2017年1月24日 更新

パネライ ルミノール パワーリザーブを12年使い倒してみた!! PAM00090

パネライルミノールパワーリザーブPAM00090を約12年間普段使用してみて、その間必要になったメンテナンスやコスト、使い勝手などの感想です♪ 購入する時の金額以外にランニングコストとしてどれだけ費用がかかるかも気になる所ですよね。商品レビューのようにご参考頂ければ幸いです。

88,346 view お気に入り 0
PANERAI PAM00090

PANERAI PAM00090

愛機自己紹介

名称:Luminor Power Reserve Automatic Acciaio - 44mm
PAM番号:00090
OP番号:6556
BB番号:1036***
製造番号:D1***/2500 ※2001年製造

・2004年に中野の某時計ショップにて付属品完備の中古として37万円にて購入。
製造番号にもあるように、2001年製なので製造から3年経過の商品でした。
※オーバーホールや修理等の履歴書類は付属しませんでしたので特にされていないかと。
ただしケースが鏡面でピカピカでしたので、磨き(ポリッシュ)処理だけはされていたようです。
※Dバックルに仕様変更される直前の製造のため、尾錠モデルです。

【付属品詳細】
内箱・外箱・ギャランティカード・PAM番号記載バーコードシール
ベゼルガード・替えラバーベルト・ベルト交換用専用ドライバー

【当時の参考価格】
正規代理店新品が約63万円で並行輸入新品が49万円前後
※記憶が定かではありませんが、おそらくそのあたりだったかと・・・。
それにしても現在の定価(91万+税)はだいぶ上がりましたね・・・。
 (11153)

購入後初めての費用

購入してうきうきして使用していたのも束の間、パワーリザーブ針のゲージが溜まるのが遅く、仕方なく手巻きで巻くも、何やら竜頭が重いという症状が購入から2年程で発症しはじめました。
製造から3年経過している中古を購入している時点で、オーバーホールがほどなく必要になる事は理解しつつ、その費用も織り込んで購入をしているので、覚悟はできていましたが・・・。
せめてもう1年位使ってから症状が出れば良かったのにと残念に思いつつ、無理に引き延ばしてもムーブメントの状態をより悪化させかねないので覚悟を決めてオーバーホール(OH)を出すことにしました。

メーカー正規オーバーホールに挑戦!

gettyimages (91761)

購入後初めてのOHをメーカーでない所に出す勇気が持てず、「やっぱりメーカーが安心♪」と思い、当時港区芝5丁目(田町駅が最寄り駅)にあった※リシュモンジャパンにおそるおそる時計を持っていきました。
※現在は移転しております。

随分とわかりにくい場所にあるなぁと感じた事をうっすら記憶しています。

白衣を来た技師の方が、その場で蓋を開けてくださり、軽く状態を確認して頂きました。「特に大きなトラブルはなさそうなので、このまま分解掃除だけで済むのであれば54,000円で、ケースの磨きも一緒におこなうと64,000円です。」と案内を受けました。10年以上も前の事ですので、明細のない磨き込みの金額は正確ではないかもしれないですが、おおよそそれ位だったと記憶しています。

どうせOHから戻ってきても普段使いですぐに小傷は付いてしまうのだからという気休めか、貧乏性かわかりませんが、磨きについては行いませんでした。ただ、文字盤に少し気になる埃のようなものがあったので、可能であればそちらの除去をお願いしてみました。

1か月程で作業終了の連絡を受けて受取りに行ったのですが、磨き処理を行わないと、正直出す前と出した後の変化がなく、若干の不安を覚えたものです。違いを確認できたのは、竜頭を回してみてその軽さに感動しました。

決して安い費用ではありませんが、なんと言ってもメーカーという安心感は絶大です!
 (11149)

ベルト交換もバカにならない・・・。

アリゲーターの革ベルトに惚れて購入した時計だけど・・・

アリゲーター, ブラック, エクリュ, 24/22 MM スタンダード MX005FN2 - オフィチーネ パネライ ウォッチ (11221)

こちらのモデルはアリゲーターの革ベルトが標準装備となります。このアリゲーターの革ベルトっていうのが非常に厄介でした。普段付けていると高級感にあふれているのですが、交換する場合のお値段も高級感に満ちあふれていました・・・。夏場は発汗が激しいので、革ベルトにはダメージが大きくなるので、ラバーベルトに交換するのが定石という事は理解しておりましたが、いかんせんステンレスベルトの時計しか経験してこなかった過去の自分は、夏場も関係なくオールシーズン使い倒してしまったのです。二夏も超える頃には表革と裏革の糊付け面がはがれ、裏革は真っ黒に(今はもともと黒いものが主流ですかね)。ベルトループもふたつあるうちのひとつ可動ループが破れ、その後固定ループが破れたので、本当に短い間でしたが、輪ゴムで止めてしまいました・・・。これではせっかくの時計も台無しなので、意を決して表参道の某正規代理店で純正の尾錠用アリゲーターの革ベルトを購入しました。お値段は当時で48,000円ほどだったと記憶しています。
2代目の革ベルト

2代目の革ベルト

ラバーベルトにも落とし穴?が

純正のアリゲーター革ベルトを頻繁に交換できるほどの財力はありませんので、それ以降ラバーベルトばかり使うようになりました。2代目のアリゲーターはおそらく冬から春にかけての数カ月しか利用していないと思います。
ラバーベルトをずっと使い続けているとまたもやループの破損が発生しました。ラバーベルトの場合ループがひとつしかないので、そのループが壊れると交換しかありません・・・と思い込んでいました。
新宿の某正規代理店で尾錠用のラバーベルトを購入しようとしたところ、ちょうど尾錠用のものが品切れだったため取り寄せとの事でした。お値段は17,000円・・・。ラバーでもそれなりにしますね・・・。その手続きをしてもらいながら店員の方といろいろと話していると、「壊れたのはループの所ですか?その部分の破損が多いですけど・・・。」「もしループだけでしたらループのみ交換も1500円で承れますよ」との事。店員さんのナイスアドバイスに思わず「ありがとうございます!」と歓喜の声をあげてしまったのを今でも覚えています。
結局、その数カ月後に尾錠を通す穴の片側が裂けてしまって、ラバーベルトを新調したのですが・・・。
gettyimages (91772)

2回目のオーバーホール!!

初めてのオーバーホールから6年ほどで竜頭が重たくなってきたため、2度目のオーバーホールを検討しなければいけませんでした。
絶大な安心感のメーカーコンプリートサービスもいいのですが、これまでに既に相当のランニングコストが発生していますので、当時は経済的な部分にウェイトが傾きました。
そこで選択肢としてあがってきたのが市中の時計屋さんによるオーバーホールです。御徒町の某時計修理屋さんに依頼しました。いわゆる分解掃除のみで磨き無しで24,000円ほどの費用でオーバーホールができました。メーカーの半額以下です!お財布に優しいですね♪
thinkstock (93556)

3回目のオーバーホールを検討しなければいけない今日この頃

2回目のオーバーホールから早4年・・・。おそらくあと1年、長くて2年でオーバーホールが必要な状態になってしまうと思います。次はどこに出そうかなぁと考えるふりをしています。選択肢にメーカーは含まれないでしょう・・・。

このように、時計は購入するときには購入後の費用も含めて考える事も必要になってきます。もちろん下取りに出して買い替えすることでいろいろな時計を使うのも良いでしょう。そういう部分では車に似た部分もあります。お気に入りの愛機は末永く使っていきたいものですね。
gettyimages (93571)

【豆知識】パネライの管理番号のいろいろ

パネライには多くの管理番号が存在します。その殆どは裏蓋に記載(刻印)されるのですが、唯一PAM番号(PAnerai Modelの略)だけは裏蓋に記載(刻印)はありません。
各種番号について何を意味するのかというと・・・。

☆PAM番号とは

PAM番号(PAnerai Modelの略)はモデルを識別する番号になります。この番号は時計本体はおろか保証書にも記載されていません。 外箱に貼られるかもしくは内箱の保証書などを収納するブックに添付されているシールにバーコードと一緒に記載されています。モデルの特定をするのに最も有効な番号なのですが、前述の通り時計本体のどこにも記載(刻印)がないため、本体からモデル特定する時には泣かされます。打刻してくれればいいのにと思っちゃいます(><)。
 (11279)

☆OP番号とは

こちらもモデルを識別できる番号とされているのですが、いまいちその本当の意味での管理方法について的確に述べている文献を探す事ができません。
例えばOP6535という番号を調べてみると、
・C年代(2000年製造)のPAM82
・D年代(2001年製造)のPAM61
・D年代(2001年製造)のPAM55
の3モデルが存在するようです。
同じOP番号でもこれだけ異なるモデルが存在するのであれば、OP番号だけではモデルを識別できるとは言えませんよね。
個人的には「ロット」なのではないかと考えています。
後述する製造番号に見られるように、パネライは製造本数を限定して製造しておりますので、OP6535のロットで7500本製造すると決定し、そのうち2500本ずつ3モデルを展開するとすれば年代やモデルが多岐に渡るのも頷けます。
 (11289)

☆BB番号とは

BB番号とはいわゆるシリアルナンバーになります。現在の方法でのパネライのシリアルナンバーは1997年から始まりました。「BB970001」が最初の番号となります。他の管理番号とは異なり、同じ番号の時計は存在しません。私の時計は2001年製造の103万番台となりますので、4年間で約6万本も製造している事になるのでしょうか・・・。結構作っていますね・・・。

☆製造番号とは

製造番号はアルファベットの頭文字と数字の組み合わせです。アルファベットは製造された年を表します。数字は生産予定の総数の何本目のものかを意味します。アルファベットはAが1998年から始まります。1999年はB、2000年はCというようにアルファベットが進みます。1997年より前はこのような番号管理がされていませんでした。例えば「B2326/2500」という表記であれば、1999年に2500本ほど製造した内の2326本目という事になります。

まとめ

「むしゃくしゃして高い買い物でもしなきゃやってられん」という不純な動機で購入した時計ではありましたが、今では愛着のある一生ものの時計だと思っています。手のかかる奴ではありますが、これからも末永く付き合っていく所存です。

今回の内容が購入を検討されている方の一助になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【レビュー】パネライ ルミノール パワーリザーブ13年使うとこんなに傷が!

【レビュー】パネライ ルミノール パワーリザーブ13年使うとこんなに傷が!

13年間利用しているパネライルミノールパワーリザーブをマクロレンズを使って細部まで確認してみたよ♬ 購入してからオーバーホールは2回しているけど、一切磨かないで13年間使用。その傷の多さに驚愕してしまうこと請け合いです!これぞ傷のデパートです♬
オシドリ交換 | 62,286 view
パネライで迷ったらまずはこれ! おすすめの超定番モデル4選!

パネライで迷ったらまずはこれ! おすすめの超定番モデル4選!

1860年に創設された『オフィチーネ・パネライ』。 元祖デカ厚時計として、2000年代に日本でもブレークした人気ブランドですが、今回はその中でもパネライの人気を支え続けた定番モデルを4本ご紹介したいと思います。
サウスポー | 38,928 view
パネライ ルミノール1950 PAM00537レビュー 相場が落ち着いている今が買い時!

パネライ ルミノール1950 PAM00537レビュー 相場が落ち着いている今が買い時!

でか厚時計!知名度、人気度ともに高級時計ブランドの中でも上位に位置するパネライですがここ最近、少し勢いが落ち着いてしまった印象。国内の実勢相場を見てもやや下落気味。しかし逆にいうと『下がってきている今が買い時』そこで今回はパネライから少し変わったオシャレな文字盤PAM00537のご紹介をしたいと思います。
サウスポー | 10,962 view
夏だ!熱いぜ!!半袖に似合う時計を探そう!~50万円以下編~

夏だ!熱いぜ!!半袖に似合う時計を探そう!~50万円以下編~

東京もようやく梅雨入りしたようですが気温も高く長袖ワイシャツでは1日耐えられない季節になりました。 そこで半袖ワイシャツに似合う腕時計を探してみました!決して半袖限定ではないので長袖ユーザーの方も是非参考にしてみてください(笑)今回はその中でも50万円以下で購入できる時計を4本紹介します。
小田半錠 | 6,118 view
5/24トケマー新入荷情報&お値下げ情報!おすすめ時計をご紹介!

5/24トケマー新入荷情報&お値下げ情報!おすすめ時計をご紹介!

時計怪獣WATCH MONSTER トケイのマーケット「トケマー」新入荷商品情報です! 入荷した商品からウォッチモンスター管理人のおすすめ商品をピックアップ!全てお買い得、間違いなし!
WatchMonster管理者 | 4,793 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

オシドリ交換 オシドリ交換
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋