2017年1月27日 更新

"Big Poppa" 。ビッグでファットな腕時計。これがガチのデカ厚時計だ。オススメPANERAI10本!

究極のデカくてタフでシンプルで、ノーダウトな腕時計と言えばパネライで決まりです。 大人気のパネライにも大きさの違いがあるのをご存知でしょうか? 40mmや44mmのルミノール。42mmや45mmのラジオミールは基本の大きさになりますが、もっと大きいモデルも存在するのです。今回はそんなただ大きいだけじゃない、かっこいい”BIG”なSH*Tをご紹介していきます。

16,402 view お気に入り 0

1. 超モンスター級“エジツィアーノ”60mm。PAM00341

BIG POPPA

BIG POPPA

500本限定。8日巻き。チタン製。キャリバー P.2002/7。
Egiziano - 60mm。
1956年「エジツィアーノ」の開発
エジプト海軍のために「エジツィアーノ」と呼ばれるラジオミールを開発。この時計は、特別なサイズ(ケース直径60mm)と頑丈さを特徴とし、優れた防水性と、潜水経過時間を表示するための目盛付きベゼルを備えていた。 以前に試作品に採用され、イタリア海軍に提出した納品文書にも記されていたブリッジ型リュウズプロテクターに関する特許がこの年に出願され、この機構はルミノールおよびブランドのDNAの特徴のひとつとなる。

2. PAM00372 ”1950” 47mm

Real Love

Real Love

100m防水。自社製ムーブメント「キャリバーP.3000」搭載。3日巻き。
新しい1950ケースもかっこいいですね。シンプルで飽きがこない。

3. Luminor Submersible 1950 3 Days Bronze - 47mm

This Time Around

This Time Around

ケース素材が「銅」と言う珍しいモデルです。ダイバーウォッチのサブマーシブル。
PAM00507
キャリバー P.9002。文字盤はグリーン。1000本限定。
経年劣化をエイジングと呼んで楽しむタイプの時計です。欲しい・・・。

4. Luminor Marina Militare - 47mm

One More Chance

One More Chance

2005年1000本限定。珍しいレフトハンドモデル。ドーム風防が1950年当時の復刻としての再現度が素晴らしい。PAM00217。キャリバー OP XI。
出たときに127番ととも大人気になりました。当時150万円以上していた記憶があります。

5. Radiomir California 3 Days Acciaio - 47mm

Going Back To Cali

Going Back To Cali

PAM00424。”アッチャイオ”
カルフォルニアダイヤルとかユニークダイヤルとか言います。

人と違い面白くて良いですね。オフチーネ・パネライのイニシャルロゴも映えます。

6. Luminor 1950 - 47mm “8 Giorni Brevettato”

Juicy

Juicy

初代8日巻き。PAM00203。150本限定の超レアモデル。
ブラウンダイヤル。2005年。ムーブメントは「アンジェリス社製cal.SF240」
中古相場は1000万円ちかく。

まず見ることができないスーパーレア”SS”クラスです。

7. Luminor Submersible 1950 Flyback Titanio - 47mm

Gimme the Loot

Gimme the Loot

Luminor Submersible 1950 3 Days Chrono Flyback Automatic Titanio - 47mm
PAM00615。デカいフライバッククロノグラフ。
サブマーシブルで、クロノで、フライバック機能まで付いて、デカい。
ブルーのハンドも鮮やかでかっこいい。

8. Luminor 1950 - 47mm

Respect

Respect

PAM00127。217番の逆だから127なのかどうなのか。
2005年1950本(1950年に製作されたモデルの復刻)。キャリバー OP XI。
1950年「ルミノール 1950」のケース
「ラジオミール」から「ルミノール」へと進化。 パネライは、第二次世界大戦が勃発した頃に始めた技術研究を終戦後も続け、ブリッジ型リュウズプロテクター、ケースと同じ1つのスティールの塊から製作して強化したワイヤーループ式アタッチメント、「ラジオミール 1940」と同様のクッション型ケース、さらにフラットで幅の広いベゼルなどの特徴を備えた「ルミノール」を開発した。 現在、このケースを備えたモデルは「ルミノール 1950」として知られている。

9. LO SCIENZIATO

Radiomir Tourbillon GMT Ceramica - 48mm

Unbelievable

Unbelievable

トゥールビヨン。セラミックの48mmケース。PAM00350。
キャリバーP.2005/S。150本。
定価¥15,330,000(税込)
トゥールビヨン自体、他のメーカー含め一般的な「腕時計」ではないですが、
このデカさとかっこよさをミックスした何とも言えないオーラがヤバいです。

10. Mare Nostrum Titanio - 52mm

Ready to Die

Ready to Die

PAM00603。キャリバー OP XXV。チタン。300本。”マーレ ノストゥルム”2015-16
定価¥ 5,086,800(税込)復刻モデル。
90年代のパネライのクロノグラフと言えばこの「マーレ・ノストゥルム」でしたが、ずいぶん大きく復活しました。
圧巻の52mmケース。
1943年 マーレ ノストゥルム
甲板部士官のために特別に設計した2カウンター クロノグラフ「マーレ ノストゥルム」の試作品を発表。この時計は2~3本しか製作されなかったと考えられており、現存するのは何枚かの写真と2005年に発見された1点だけである。 1940年代初めには、ブランドの時計デザインの根幹をなす特徴の一つであるリュウズプロテクター、すなわちケースに水が入るのを防ぐとともに巻上げによる負荷からリュウズの防水性を保護するスティール製の半円形の機構についての研究と構想が始まった。

まとめ

いかがでしたか?
47mm、52mm、そして60mm。
 (1337)

60mmの着画をお借りしてきましたが、このインパクト!凄い!
良いのか?悪いのか?・・・いえ、いいんです。これでいいんです。
ビッグでファットな方が着ければ、もっとしっくりくるのです。

手首の細い方は見て楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

頑張れウブロ!負けるなパネライ!

頑張れウブロ!負けるなパネライ!

一世風靡し時代を作ったパネライ、ブルガリを超えた異素材ビッグバンのウブロ。最近この2つのメーカーの人気に陰りが・・・。テレビを見ればウブロ芸能人やスポーツ選手がたくさんいますが、オシャレな人ほどもう着けていない。オシャレに無頓着っぽい人がマダつけているイメージです。そこが良くない。パネライはパネライでもう何作ってるのかわからなくなってきちゃった。
ZENMAI | 67,224 view
ワンポイント・カモフラージュなオヤジコーデ!迷彩は40代に良く似合う(Lv1は時計のストラップ交換)

ワンポイント・カモフラージュなオヤジコーデ!迷彩は40代に良く似合う(Lv1は時計のストラップ交換)

迷彩を羽織って新宿など繁華街を歩いていると「職質」されそうで怖いですが、カモフラージュは立派なオシャレだと思います。ワンポイントで取り入れるなら小物の方が気軽で簡単!という事で腕時計のストラップ交換から始めましょう!レッツ・カモ・ライフ
ZENMAI | 15,472 view
ボーナスで買う時計3選 50万円以下の機械式腕時計

ボーナスで買う時計3選 50万円以下の機械式腕時計

前回までのシリーズ「【夏ボーナスで買う時計】アンダー50万円の自動巻き腕時計~ZENMAIのおすすめ~」から数が多すぎたので3本に絞ってお届けしていきます!今回はいよいよ人気記事だった50万円以下の腕時計から3本です。夏のボーナスで狙う本格機械式腕時計はこの3モデルだ!
ZENMAI | 25,482 view
パネライ 47mmに挑戦しよう PAM00372がおすすめです!

パネライ 47mmに挑戦しよう PAM00372がおすすめです!

他人が着けていると本当に格好良く見えるパネライ。なんでだろう?大きいから?目立つから?という事で目立ち度ナンバー1のパネライの中でも更に注目される47mmのビッグケース・モデルを今回はご紹介!どうせ着けるなら格好良く目立つ時計が良いじゃない?パネリスティと名乗りたいなら47mmしかないです!LOVE PANERAI
ZENMAIのココ東京 | 50,508 view
パネライの中古って安くなったな~、格好良いのに

パネライの中古って安くなったな~、格好良いのに

2000年代に大変盛り上がった「デカ厚」ブームの火付け役であり、イタリア海軍御用達の長い歴史を持つ軍用ウォッチメーカー「オフィチーネ・パネライ」。ここ数年は人気にやや翳りがあるものの、その独特な形状のタイムピースは今でも魅力的なものばかり!
ZENMAI | 51,237 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋