2018年3月31日 更新

バーゼルワールド2018から見る各時計ブランドの思惑は?

バーゼルワールドに関する記事は僕はあまり興味がありませんでした。過去のバーゼルではブースを非公開にしていたブランドもあり、報道関係者のビジネスパートナーの祭典というイメージがあったからです。 今回は少し考えが変わったそのわけは?

6,878 view お気に入り 0

各ブランドも消費者にアピールするようになったバーゼルワールド2018

個人的な意見を言わせてもらえば、僕は今までバーゼルワールドに関して言えば要約の
部分に書いている通り、プレス関係者のみにお披露目する祭典という少しネガティブな
見方をしていました。
しかし今年は各ブランド少し動きが出てきた気がしました。
まずSNS特にInstagramでの発信が多くなっている事も影響しています。
各社公式Instagramは写真で個々に出す事ができるため、複数のモデルを一斉に出す必要も
なく、『小出し』できるメリットもあるからです。
また、ユーザーの「生の声」がリアルタイムで反響として帰ってくる事も我々ユーザーにも
客観的に見てわかり、メーカーユーザー共にメリットが出てきます。
このSNSの普及で各ブランドはフェアの出来不出来を即座に判断できる事が可能になりました。
2015年頃から各社Instagramでは発信していますが、発信のスタイルも個人レベルでのInstagramの普及もあり、その方法も格段にレベルアップしています。
当初はカタログ写真をそのままに載せる程度でしたが、例えばRolexは今年は動画を
アップさせています。
 (189446)

まずオメガは過去の優れたモデルの見直しがブランドとして感じます。このシーマスターも
クラッシックでシンプルですが、オメガのブランドとしての戦略が見え隠れします。
ニコラス・G・ハイエック没後新しい物だけでなく、ブランドアイデンティティの確立に
尽力した彼の意思は未だにスウォッチグループ全体に浸透しています。
派手になりがちなバーゼルワールドの出品モデルでも、シーマスターの最新モデル、
スピードマスターと主力モデルを更に充実させています。

派手な物、必要?

新しいロレックス コスモグラフ デイトナ - バーゼルワールド 2018 (189483)

多くの方が紹介しているので、あえて何も言いませんがRolexは少し派手目なこの
デイトナを発表しています。
公式HPでは【宝石セッティング】というフレーズを使い、新たなフェーズを強調しています。
個人的には少しブランドアイデンティティの崩壊が感じる製品でした。
ハリウッドスターであるシルベスタースタローンがGMTマスターをした写真を自身のInstagram
でアップするなど、派手な演出(スタローンが勝手にやっているかもしれませんが)を行い、きらびやかさが感じられました。

グループの結束、筋道が見えるスウォッチグループ

 (189485)

少し変わった印象があったのがブレゲでした。
コンプリケーションウォッチの雄というイメージとは異なる、ダイバーズウォッチの発表は
意外でしたが、グループ全体の動きとして思えば納得がいきます。
創業者アブラアン・ルイ・ブレゲが初期の頃、マリンクロノメーターに関心があったという
意思を引き継ぎそのモデルを発表しています。
グループの結束が感じられる、スウォッチグループです。
ブレゲは1814年アブラアン・ルイ・ブレゲはフランスルイ18世から名誉ある「王国海軍」の
腕時計という任命を受けています。
この事から、ブレゲも防水機能に関心があった事が伺えます。
腕時計に求められる耐水性は時計師にとって古来から現在まで続く、永遠のテーマなの
でしょう。
このマリンクロノグラフ5527は昨年発表したモデルです。
しかしブレゲは敢えてこのバーゼルワールド2018でも展示している事からブランドとして
フラッグシップモデルにしようという気概が感じられます。

TISSOTもスポーツがコンセプト

TISSOTもスポーツ色を全面に出しています。
1958年のスイスカーレスチャンピオンのHarry Zweifelが送った署名付き写真を
今回展示しています。
他にもダイバーズウォッチSeastarも主力で出品しています。

Thank you girls #Tissot #BaselWorld2018 #tissotgirls #Switzerland

A post shared by Swiss Watches since 1853 (@tissot_official) on

しかし、時計だけで無く、美しい女性の彩りも忘れていません。
最近ヨーロッパではF1グリッドガールを廃止するなど、キャンペーンガールを女性蔑視と
する風潮が出てくる中、敢えて今回は大量に起用しています。
スイス人らしい頑固さでしょうか?

Rolexも実はスポーツ&過去のモデルの見直し

さて無名ライターの私から最近批判(𠮟咤激励?)が絶えないRolexですが、
Instagramの時系列でバーゼルワールド2018を見ると
①GMTマスター→②デイトジャスト→③デイトジャスト→④レインボーデイトナ→
⑤ディープシー
という順番でアップしています。
RolexはInstagramで小出しにする機能をフルに活用しています。
これら出品製品での画像のアップはディリーで行なっていました。
Rolexのブースでの実際の展示は私は見てないのでわかりません。
フェアを盛り上げる意味ではSNSの活用はマーケティング面も含め
効率の良い手法でしょう。
2大巨頭ブランドが偶然にもこのバーゼルワールドで共にダイバーズウォッチを出品という事
に対して興味深い物があります。
別に珍しくも無いダイバーズウォッチですが、敢えてこの2大ブランドがその分野の時計に
スポットを当てる理由は何か?
時計のケースの頑強性はムーブメントを守る上では重要なテーマです。
ケースは通常、貝殻を二枚合わせるようにムーブメントを覆い守ります。
合わせ目が無い方が防水性が高まりますが、機械式時計はムーブメントを
取り出して修理する必要があります。
ケース合わせ目を少なくして密閉性を高めると、今度は裏蓋が開けづらくなります。
製造技術が上がり設計精度や旋盤技術のアップもケース自体の密閉性向上に貢献しています。
しかし時計の場合どうしても最後の微妙な削り具合は人の手に頼る事が多いのです。
どちらも量産コストダウンを得意としているブランドなので、おそらく量産ラインで
そのまま作るのではと予想させれます。
しかしもう一つの見方として単純に大きい物が良いという風潮もあるかもしれません。
RolexもOmegaもダイバーズウォッチが今後のトレンドとしているのでしょうか?
つまり私の嫌いな(笑)デカウォッチが今年も主流なのでしょうね。

オンリーワン、パテックフィリップはInstagramもユニーク

パテックフィリップのInstagramでバーゼルワールド2018を探したところ、全く
その情報はありませんでした。公式HPにバーゼル向けの新製品情報を動画でアップして
います。
Instagramは毎月18日に情報を更新しているみたいですね。
上の公式Instagramも12枚の写真を動画を交えながらユニークな情報を公開しています。
12枚のInstagram映像がストーリ仕立てになっていて品のある構成になっています。

総括:大手メーカーはスポーツ、耐久性がテーマ

バーゼルワールドの公式HPのハイライトのページではピックアップとして
①Rolex Deepsea、②Patek Philippe Ellipse d`Or ③Omega “Speedmaster Dark Side of the
Moon”Apollo8の順に掲載されていました。
上位2つがスポーツモデル、しかもタフなモデルというのが今年のテーマだったかも
しれません。
いずれにしても、私が過去に見たバーゼルワールドよりも身近に感じたその要因は
間違いなくSNSの普及、特にここ数年のInstagramの拡がりが大きな影響を
各社に与えています。
Omegaや Rolexの手法の他にPatek Philippeの発信方法はおそらく各社
マーケティングのスペシャリスト達があの手この手で考えた結果でしょう。
来年のバーゼルワールドは3月21日から26日に開催されます。
これも今から楽しみですね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

渋くて安い!今狙うなら旧型シーマスター!【レビュー&販売情報】

渋くて安い!今狙うなら旧型シーマスター!【レビュー&販売情報】

ロレックスのほぼ全メンズモデル、PPのノーチラス&アクアノート、APのロイヤルオーク、そしてオメガのスピマス系と相場の高騰が凄いですよね。なら狙うはシーマスでは?!
| 14,575 view
これでいいのかRolex(ロレックス)2

これでいいのかRolex(ロレックス)2

大阪の中心地、通称『梅田』で大丸梅田店の巨大ポスターが目に入りました。Rolex、『デイ・デイト』コレクションが8月26日まで開催されていました。 Rolexの迷い?私が感じた印象です。
goro | 31,688 view
トケマーでシンプルでも、実は高価な時計を見つけよう

トケマーでシンプルでも、実は高価な時計を見つけよう

日本では儒教や利休のわびさびの心を大事とする考えが支配的であるため、豪華絢爛な物を否定する思想が今も残っています。そのため派手な腕時計はよく思われませんね。今日は地味そうでも実は高価な腕時計を紹介します。
goro | 11,641 view
Rolexはなぜミステリー?秘密を紐解く

Rolexはなぜミステリー?秘密を紐解く

人気腕時計ブランドRolex、会社自体は凄くミステリーな会社です。今日は英文サイトを中心に調べたRolexのミステリーや噂を紐解きます
goro | 8,867 view
時計選びの新基準、デザインスペックでブランドを選ぶ

時計選びの新基準、デザインスペックでブランドを選ぶ

機械式腕時計の価格は1万前後から上は300万を優に超える物まで様々です。しかし値段やブランド名だけで腕時計を購入していませんか?もっと新しい方法はないか?今日は新基準の購入術を紹介します。
goro | 15,584 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goro goro
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋