2016年10月11日 更新

ロレックス デイトナ Ref:16520 エルプリメロ搭載の傑作 失敗しない個体選び

ムーブメントにエルプリメロが使用された、旧デイトナ16520(2000年廃番) ロレックスの最後の社外ムーブメント(エルプリメロ)が使用されたモデルとして現在でも中古市場で人気のモデルだが、入手は中古市場での購入がメインとなる。今回は失敗しない為の基礎知識と共にまとめていく

15,091 view お気に入り 0

ロレックス デイトナ Ref:16520

 (66911)

ロレックスデイトナ16520が誕生したのは1988年 ゼニス社の傑作クロノグラフムーブメント『エルプリメロ』をデチューンする形で搭載したモデルとなる。
1988年の販売時から圧倒的な人気を誇ったデイトナ16520は、直営店で見ることは奇跡と言っても過言ではなかった(定価での購入はほぼ不可能)
必然的に新品での入手は、並行店での購入になるのだが需要と供給のバランスから定価以上で取引されるのは当たり前になっていた。
istockphoto (66912)

人気絶頂だった、デイトナ16520が生産を終了したのは、2000年(P品番)
この2000年に製造された個体が俗に言う最終品番として、現在でも当時の定価からは考えられない200万オーバーのプレミアム価格で取引されている。(最終P品番の定価は68万円)

ロレックス デイトナ 16520の人気と相場が高まり続ける理由

gettyimages (66913)

デイトナ 16520の相場が高まり続ける理由(前述したが販売時からプレミア)としては以下の事が考えられる。
①製造本数が少ない
②エルプリメロが搭載された マニア受けするスペック
③バリエーションによる付加価値
大きく分けると以上の理由が挙げられる挙げられる。
ひとつづつ解説していくと

①製造本数が少ない ロレックスデイトナ16520

ROLEX Ref.16520 ロレックス デイトナ レビュー - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (66915)

製造期間が短い

まず最初に思い浮かぶのは製造期間の短さだ。
ロレックスデイトナ16520は、1988年~2000年までの13年しか製造されていない。
※先日新型が発表され製造が終了した116520は17年間の製造
同じくスポーツモデルで人気のサブマリーナ16610が20年を超える製造となった事からもその製造期間の短さが際立つ。
人気であるにも関わらず製造年数が短い為、圧倒的に個体数が需要に追いつかないまま生産が終了してしまった。
製造年数=製造数が少ないという考え方ができる。

「116520も17年間の製造で4年しか変わらないのに16520の方が高いのはなぜ?」という疑問が出る事だろう。その疑問の答えは次

②SSモデルの生産数が少ないのではないか

ナイフ フォージ

ナイフ フォージ

ロレックスデイトナ16520は、ゼニス社よりムーブメント『エルプリメロ』の供給を受けて製造されたモデルである。
よく、ロレックス×ゼニスのコラボなどと言われるが、要するにロレックスはゼニスにムーブメント代を支払って供給してもらっていたのである。
ロレックスとゼニスの間でどのような契約が行われたのか分からないが一般的に考えて、

①供給数の限度がある。
②仕入れの単価がある。
※+αとしてロレックスはエルプリメロをデイトナ用にチューニングして搭載していたのでそこでも手間が掛かっている。
ロレックスが原価率をどう設定しているかは定かではないが、このデイトナ16520は他社からの供給が入っている時点で原価率が高めで、ムーブメントの数が決まっている時点で利益をとり難いモデルだったのではないだろうか。

原価率が高いとSSモデルの製造本数は少なくなる?

gettyimages (66917)

当時製造された5桁デイトナ16~系には全てエルプリメロが搭載されている。
ゼニスから供給されるエルプリメロの数も決まっている(+仕入れのコストもある)となると、優先して製造するのは利益のとれるモデルのはずである。
結果として、

無垢デイトナ(素材+αで利益がとれる)

コンビデイトナ(素材+αで利益がとれる)

SSデイトナ(素材で利益をとるのは限界があるが、+αを付けるわけにも、、、)

上記の優先順位で当時デイトナは製造されていたのではないかと考えられる。
※+αとは、石(ダイヤなど)や文字盤の素材(メテオラライトなど)
供給数に限度がある分、利幅の取れる無垢やコンビ、更には石や異素材の文字盤を使用したハイクラスのモデルを中心に製造することで、製造本数の少なさからの利益をカバーしていた。
結果、SSの製造本数は少なくなった(利益をとりにくい為)

一方で116520は自社ムーブメントである分、製造本数のコントロール出来る為、16520より出回りが多くなったように感じる。
16520の現役時代と116520(現行)のUSEDでの出回りを考えると、116520の方が圧倒的に多いと感じるのも製造本数の違いの為ではないかと考えている。

②エルプリメロが搭載されたマニア受けされるスペック デイトナ16520

なぜデイトナファンは16520を選ぶのか? - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (66896)

デイトナ16520に搭載されたムーブメントエルプリメロは、腕時計愛好家の評価が高いムーブメントとなっている。そのムーブメントが「ロレックスのフラグシップもでるであるデイトナに搭載されている」のだ。

16520の評価は高まらないはずはないと言える。
※恐らく最後の社外ムーブメント

エルプリメロってどんなスペックなの?

なぜデイトナファンは16520を選ぶのか? - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (66897)

毎分36000振動、50時間パワーリザーブ、直径30mm、厚さ6.5mm、スモールセコンド、デイト機能付き。

実はこれだけ聞くと現代の腕時計ムーブメントのスペックかな?と思ってしまいますが、
これは1969年のエル・プリメロ開発当時のスペックなのです。

45年前にすでに現代の第一線で活躍できるスペックの腕時計を作っていたんですよね。

当時ではゼニスのエル・プリメロに匹敵する自動巻きクロノグラフムーブメントは存在しませんでした。
『エルプリメロ』についてもっと詳しく知りたい方はコチラの記事をどうぞ▼▼

③バリエーションの違いによる付加価値

ロレックス デイトナ 16520 ブラウンアイの在庫あり店はこちら | ロレックスデイトナ16520を通販で購入できる販売店はこちらです (66914)

ロレックス デイトナ 16520は僅か13年という短い製造期間の中で細かい仕様変更をしたモデルでもある。
※文字盤だけで6回の変更
この『仕様変更』が魅力で、デイトナ16520の希少性・コレクション性に拍車を掛けている。

文字盤の仕様変更

文字盤の変更履歴をまとめると以下のようになる。
①初期型⇒1988年~1989年
②2代目⇒1989年~1999年
③3代目⇒1990年
④4代目⇒1990年~1995年
⑤5代目⇒1995年~1999年
⑥6代目⇒1995年~1999年
⑦7代目⇒1999年~2000年
となっている。
※海外では、マーク○○といった呼び方
16520文字盤変更点について詳しくはコチラの記事をどうぞ▼▼

16520レアポイント×組み合わせ

ロレックス デイトナ エルプリメロ Ref.16520 個性派揃いレアモデル一挙紹介!! - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (66919)

225タキ+4行+反転6
文字盤の仕様変更だけでなく、16520はブレスレット・ベゼル・エイジングなどによって希少性が変わり価値(相場)が変わる。
・ベゼルのタキメーターの数字(200タキ・225タキ)
・ブラウンアイ(インダイヤルの変色)
・逆6(インダイヤルの数字)
など様々なレアポイント、組み合わせがあり13年間の中での多様性も年々価値が上昇する理由だろう。
16520レアモデルを詳しく知りたい方はコチラの記事をどうぞ▼▼

付属品を知る デイトナ16520を買う前に

【保存版】ロレックス 旧デイトナ16520を狙っている方必見!付属品一覧~これがあれば完璧! - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (67194)

製造終了から13年が経った今でも、相場が上昇し続けている、デイトナ16520
製造本数の少なさから今後も上昇していくのが予想できる。

資産価値抜群のデイトナ16520だが、これから購入するのであれば『付属品』がしっかりと揃っている個体を選びたい。
理由は単純で、『プレミア』がついているモデルだからこそ、マニアは『完品』の個体を探し求めている。
5桁ロレックスは年代によって付属品に違いがあるので、その点に注意して購入して欲しい。

デイトナ 16520 基本的な付属品

外箱 ロレックス デイトナ16520はほぼこのデザイン

【保存版】ロレックス 旧デイトナ16520を狙っている方必見!付属品一覧~これがあれば完璧! - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (67201)

デイトナRef。16520は大体この緑の箱です。
※同じデザインで、箱の高さが違うものも存在します。(デイトナは低い方。)

注目するべき点は、外箱横に貼ってある白いシールとその隣の黒丸シールです。
白いシールに印字してある数字が「16520」であることを確認してください。
「16610」とかになっていたら、あ、箱はサブマリーナの箱なんだ・・・ってなります。
更に黒丸シールが貼ってある事も忘れずに。

旧箱には、大体型番シールと文字盤色シールが貼ってあります。
※色違いがないモデルには黒丸シールは貼ってません。
※そもそも貼ってない(はがされた?)外箱ももちろんあります。

黒丸(白丸、その他)シールが貼ってある例)
デイトナ、エクスプローラーⅡ、デイトジャスト等

内箱 デイトナ16520 主に2パターンの内装が存在

【保存版】ロレックス 旧デイトナ16520を狙っている方必見!付属品一覧~これがあれば完璧! - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (67204)

内箱のタイプには枕タイプとCリングタイプが存在します。
A番デイトナは枕タイプです。

枕の中にスポンジが入ってますが、これがまたほっとくと
とんでもないことになります。
気付かないと、これでもかってくらい粉にになっていて、
あたりにぶちまけてしまいますのでご注意ください。

保証書 デイトナ16520 紙ギャラorカードギャラ

【保存版】ロレックス 旧デイトナ16520を狙っている方必見!付属品一覧~これがあれば完璧! - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (67209)

1999年頃は紙の保証書です。
これが2006年頃からカード型の保証書へ変更になります。

しかもこの保証書は、
「アメリカギャラ」です。

アメリカギャラとは
→その名の通りアメリカが出荷国(アメリカのロレックスで販売されたもの)

■何がいいか?
ロレックス デイトナ16520の付属品一覧つづきは下の記事を参照して欲しい▼▼

デイトナ16520の持つ資産価値

「デイトナ投資」116500LN発売記念!16520と116520の旧デイトナがいつか400万円になるか検証する - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (67215)

実際に16520の資産価値どこまで高まるのか!?
過去の販売価格、現状を振かえりながら検証・考察していく。

1995年

「デイトナ投資」116500LN発売記念!16520と116520の旧デイトナがいつか400万円になるか検証する - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (67223)

「デイトナ投資」116500LN発売記念!16520と116520の旧デイトナがいつか400万円になるか検証する - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (67230)

私の知る限りでは定価以下で売られていたのを見たことがありません。
 ※1998年に初めて腕時計を買いましたので、それ以降。1番安かったのは60万円代後半の本体のみ白(2008.12月〜2009年 一時期店頭買取をしない時計ショップもありました)
1995年当時でも白文字盤がギリギリ定価以上。黒文字盤で10万円アップと言ったところです。
6263が¥750,000~販売されていた記載がある。
今では考えられない値段だ。

1999年

「デイトナ投資」116500LN発売記念!16520と116520の旧デイトナがいつか400万円になるか検証する - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (67227)

「デイトナ投資」116500LN発売記念!16520と116520の旧デイトナがいつか400万円になるか検証する - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア (67229)

16520が生産終了する年になります(最終販売分は2000年前半)。ちらほら新ムーブメント開発の噂が出てきた頃です。新しいデイトナの予感が市場に影響するか・・・?
98年と大きく値段差はありませんね。
新品で白93万、黒96万円
中古で白85万、黒90万円

6263は、1年で更に値上がりしています。
98年140万円台だった黒プラ6263が180万円まで上がっていますね。1年で25%も相場上げです。95年に75万円で買っていたら100万円もプラスになっています・・・。
続きはコチラの記事を参照ください▼▼

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックス デイトナ Ref.16520を買うときの付属品チェック項目!

ロレックス デイトナ Ref.16520を買うときの付属品チェック項目!

希少時計は付属品もあって完璧な存在です!本体だけども価値はありますが、付属品があるだけで全く別の激レアモデルに生まれ変わります。是非皆さんも完璧を求めてみてください!
バネ棒 | 13,187 view
ロレックス 中古スポーツモデル(5桁品番)購入時の付属品の重要性

ロレックス 中古スポーツモデル(5桁品番)購入時の付属品の重要性

ロレックスの中古スポーツモデル(5桁品番)購入でお悩みの皆様、付属品は重要です。ロレックス購入の際何を基準に選ばれていますか?状態ですか?年代ですか?当然重要なことですか、付属品も購入するとき気にしなければなりません。付属品の有無で売却時の査定が変わることも・・・。そんな情報を今回はロレックス 中古スポーツモデルの付属品をご紹介します!
バネ棒 | 13,647 view
おさえておきたい5桁ロレックスのご紹介!

おさえておきたい5桁ロレックスのご紹介!

今回はトケマー出品中のアイテムの中から気になるロレックスの5桁スポーツモデルをご紹介したいと思います。
サウスポー | 26,846 view
2018年最後の腕時計レビュー!エル・プリメロRef.16520デイトナは来年も相場上昇するのか!?

2018年最後の腕時計レビュー!エル・プリメロRef.16520デイトナは来年も相場上昇するのか!?

2018年ロレックスはほとんどのモデルが相場急上昇となりました。昨年から300万オーバーとなっている2世代前のデイトナですが今後はどうなっていくのでしょうか…。
Black monster | 13,315 view
【時計雑誌を読み返す22】自慢の1本を探せ 語れる腕時計

【時計雑誌を読み返す22】自慢の1本を探せ 語れる腕時計

ひと昔前の時計雑誌を読み返すシリーズ、今回は時計Begin Vol.23。時は2001年、春でございます。語れる腕時計と題して、ブランド別に名作と呼ばれるモデルが紹介されています。果たして、現行にもラインナップされているものはあるのでしょうか。
yusapapa | 3,869 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アルプス アルプス
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋