167560)

ハミルトンの中でも、より都会的な洗練されたデザインが多いジャズマスターシリーズ。今回のモデルは、スポーツウォッチとドレスウォッチを融合させたクロノグラフです。
もちろん色やベルトの仕様でいくつかの種類があり、好みや用途によって自分にぴったりのモデルを選ぶ楽しみがあります。

実機レビュー

それでは実機を見ていきましょう!
@ゆうきち (167561)

via @ゆうきち
まずはデザイン。非常に洗練された印象を受けるダイヤルは、ドレスウォッチとスポーツウォッチの良いとこどり。スーツにもピッタリの大人クロノです。
針はドルフィン針。いわゆるドレスウォッチの王道的な針形状ですが、このモデルはカテゴリ―的にはスポーツウォッチのクロノグラフ。そう考えると針の形状は時計の印象を大きく変えることがわかりますね。
もちろん縦三つ目のクロノグラフ針や秒針も全てドルフィン針を使用しています。
@ゆうきち (167562)

via @ゆうきち
よく見るとドルフィン針では珍しい加工がされているのですが、お分かりになりますでしょうか。
…そうです。夜光です。通常のドルフィン針に夜光を入れるというのは非常にまれ。というのもドルフィン針が多用されるドレスウォッチは、社交場などのいわゆる明るい屋内での使用を想定されているため、深夜真っ暗闇な状態で時計を見る必要がほとんどないからでしょう。
しかし、この時計は洗練されたイメージはありますがスポーツウォッチ。ドレスに寄せすぎず、しっかりスポーツウォッチとしての機能も維持されているというのは面白い点ですね。
@ゆうきち (167563)

via @ゆうきち
さて、さらに特筆すべきはインデックスの形状。
個人的にもっとも好きなインデックスの形でもあるんですが、楔型とティアドロップ型の中間的な角のあるインデックス形状です。
クロノグラフのごちゃっとしたイメージを覆す洗練されたモデルだと言えます。
ドルフィン針との相性も良く、よりシャープなイメージを与えてくれています。
@ゆうきち (167564)

via @ゆうきち
さて、次にケース形状。
さすがにETA7750(バルジュー)を元にしたH-21を搭載していることもあって、厚みがあります。個人的にはもう少し薄く作ってほしい…。
ケース径は42mmなのでけっして大きいサイズではないのですが、その厚みにより非常に存在感が出ていますね。風防は緩やかなカーブを描いており、全体をとおして丸みを帯びたケースデザインになっています。
@ゆうきち (167565)

via @ゆうきち
ブレスは、ほぼ全面にヘアラインが施された5連ブレス。面取りされた部分のみポリッシュ仕上げがされています。クラスプは結合部の目立たない両観音開き。これもスポーツウォッチらしからぬ上品な印象です。
ラグ幅は22㎜で太め。スポーツウォッチなのでこれくらいの太さがあって正解だと思います。ベルトを付け替えて楽しむ方には、クロノグラフなのでカジュアルなベルトも合いますし、ドレス的要素も強いのでクロコ系の上品なベルトも合わせやすく、いろんな楽しみ方ができそうです。
さて、搭載するムーブメントはハミルトン専用キャリバーのH-21。先ほど述べたようにバルジュー7750を元に、ハミルトンとETAが共同で開発したクロノグラフキャリバーです。
30mmサイズのこのキャリバーは25石、28800振動のオートマチッククロノグラフで、通常42時間のパワーリザーブを60時間まで延長しています。
今ではほとんどのハミルトン社製クロノグラフに搭載されており、デイリーユースにぴったりのクロノグラフとなっています。
日差は-10~+30秒。個体差および使用環境により違いはあるとは思いますが、今回の実機では平置き実測(クロノ非稼働状態)で+4秒と非常に優秀でした。
@ゆうきち (167566)

via @ゆうきち
さて、ケース裏に戻りまして、トランスパレント化された裏ブタからは先ほどご紹介したCal.H-21の動きを見ることができます。
防水性は10気圧防水。デイリーユースであれば全く心配することなく使用できますが、お風呂や海などはNGですね。
価格は税込193,320円。このクオリティでこの価格なら間違いなく買いです。とはいえ時計はデザインが重要ですから、見た目が好きなら迷うことなく購入していいと思います。今後、2020年にはETAの供給停止が実現されるわけですが、ハミルトンは影響を受けることもないため、今後のメンテナンスも安心でしょう。
20万円アンダーで考えれば、今のところ並ぶクロノグラフはないでしょう。
というわけで今日はここまで!また次回お会いしましょう。

ハミルトンに興味が出たら実際の商品を見てみよう!

ハミルトンを買取より高く売りたいならトケマーで!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン カーキネイビー パイオニアクロノ H77706553 レビュー

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン カーキネイビー パイオニアクロノ H77706553 レビュー

時計業界が低迷する中、熱を帯びてきたのが実用的なミドルレンジの時計たち。 その中から、本日はアメリカ発祥でスイスメイドのハミルトンをレビューしていきます。 ご覧の方の中には、ハミルトンは”ETAポン”だから興味がないとおっしゃる方もいるかもしれません。私もそうでしたしね…。ただ、その先入観はもったいない!低価格でもハイクオリティ。ミドルレンジの魅力をごらんあれ!
YK | 14,169 view
【アンダー10万のリアルウオッチ】ハミルトン 進化した新ビューマチック レビュー!

【アンダー10万のリアルウオッチ】ハミルトン 進化した新ビューマチック レビュー!

時計の価格高騰は時計好きにも、これから好きになる人にも優しくないニュースですが、逆にこんな時代だからこそ10万以下でも素晴らしいクオリティの一生モノが手に入る!!!本日はミドルレンジの正義”ハミルトン”の人気作“ビューマチック”の最新バージョンをレビューです!
YK | 27,405 view
トケマー以外で安く機械式時計を買う方法は?アウトレット、掘り出し物ブランドはこれだ!

トケマー以外で安く機械式時計を買う方法は?アウトレット、掘り出し物ブランドはこれだ!

スイス製機械式時計の予算は有名ブランドだと新品で40万を超える時計がほとんどです。憧れのROLEXスポーツモデルは50万オーバーが当たり前。高騰を続ける時計価格に待ったをかけたい私GOROが徹底調査した方法は?
goro | 10,191 view
ダウン、コートと相性の良いブルーダイヤルフェイスはウィンターウォッチ

ダウン、コートと相性の良いブルーダイヤルフェイスはウィンターウォッチ

例年以上に寒い日本列島ですが、寒いからといって時計を疎かにしてはいけません。ダウン、コートの袖からチラッと見える高級時計こそ、貴方のファッションセンスをよく見せるアイテムになります。
goro | 3,393 view
【価格破壊!?】話題のTISSOT最新作 BALLADE POWERMATIC 80 (T108.408.16.057.00) 実機レビュー

【価格破壊!?】話題のTISSOT最新作 BALLADE POWERMATIC 80 (T108.408.16.057.00) 実機レビュー

日本での知名度はまだまだですが世界では圧倒的知名度を誇る“TISSOT”から、価格破壊とも言われている新作“バラード オートマティック”を実機レビュー。BALLADE POWERMATIC 80はすごい!
YK | 47,398 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

YK YK
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋