2017年8月14日 更新

【レジェンド召喚】トケマーにパテックのグランドコンプリケーションが出品されてるぅぅ!!

トケマーに、なんと、レジェント級のグランドコンプリケーションが出品されています!!今となっては滅多にお目にかかれなそうな出物です。350万円は高いのか、安いのか?今回は紹介を兼ねて、このアイテムが買いかスルーか検証していきたいと思います!!!

2,665 view お気に入り 0

トケマーにパテックフィリップの永久カレンダーが出品されてますよ!!

パテックフィリップ : パーペチュアルカレンダームーンフェイズ RG 【現金のみ】

3,480,000
パテックフィリップ パーペチュアルカレンダームーンフェイズ
型番:Ref.5039R-010 18金RG×革ベルト
参考定価:6615000円(税込)
ムーブメント:Cal.240Q マイクロローター搭載超薄型自動巻
ケースサイズ35ミリ
ベルト内周革ベルトの為調整可能
付属品:内箱/外箱/取扱説明書/海外ギャラ保証期間保証なし
状態:きれいな状態の商品となります。 細かい生活傷あります。
コメント正規店でオーバーホール済みの商品となります。 現金特価の商品となります。
※パーペチュアルカレンダーの為調整が必要な為 少々お時間が必要となります。
トケマーに永久カレンダー+ムーンフェイズ+マイクロローターによる超薄型自動巻き という
三種の神器を備えた、パテックフィリップのグランド・コンプリケーションの一時代を築き上げた
伝説級の時計『Ref.5039』が出品されています!! 
 (154018)

パーペチュアル(永久)カレンダーとは、日付の変更の必要が一切なく、4年に1度のうるう年まで自動で日付を調節してくれる超絶カレンダー機能のこと!ですね。
インダイヤル左側の4分割されたダイヤルが、永久カレンダーの特徴です。
銀色の針の下にある、短い金色の針がこ、のインダイヤルを4年かけて一周することで、4年に一度のうるう年を調整しています。
銀色の針は JAN・MAR・MAY…と、各月を指ししているので1年で一周するカタチになります。
こちらの時計は、年月日そして曜日を完璧に指し示す永久カレンダーと24時間サブダイヤル、そしてムーンフェイズを備えています。(秒針はありません)
月の満ち欠けを指し示すムーンフェイズ(月相)ダイヤルも非常にキレイな仕上がりです。
こちらは、29.5日周期の月の満ち欠けに対応するように、59日で一周(29.5日×2)する仕組みです。

Ref.5039ってどんなモデル?人気は?

 (155421)

本品のref.5039 は、超薄型マイクロローター自動巻き+永久カレンダー&ムーンフェイズ付ムーブメント『キャリバー 240 Q』搭載モデルとしては、いわゆる初代にあたります。
初出は1986年頃で、細かいマイナーチェンジこそありますが、2008年頃までのおよそ20年間つくられつづけられたという、パテックが誇る『ザ・レジェンド』なモデルであります!!
キャリバー240Q といえば、ポリッシュベゼル・カラトラバスタイルのグラコンモデル『ref.3940』が取り上げられますが、こちらの『クルード・パリ』ベゼルのref.5039の方が、タマ数が少ないレアモデルのようです。
この『ref.5039』が生産中止のあとは、後継機として、ケース径が35mmから38mmに大きくなった
『ref.5139』が発売されましたが、発売当初の評価は『ref.5039の方がイイ!!』という意見が圧倒的だったようです。(ref.5139はWGのみ、現在も現行品として発売されています)
なんでも、みんな『先代の方が、文字盤のバランスがベストだった』っていうんですよね。
新型はケースを大きくしたことで、『文字盤とインダイヤルの間に余計な隙間ができてしまった』から、
バランスが悪くなった。とも。
 (155665)

現行のref.5139-010WGモデル。今でも新品で買えますが、国内定価9,260,000円(税抜)なり
これはこれで、超絶美しくてカッコイイのですが。

通に言わせると、ケース径が大きくなって文字盤外側の余白が広がったようにみえます。
また、インダイヤルも大きくなったことで、全体的に中心部分がゴチャゴチャしているようにもみえ、
全体的にバランスが悪くなってしまった…ようです。
残念ながら、現行タイプもRGモデルはすでに生産終了のようです。

今となっては小さめのケースサイズ…だが、それが良い。

実際、ケースサイズ 35mmは、今となっては小さいでしょうね。
いわゆるボーイズサイズ、ユニセックスサイズ、になるのでしょうか?

ただ、大きさに価値を求めるのであれば、パテックじゃぁなくていいよね?と。
それこそ、ウブロでもパネライでも、オフショアとかの方がいいでしょうし。
目立つとか、オラつける、極厚、とかじゃないの、『文字盤とインデックスと針のバランスがイイ』が、
世のパテック好きの評価対象なのです。

小さめ極薄ケースの中に、永久カレンダー・ムーンフェイズ・マイクロローター自動巻機能がギュっと詰まった…まるでエスプレッソを口に含んだ時のような、ガツンとくる凝縮感?を求めていくと…
おそらくこの35mmが限界にして至高のサイズ になるんじゃないか、とそう思います、はい。

本品の状態をみていきましょう。まずは状態から。

 (155413)

状態は10年以上前のモデルということを考慮しても、キレイそうですね。
特徴的な『クルー・ド・パリ』のベゼルも、細くエラガントなラグも目立つヘコミ傷はなさそうですが、
気になる方は出品者様に問い合わせてみた方が良いでしょう。
 (155667)

文字盤の右目、うるう年をあわらすための4年で1周するダイヤル(リープイヤーダイヤル)には
4分割の十字線が入っている、いわゆるスタンダードなタイプです。
ベテランのマニアの方だと、これが入っていない初期型が人気のようですが、
4分割線=永久カレンダーやんけ! と一目でわかる、という印象が強いので、私は断然こちらがタイプです。見ていて安心感があります(笑)
 (155404)

裏スケから見えるムーブメントは、マイクロローターという自動巻き方式です。
下半分にあるK22金の半円上のローターがクルクル回ってゼンマイを巻き上げる様子は
まさに『き、機械の心臓が動いているッ!! 』 といった感じです。
ローターが小さいので、手巻き式の機械のように細かいところまでよく見えるのもイイですね。
『PATEK PHILIPPE』のロゴの隣には、ジュネーブシールもバッチリと見ることができます。
ムーブメントの型番が『240/114』と確認出来ますので、1990年代後半から2000年代につくられた、比較的高年式のモデルだと思われます。
そして何より、ケースとガラスの間の幅の、この細さを見ていただきたい!!
超絶複雑機械が、極薄の小さめのケースの中にギチギチに詰まっているというのが、良くわかります。
いやぁ~イイですね、非常にソソります。もはや芸術品の域です。

保証書や箱などの付属品は?

 (155420)

箱は内箱、外箱ともに揃っているようです。
80年代の古い個体だと、木箱やエンジ色の箱のイメージが強いのですが、今風の化粧箱です。
画像からは判断つかないですが、ひょっとしたら中にワインディング機能のついているタイプかもしれませんね。
保証書は、海外発行の保証書がついているようです。
おそらく最初のオーナーは海外で買われたか、並行輸入で買われたかのいずれか、でしょうが
パテックは、どこの国の販売品だろうと、差別なくメンテしてくれるので問題ないでしょう。
気になるBP(ボックス&ペーパー)に問題はなさそうですね。
この年代だと、ひょっとしたら裏スケの裏蓋の他に、普通の無垢の裏蓋が付属しているかもしれません。
(年代によって、もともと付属していた時期と、していなかった時期があるようです。国によっても対応が違った…とか)
販売店に確認をしてみたらよろしいかと思われます。

メーカーによるメンテナンス済、とのこと。これはポイント高し!!

正規のメンテ済み となっています。とのこと。
パテックでOHをした、メーカーお墨付きってことですから、これは安心材料ですね!!
ただ、いつメンテをした物なのかが気になる方は、販売店に問合せをされた方がいいかもしれません。

メーカーOH明細が
発行1年以内 … つまり、まだメーカーの保証が残ってます!★5つ 超ラッキー!!!
発行5年以内 … まぁいいんじゃないっすか?  ★3つ ラッキー!!
発行5年以上 … う~ん、もう一回自分でメンテ出すつもりで…安心感だけで ★1つ!

って感じでしょうか? ★1の可能性がほとんどだと思うので、あまり期待されず…。
このレベルの時計は、とにかくメンテ代がかかる(OHだけで20万以上)なので、そこも念頭に入れられた方がよろしいか、と。
逆に、販売店の 保証はなし です。

う~ん…300万以上の時計ですから、ね。あった方がいいと思うのが人情ですが…。
ですが、逆に考えると、下手な修理業者とかで手直しされてしまった方がこわい…とも思えるので、
販売店さん独自の保証には頼らずに、『最初から正規のメンテ代を考慮してのご購入』を検討された方がいいレベルの時計だと思います。
本物、偽物に関しては、手元に届く前にトケマーさんがしっかり鑑定してくれるとのことなので、その辺はヤフオクなどの個人取引と違って安心ですね。

で、このレジェンドは、買い ?それとも スルー ?

さて、気になる今後の値段は…どうなるんでしょうね?
参考までに、買い?スルー?それぞれの要因を、なんとなく箇条書きにしてみました。
<買い要因>
①300万円代半ばというのは、5年前もこんな感じだったので、恐らく『ここからさらに下がることは考えにくい』ような。
②現行が定価900万で、中古相場も600~700万なので、当時の定価から考えても300万円代は、まだまだリーズナブル!?底値では?
③コストや技術面、時代の流れからみると、今後このサイズで同様のモデルが発売されることは、ほぼなさそう。唯一無二の存在になるのでは?
④もともと生産数が少なかったが、年代を経るごとに流通量は減る一方。
⑤RG(ローズゴールド)のモデルは、YGやWGと比べてもさらにタマ数は少ない傾向にあり。
<スルー要因>
①35mmのケース径が、マニアの評価はあっても、一般受けしにくい…
②裏フタが、本来なら付属していたソリッドバック(金無垢の裏ブタ)が欠品しているかも…
③箱は純正の化粧箱のようですが、当時付属していたオリジナルとは違うかも…
④メーカーでメンテ代を依頼するとどうしても20万円スタートでかかってしまう。
 ただ、メーカー以外のメンテで安く済ませようとかは考えない方が無難なレベルの時計。
どうでしょうか?意外とスルーする要因ってなさそうなんですけど、ね。
ただ、メンテ代を考えたらトントンだった、なんてことはあるかもしれません(笑)
(デカ厚ブームの反動で、薄型ミニマムブームが来れば…爆上げあるか!?)

個人的には、現金一括払いのみで、もう、これだけでスルーですね(涙)

なんにせよ、このクラスの気に入った時計をポンっと買える方、選択肢に上げられるお方が…正直うらやましいです!!

まとめ

トケマーに出品されていた『レジェンド級パテック』の紹介でしたが、いかがだったでしょうか?
300万円代というお値段なので、やはり慎重になるところですが、物自体はそんなに悪くなさそうです。
正規のメンテを少なからず一度はしっかりうけている、というのもポイントです。
気になる点は、実際に出品者さまに問合せをされるのが一番だと思います。
そして何より、偽物・本物の鑑定は、商品を発送する前にトケマーさんがしっかり鑑定してくれるようなので、安心ですね。
パテックをはじめ、色々な時計が毎日出品されているようで、定期的にチェックされると面白いですよ!

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました!!

関連する腕時計記事はこちらから

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【バーゼルワールド2018】パテックフィリップの新作を一気にご紹介!

【バーゼルワールド2018】パテックフィリップの新作を一気にご紹介!

今回は世界三大時計の一角、パテックフィリップのバーゼルワールド2018発表モデルのご紹介です!今回もラインナップが充実。さぁいきましょう!
サウスポー | 15,548 view
聖闘士星矢っぽい小宇宙(コスモ)を感じる腕時計12選~黄金聖闘士 後編~

聖闘士星矢っぽい小宇宙(コスモ)を感じる腕時計12選~黄金聖闘士 後編~

沢山の部品が小さなケースの中に納まる腕時計はまるで小宇宙や。小宇宙といえば、アニメ聖闘士星矢。小宇宙=コスモや。トケマーにコスモを強く感じた聖闘士星矢っぽいゴールドの腕時計があったのでピックアップしてみた後編。君は時計にコスモを感じるか?
Loosegear | 9,264 view
懐古主義と現代技術の見事なまでの融合 シェルマンのオリジナルウォッチ

懐古主義と現代技術の見事なまでの融合 シェルマンのオリジナルウォッチ

〜老舗シェルマンが放つ、素晴らしきオマージュウォッチ〜 アンティークウォッチ好きなら、知らない事は無いであろうシェルマン 実は、シェルマンオリジナルウォッチが非常に素晴らしい。オリジナル尊重派の方も一度チェックして頂きたい
ミゾラー | 11,192 view
トケマーの魅力と、目指すべきところ

トケマーの魅力と、目指すべきところ

時計に特化した販売サイト、トケマー。一般的なオークションサイトやフリマアプリは幅広く商品ジャンルを拡充させて、販売する手法が王道でした。しかしあえて「高級時計」というニッチなジャンルに絞り、ここまでサイトを運営してきたことは称賛に値します。今日はあらためて、このトケマーの魅力を紹介していきます。
goro | 1,175 view
キングオブロレックス のご紹介。

キングオブロレックス のご紹介。

皆さんこんにちわ! 夏は楽しんでいますでしょうか? 最近私の休日は基本外出せずに駐車場にプールを出したり、夜は花火したり子供と一緒に楽しめる形で夏を満喫しています。後は朝のランニングですね。もう40歳なのでたまには体を鍛えないと…という感じな日々です。いつでも若々しい父親でいたいというのもあります 笑 さて今回もお馴染みのトケマーからの厳選したお品物をご紹介します! 最後までお付き合い宜しくお願いします!
MARUKOME | 2,868 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

牛乳特選隊 牛乳特選隊
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋