2017年1月21日 更新

【買ってみた】コラボモデルG-SHOCK×MARCELO BURLON GA-100MRB-1AJR

Gショックが流行したのは今から約20年前。当時一大ブームを巻き起こしたGショックもそれ以降は下火に。しかし近年またブームが再燃し、20年前の流行時を上回る勢いで売れています。今回はその中で私が最近購入した1本をレビューします。

13,474 view お気に入り 0

20年ぶりのGショック

 (47339)

「Gショック」と聞くと、「イルクジ」「5600系」「6900系」などを思い浮かべる方が
多いのではないでしょうか??
私もその1人で、それらのGショックが大流行したのがもう今から20年以上前のことです。
当時、私はまだ子供ながらもあの白いイルクジが欲しいとねだったのを覚えています。
(確か、結局5000系を買ってもらったような気がします、、、)
ピークの出荷数は、1997年の年間600万個でしたが、それ以降は下降していき、
2002年頃にはピークの半分に落ち込みました。しかし近年は当時を越える勢いで売れており、
2013年は年間650万個、2014年は730万個となんと2年連続で過去最高を記録したようです。

今回購入したのは定番のGA-100系のコラボモデルG-SHOCK×MARCELO BURLONです。
当初、このGショックは買う予定は全くありませんでした。
というのも、このコラボしているマルセロバーロンというブランドですが、
私の好きなブランドの1つなのですが、恥ずかしながら
Gショックとコラボすることは知らずにいました。
たまたま通りがかった時計売り場でコラボしていると知り、
その場で即購入しました。
20年ぶりにGショックを身に着けましたが、なかなか悪くはないです。
レビューに行く前に今回のコラボブランドであるマルセロバーロンについて少し説明を。

マルセロバーロンとは

 (47344)

 (47348)

ミランを拠点に活動し、ファッションPR、DJ、映画プロデューサー、クリエイティブディレクター、哲学者といったマルチな肩書きを持つマルセロ・ブロンがクリエイティブディレクターを務めるブランド。2012年に初のT-シャツコレクションをローンチし、同年自身の会社 COUNTY OF MILANを設立した。

マルセロの出身地であるアルゼンチンの文化から、若い時代に過ごしたクラブシーンまで様々な文化のアイコンをミックスし、モダンなコスモポリタンのライフスタイルに取り入られるコレクションを提案。

スネークやフェザーなどのアイコニックなシンボルを使ったTシャツは、まるで万華鏡を見ているようなグラフィックやカラーパレットが特徴的で、「ラグジュアリーストリート」とカテゴライズされる、ハイブランドと質の高いストリートウェアをミックスするスタイルで支持を集める。
現在、世界で最も注目されている新鋭ブランドの1つです。
日本でも人気が出てきており、芸能人でも歌手の三代目J Soul Brothers 岩田さん、
タレントのローラさんなどが愛用されているようです。
私も画像2枚目の右側のフェザーTシャツの色違いを以前購入しました。
デザインはかなりインパクトのあるのものが多いですが、作りはハイブランドのように凝ってなく、
至ってシンプルです。それが逆に上品さも醸し出しています。
今後間違えなく更に人気出てくるブランドでしょう。

着用してみた

さて、まずGA-100MRB-1AJRのスペックです。
仕様

無機ガラス
耐磁時計(JIS1種)
耐衝撃構造(ショックレジスト)
20気圧防水
ケース・ベゼル材質: 樹脂
樹脂バンド
ワールドタイム:世界48都市(29タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)+UTC(協定世界時)の時刻表示、ホームタイムの都市入替機能
ストップウオッチ(1/1000秒、100時間計、速度計測機能(MAX1998unit / h、2unit / h単位)、ラップ/スプリット計測切替)
タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測、オートリピート)
時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
フルオートカレンダー
12/24時間制表示切替
LEDライト(オートライト機能、残照機能、残照時間切替(1.5秒/3秒)付き)
精度:平均月差±15秒
電池寿命:約2年
サイズ(H×W×D)/質量:55×51.2×16.9mm/72g
LED:アンバー
機能は通常のGA-100系のものと変わりはありません。
では外箱から。
 (47371)

外箱はいつもどおりの簡易的な箱ですが、
内箱のオリジナルのアルミ缶のケースがカッコイイです。
ブランドロゴもしっかり入っています。
 (47373)

まず、ブランドのアイコン的存在であるスネーク柄のケースが目に飛び込んできます。
インパクト大ですね。
Gショック×マルセロバーロンのコラボは2014年に1度、
マルセロバーロンの海外のポップアップショップオープン記念として、
GD-100-1BERというモデルをリリースしています。
当時私も欲しかったのですが、海外のショップと海外オンラインショップ限定の
販売だったので叶いませんでした。
しかし、そのモデルはどちらかというとシンプルで今回のようにスネーク柄も
一部にしかあしらわれておらず、少し物足りない印象はありました。
このモデルはそんな物足りなさも一蹴し、全体にスネーク柄を配置することにより、
ブランドイメージを全面に押し出しています。
 (47374)

 (47375)

 (47376)

裏ブタ、ベルト、ベルト留めの部分にブランドマークがしっかり入っています。
細かいパーツ部分は黒で統一されていてスタイリッシュさも兼ね備えています。
 (47377)

実際につけてみるとまず軽い。
Gショックユーザーには当たり前のことかもしれませんが、
20年ぶりのGショックの私は少し驚きさえしました笑
やはりGショックは実用性を兼ね備えているブランドですね。
また、昔の5000系などのデジタルタイプしか身に着けたことがない私としては、
このアナログタイプのGショックは新鮮でした。
現在世界の腕時計の90%以上はアナログという中で、デジタル時計の
代名詞であったGショックも方向転換を余儀なくされ、現在のように
アナログタイプのモデルを増やしていったといわれています。
したがって、このようにアナログとデジタル両方を表示できるGショックは
私のような昔のGショックを懐かしむ者にとっては、馴染みやすいかもしれませんね。
また、ケースは44mmとやや大きめに思うかもしれませんが、
ベゼル幅が広く分厚くて、ガラスは小さいので、実寸程大きさを感じません。
私には丁度良く、もう少し大きくてもいいくらいでした。

最後に

いかがでしたでしょうか??
今回衝動買いしてしまった1本を紹介させて頂きました。
Gショックも久しぶりに付けてみると意外と悪くなく、
むしろ昔と違った一面も見れて他のモデルも欲しいなと思いました。
違う機会にまた衝動買いがあったらご紹介しますね。

その他関連する時計記事はこちらから

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017年7月 新作G-SHOCK一挙公開【乗り遅れるな!!】

2017年7月 新作G-SHOCK一挙公開【乗り遅れるな!!】

2017年7月 新作ジーショックを一挙公開!と意気込んでいましたが、7月はなんと!!!4本しか新作が登場しません。。。少し寂しいですが紹介していきます。
DEX | 13,507 view
【全部見せます】2019年2月 新作カシオ G-SHOCK

【全部見せます】2019年2月 新作カシオ G-SHOCK

毎月恒例のG-SHOCK新作チェック!!!2019年も早くも2月に突入! 今回もいつものようにシリーズでまとめています、それではどーぞ。
ウォーカー | 13,990 view
【全部見せます】2019年1月 新作カシオ G-SHOCK あけましておめでとうございます。

【全部見せます】2019年1月 新作カシオ G-SHOCK あけましておめでとうございます。

毎月恒例のG-SHOCK新作チェック!!!新年1発目の新作です。楽しみですね♪ 今回もいつものようにシリーズでまとめています、それではどーぞ。
ウォーカー | 6,695 view
2017年9月 新作G-SHOCK一挙公開【乗り遅れるな!!】

2017年9月 新作G-SHOCK一挙公開【乗り遅れるな!!】

夏も終わり少し寂しい気持ちですが9月のG-SHOCKは盛りだくさんです! 久しぶりの大量投入で16本もあります! 早速見ていきましょう。
DEX | 6,928 view
2017年8月 新作G-SHOCK一挙公開【乗り遅れるな!!】

2017年8月 新作G-SHOCK一挙公開【乗り遅れるな!!】

8月もG-SHOCK新作が登場です。 今回は6本しかなく、しかも色違いばかりでモデルは2種類だけです。 記事が持つか分かりませんが早速見ていきましょう!
DEX | 8,708 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

トンコー トンコー
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋