2018年12月18日 更新

【腕時計レビュー】2018年バーゼル新作セイコー。

2018年(今年)のバーゼルワールドで登場したセイコーの一本をレビューします!

7,771 view お気に入り 0

今更だけど、SEIKOの魅力とは?

 (211260)

日本の腕時計メーカーの代表的な会社と言ったらSEIKOですね。
テレビコマーシャルでも良く目にするのではないでしょうか?
・綾瀬はるかさん、武井咲さん、黒木メイサさんなどを採用した『ルキア』。
・サッカー選手の武藤嘉紀選手を採用した『ブライツ』。
・プロ野球選手のダルビッシュ有選手を採用した『アストロン』。
多くの大物女優やスポーツ選手を起用したテレビコマーシャルは、SEIKOの企業力を表しているのではないでしょうか?
さすが日本が世界に誇る腕時計ブランドです。

さっそくレビューに参りましょう!

 (211242)

箱を見ればもうすでにモデルがわかってしまいますね。

はい。そうです。

SEIKOのダイバーモデル。
『プロスペックス』です。
黒いシンプルなボックスからは何が出てくるのでしょうか。

まあ、2018年のバーゼルワールドで登場したモデルですから限られますが、箱を開けて見ましょう。
 (211243)

はい!

1968年に発売された初代『メカニカルダイバーズ』の復刻モデルとして今年のバーゼルワールドで登場した50周年記念『メカニカルダイバーズ』の派生モデルである、
『SBDX021』ディープフォレストです!
この距離でもベゼル、文字盤のグリーンがいい色出してますねー!

個人的にこの深みのあるグリーン大好きです。
 (211244)

ここでスペックを見てみましょう。
Ref.SBDX021
ケースサイズ:44.3mm
ケース素材:ステンレス
ダイヤルカラー:グリーン文字盤
ムーブメント:自動巻(メカニカルムーブメント キャリバー8L35)
ブレスレット:ステンレス(強化シリコンベルト付き)
防水性能:300M飽和潜水用防水
限定数:世界限定1968本
参考定価:320,000円+税
 (211247)

この角度から見てみると、ベゼルがかなり肉厚ですね。

ベゼルのエッジのデコボコも、はっきりとしており、ゴツゴツした男らしさもありますね。
 (211248)

ケースサイズが44.3mmあるので、ラグはバランスを損なわないように太めになっています。

鏡面部分とサテン部分のメリハリもしっかりしていて、鏡面部分が多めなケースですが、ギラギラとした感じがあまり出ていない印象です。
 (211245)

ブレスレットは大部分がサテン仕上げの落ち着きのある印象です。

ポリッシュ仕上げのラインを2本入れることで、引き締まった印象も持ち合わせています。
 (211246)

バックルで腕周りのサイズ調整も可能みたいですね。

開いたところは特徴的な作りになっています。
 (211251)

肉厚なケースは、15.4mm。
結構肉厚なG-Shockと比べてもかなりの肉厚ですね!

これは着け甲斐がある腕時計ですね!
逆にブレスレットが薄めの作りになっているので、トータルの重さなども控えられて着けやすそうです。
 (211253)

ケース裏にはケースナンバーや、限定商品を証明する『LIMITED EDITION』刻印に、限定本数を管理するナンバーも刻印してあります。
こちらの復刻モデルのディープフォレストは1968年に登場しているオリジナルの遺伝子を受け継いでおり、ワンピース構造のシャープなケースを使用し再現しております。
ちなみにこの1968年に出たファーストモデルの西暦から1968本限定となっています。
 (211255)

最後はリストショットでお別れです。
このグリーンカラーをふんだんに使用した『メカニカルダイバーズ・ディープフォレスト』は、豊かで美しい自然が残されている『屋久島』からインスパイアされて生まれたモデルになります。
ダイヤルだけでなく、ベゼルも深いグリーンカラーになっており、素材はジルコニア・セラミックを使用した耐食性に強くなっております。
ですので、300Mの防水性能に加えて、耐食性に強いベゼルも相まって、日常使いで力を発揮できる一本ではないでしょうか?

最後はトケマー出品中のプロスペックス!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バーゼルワールド2019!SEIKOの新作をご紹介!

バーゼルワールド2019!SEIKOの新作をご紹介!

今回はバーゼル2019 SEIKO編。国内のみならず、海外での注目度も非常に高いSEIKOの新作モデルをご紹介してまいります。
サウスポー | 20,926 view
【腕時計レビュー】オメガ スピードマスター CK2998 311.33.40.30.02.001

【腕時計レビュー】オメガ スピードマスター CK2998 311.33.40.30.02.001

1959年に発表された“スピードマスター”のセカンドモデル CK2998。今回は2016年に発表されたCK2998の復刻モデルをレビューしてまいりたいと思います。
サウスポー | 8,233 view
グランドセイコーの2018年バーゼル登場モデルが気になっちゃう男たち!

グランドセイコーの2018年バーゼル登場モデルが気になっちゃう男たち!

日本を代表する腕時計メーカー『セイコー』から派生しているグランドセイコーの2018年のバーゼルワールドにて発表したモデルを紹介します。
はなすけ | 11,145 view
セイコー グランドセイコー SGBX065 腕時計レビュー

セイコー グランドセイコー SGBX065 腕時計レビュー

クォーツ腕時計のパイオニアと言えばセイコー。そのセイコーが自信を持って送るクォーツのフラッグシップがグランドセイコーのクォーツモデルです。 今回はその中でも青い文字盤を持つ少々個性的な機種であるSBGX065のレビューをお届けします。
| 23,713 view
セイコー ブラックモンスター SKX779K 海外モデル 防水200mダイバーウォッチ

セイコー ブラックモンスター SKX779K 海外モデル 防水200mダイバーウォッチ

セイコーと言えばダイバーウォッチ。セイコーダイバーで人気モデルと言えば「モンスター」。海外にはそんなセイコーファンが多いイメージを勝手に私は持っています。実際のところ、日本では見かけることはあまりないのですが、海やダイビングシーンなどでは利用されているのでしょうか?今回はブラックモンスターのファーストモデル SKX779K1をレビューしていこうと思います。
ZENMAI | 37,989 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はなすけ はなすけ
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋