2016年10月13日 更新

ロレックス唯一の35mm ミッドサイズ スポーツモデル ヨットマスター バイメタル Ref.68623

〜ロレックスのミッドサイズスポーツ ヨットマスターコンビ〜 新型の発表により、ディスコンとなったヨットマスターのミッドサイズ(ボーイズサイズ) 腕時計のスモール傾向が強まる中、初期型のコンビに着目してみた。

4,377 view お気に入り 0

ROLEX YACHT-MATER MID SIZE BI METAL

 (66124)

かつてのヨットマスターの冊子を改めて見てみると
その表紙は、もう十分にヴィンテージとしての風格が漂う。

この冊子も10年以上続き、随分とイメージには残っている事だろう
 (66125)

残念ながら、1990年代の冊子の良い画像が見当たらず
モデルチェンジ以降の2002年の冊子を資料として、添付しておく

この頃には、既にロレジウムが誕生している為、
Refも1から始まるモデルにチェンジしている。
 (66126)

1992年に、バーゼルフェアで発表されたヨットマスターは
一般のスポーツモデルとは一線を画しており
イエローゴールドの無垢とステンレスとのコンビネーションのモデルのみ発売となり、
今までのスポーツモデルの顧客との区別化を図った。
既存のスポーツモデルとの方向性も異なり、ケース径も3サイズ用意された。
メンズサイズは通常通りの40mmで、レディースの29mm径
合型のミッドサイズ(ボーイズ サイズ)は、35mmで登場した。
一見するとサブマリーナーの様なダイバーズウォッチのルックスであるが
その名の通り、ヨットやクルーザーを楽しむセレブ向けに発表されたモデルが故
防水性は100mしかなく、ベゼルも逆回転防止ベゼルではあるものの
貴金属素材のレリーフになっており、高級感はあるものの
傷などには弱く、耐久性が強いものではなかった。
 (66127)

1999年にパラチナとのコンビネーションのロレジウムが発表されると
ヨットマスターの人気に拍車が掛かり、ロレジウムはプレミアがつくまでになった。

逆に、これ以降はイエローゴールド無垢やコンビネーションモデルは
ひっそりと影を隠し、ヨットマスター=ロレジウムと言う方程式となってしまった。

さらに、ロレジウムでもケース径は3型用意されていたのだが
メンズサイズか、レディースサイズが人気の中心で
ミッドサイズはほとんど注目される事は無くなった。
コンビネーションモデルになれば、尚更の事であった
2015年には、新たにエバーローズゴールドモデルが発表され
事実上、イエローゴールド無垢モデルは廃盤となった。
さらに、今年のバーゼルフェアでエバーローズゴールドとのコンビネーションが発表
合型は、サイズも35mmから37mmへと変更となった。
廃盤となったロレゾール ミッドサイズ
初期Refのモデルに着目して、改めて考察するべきであろう。

スモール化の兆しが止まらない時計市場
スポーツモデルのスモール志向も面白いかもしれない。

ヨットマスター ミッドサイズ(ボーイズ) Ref.68623 ブルー

 (66112)

先ずは、やはりブルーではなかろうか
今でこそ、人気のカラーリングであるが
この当時、しかもロレックスとしては、なかなかのインパクトだったと記憶している
 (66111)

サブマリーナーより、やや濃い目のブルー
むしろ、ネイビーに近いぐらいだろうか
 (66113)

画像で確認すると、ブレスレットの駒が細く感じると思うが
実際は、ケース径とのバランスも良くさほど感じない。
 (66116)

無垢とのコンビネーションブレスレットは、
イエローゴールドのセンターパーツが経年劣化により磨り減り
大きくヨレが生じている場合もあるので
注意深くチェックしたいポイントである。
 (66115)

ブルーダイアルが将来、青サブの様にバイオレット化するのか
非常に興味深いモデルである。
バイオレット化すれば、
また新たにロレックスのコレクタブルモデルとなるのは必至であろう

ヨットマスター ミッドサイズ(ボーイズ) Ref.68623 ホワイト

 (66117)

次に、ホワイトは外せないだろう。
何と言っても、このブラックのインデックスが際立つ
ホワイトダイアルに、ゴールドの枠とブラックのインデックス
一見するとエグく感じるコンビネーションも、今では新鮮だ。
 (66118)

ブルーに比べると、ホワイトはケース径が大きく感じる
目の錯覚は、不思議である。
もしかしたら、ホワイトこそヨットマスターらしいカラーリングかもしれない
 (66120)

 (66119)

バックル側から見ると、メンズサイズとの差はさほど感じない。
 (66121)

この個体は、インデックスの周りに少々の変色が見られる
ホワイトも、もしかしたらアイボリー化もあり得るのか
 (66123)

リストショットで確認すると、改めて大きさが分かるだろう
果たして、小さいだろうか?
もちろん個人差はあると思うが、この画像から小さいとは感じない。
むしろ、上品なサイジングではないか
 (66122)

実に、素晴らしい佇まいだ。
ロレックスのイエローゴールドとのコンビネーションモデル
しかも、スポーツモデルなのに市場では50万円ほどから入手可能なのだ

ヨットマスター ミッドサイズ(ボーイズ) Ref.68623 シャンパンゴールド

 (66128)

これは、ビックリした個体を見つけた
完全にブラウン化している
照明の関係もあるだろうが、確実に変色はしているだろう。

市場

 (67390)

トケイのマーケット :: ROLEX / ロレックス :: ロレックス ヨットマスター ボーイズ YG×SS REF.68623

648,000
説明ブランドロレックス程度Aランク定価参考定価:ー円型番68623メンズ・レディースボーイズ文字盤白文字盤 ムーブメント自動巻きケースサイズ横:34mm(リューズ含まず)ベルト内周17cm素材YG イエローゴールド ×SS ステンレス 付属品無し保証期間当店保証1年状態使用感は少なくまだまだご使用頂ける商品でございます。 コメントU番’97年製造のRef.68623 ボーイズサイズのロレジウムが入荷しました。 大きめの時計をお探しの女性にもお勧め致します。 取扱店ブランド館札幌店  TEL 011-208-5405
ヤフオクの極端に安いものは、フラッシュフィット破損
しかし、それ以外の物は概ね50万円強という値ごろな相場。
しかし、この価格帯のものをオークションで買うには勇気が要る

トケマーにも在庫があったが、少々お高め。
信用出来る店舗で、50万円台で全有りだと買いなのかな





#時計雑誌が教えてくれない時計の話し

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2016バーゼル発表  ロレックス 新型ヨットマスター ダークロジウム Ref.116622 実機インプレッション☆

2016バーゼル発表 ロレックス 新型ヨットマスター ダークロジウム Ref.116622 実機インプレッション☆

〜冷やかし時計コレクター ミゾラーが実機をインプレッション〜 不定期新企画☆ たまたま冷やかし出来た時計達のインプレッション! 購入予定の方には全く参考にならない独断偏見記事。第2回目は、ロレックス ヨットマスター ダークロジウム 116622です☆
ミゾラー | 10,876 view
ロレックスのコンビはこれで決まり!

ロレックスのコンビはこれで決まり!

皆さんこんにちわ! 秋→冬に変わりつつある11月。 関東地方も朝晩は10度を下回る日も出てきました。 そんな冷え込む日がどんどん近づいてる日に暖かみを与えてくれるゴールドを使用した【コンビモデル】を今回はご紹介していきます! 最後までお付き合い宜しくお願いします!
MARUKOME | 16,849 view
「そろそろコンビモデルが欲しい…」そんなあなたへ②【販売情報&お勧め5選】

「そろそろコンビモデルが欲しい…」そんなあなたへ②【販売情報&お勧め5選】

30代も後半へ差し掛かった私が最近興味津々なコンビモデル。金無垢はまだ早いけど、ゴールドコンビなら...という私と同じような考えの方!!
| 9,398 view
2017年秋のロレックス 爽やか系コンビモデルにトライしよう!

2017年秋のロレックス 爽やか系コンビモデルにトライしよう!

じっとりした暑〜い夏が終わると、そろそろ腕に爽やかかつ煌びやかな時計が欲しくなります。そんな時にオススメなのは爽やか系コンビモデル! 今年の秋はイエローゴールドのコンビモデルを思い切って狙っちゃおう!
流来時 | 15,111 view
【40代からの勧め】オトナの魅力は◯◯◯で醸し出す!メンズ色気5選

【40代からの勧め】オトナの魅力は◯◯◯で醸し出す!メンズ色気5選

今回は、40代からのお勧め腕時計をご紹介。ブランドもデザインも価格も様々だが、お勧めポイントはココ!モテる、色気、余裕、遊び心...オトナのメンズ時計5選!
| 6,251 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミゾラー ミゾラー
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋