2018年10月26日 更新

知っておいて損はない!ロレックス デイトナ 116520のマイナーチェンジをおさらい

新型デイトナに押しも押されぬ人気を誇る旧デイトナRef.116520。2000年(P番)から2016年(ランダム番)まで製造されていましたが、製造期間の間に様々なマイナーチェンジが施されております。そこで今回は購入前におさえておきたいマイナーチェンジを画像を交えてご紹介していきたいと思います。

11,424 view お気に入り 0

生産終了後も高騰し続ける Ref.116520

gettyimages (207280)

新型デイトナの登場に伴い、かつてないほどの高騰を見せる旧型Ref.116520。現行モデルを諦めて、旧型に走ろうとしても旧型の相場も上がっているので悩ましいところです。
つい7、8年前までは100万円前後で買えた116520も今では倍近くまで高騰しており、購入を考えている人たちにとってはなかなか手の出しづらいところまできています。
それでも現状を考えると、今後も右肩上がりに相場は高騰すると予想されていますので、本気で狙っている方は早いうちに押さえた方が良さそうです。
そんな方の為に、今回は約16年間の製造期間の間に施されたマイナーチェンジをご紹介していきたいと思います。

その1 時分針のマイナーチェンジ

Ref.116520 Y番

Ref.116520 Y番

Ref.116520 ランダム番

Ref.116520 ランダム番

まずは時分針のマイナーチェンジです。意外と知られていませんが、Y番とランダム番の針の太さを比べてみると太さの違いが分かるかと思います。
2004年(F番)の途中から針が太くなり、視認性が向上しました。時分針だけでなく、インダイアルも太くなりメリハリのあるデザインへと変わっています。
F番がちょうど切り替わりのタイミングなので、F番には細針タイプと太針タイプが混在しております。細針はP番〜F番までのわすが数年の仕様となっています。

その2 バックルのマイナーチェンジ

旧バックル 2000年〜2008年後半

旧バックル 2000年〜2008年後半

新バックル(梨地) 2008年後半〜2015年

新バックル(梨地) 2008年後半〜2015年

新バックル(鏡面)2015年〜2016年

新バックル(鏡面)2015年〜2016年

マイナーチェンジを語る上で外せないのが"バックル"です。旧型の穴あきバックルは折り返し部分が1枚のフラットな板状のものに対し、新バックルは折り返し部分の板が凹んでおり、しっかりとハメ込まれる仕様となっています。
堅牢性は格段に向上し、高級感もぐーんとアップしました。同時期に内装パーツも変更されており"ブルー・パラクロム・ヒゲゼンマイ"が採用されました。それに伴い国内定価は924,000円から997,500円へと上がっています。
バックルのマイナーチェンジは大きな分岐点の一つといえ、バックルの新旧で価格も変わってきます。
さらに、新バックルの中でも、梨地と鏡面の2種類があります。2015年の途中からバックルのクラスプ部分が梨地から鏡面へと変わり、同じランダム番でも本当の最終品番と位置づけられているのは『鏡面バックル仕様』のモデルです。
ちなみに、中古最終鏡面バックルの価格相場は230万円〜250万円前後となっており、現行モデルとほとんど変わらない価格となっています。さらにデッドストックともなると300万円近くに跳ね上がります。

NO.3 ルーレット刻印

ルーレット刻印なし

ルーレット刻印なし

ルーレット刻印あり

ルーレット刻印あり

続いてはルーレット刻印の有無です。デイトナ116520のルーレット刻印は2006年(Z番)頃から入り始めており、Z番にはルーレット刻印なしとルーレット刻印ありが混在しております。
以前ほど、ルーレットの有無による価格差は大きくありませんが、高年式をおさえるのであればルーレット刻印をおすすめします。
ちなみに、ルーレット刻印の王冠マークは『ちょうど12時位置』に配置されています。どのモデルも共通なので、ご自身の時計も確認してみてください。若干ズレていたりもしますが、基本は12時位置にぴったりきています。

NO.4 インダイアルの縁

 (207404)

2010年頃を境にインダイヤルの縁が変更されています。
新旧を比べると2010年以前から流通している旧タイプのインダイヤルは白っぽい色味をしていまず、新タイプは光沢の強いギラギラしたシルバーカラーとなっているのがわかります。

NO.5 ダイアル6時位置の目盛り

変更前

変更前

変更後

変更後

この仕様変更までご存知の方はかなりの玄人ではないでしょうか。些細な違いですが、文字盤外周のミニッツインデックス(分針目盛り)が変わっています。
"SWISS MADE"の両サイドにあたる27分と33分の目盛りの長さが変わっています。
ちょうど2006年頃に切り替わっており、ちょうどルーレット刻印が入り始める時期にこの部分の仕様も変わっているようです。

最後に

マイナーチェンジ一つで評価がガラッと変わるロレックスの時計。とりわけデイトナ116520は多くのマイナーチェンジを果たしたモデルといえます。
ただ古いからダメ、新しいから良いという訳でもないので、デイトナの購入を考えている方は是非こういったマイナーチェンジも意識しながら自分に合った一本を見つけて頂きたいと思います。

デイトナをトケマーで探す

関連記事はこちら

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年9月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ SSモデル 編

【2018年9月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ SSモデル 編

第7弾は、キングオブロレックス【コスモグラフ デイトナ】2016年に発表された現行デイトナRef.116500LNの現在の相場に迫りたいと思います。
サウスポー | 19,660 view
【2019年7月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! COSMOGRAPH-DAYTONA (SS・コンビ)編

【2019年7月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! COSMOGRAPH-DAYTONA (SS・コンビ)編

今回はコスモグラフデイトナ SSモデル Ref.116500LNとコンビモデルRef.116503(G、NG)の各モデルの相場をご紹介したいと思います。
サウスポー | 24,155 view
おさえておきたい5桁ロレックスのご紹介!

おさえておきたい5桁ロレックスのご紹介!

今回はトケマー出品中のアイテムの中から気になるロレックスの5桁スポーツモデルをご紹介したいと思います。
サウスポー | 26,953 view
【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ SSモデル 編

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ SSモデル 編

第7弾は2016年発表SSデイトナ 116500LNです。発表から2年が経過しますが、相場は落ち着くどころか上がる一方。恐怖すら覚える現在の相場をチェックしていきたいと思います。
サウスポー | 14,508 view
【腕時計レビュー】ちょいレアデイトナ 116508 グリーン

【腕時計レビュー】ちょいレアデイトナ 116508 グリーン

2016年、セラミックベゼルのSSデイトナが発表された年に、イエローゴールド無垢の116508 グリーンダイアルも発表されました。SSデイトナの陰に隠れながらも着実に相場は高騰しています。今回はそんな豪華なデイトナ116508 グリーンのレビューをしてまいりたいと思います。
サウスポー | 29,834 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

サウスポー サウスポー
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋