2016年4月13日 更新

ROLEX Tru-Beat Ref.6556「ロレックス トゥルービート」って知ってる?【レア・ロレックス⑩】

記念すべき「レア・ロレックスを求めて」第10弾。今回は実物を見たことがある方が どれだけいるのか不明な幻のモデルをご紹介いたします。異端的なCal.1040を搭載するトゥルービートとは、いったいどんな腕時計なのでしょうか?「TRU」とはどんな意味があるのでしょうか?

5,739 view お気に入り 0
Rolex Tru-Beat

Rolex Tru-Beat

ROLEX Tru-Beat Ref.6556

まず、動画をご覧になって頂きたい。

Rolex Ref. 6556 Tru Beat - YouTube

いかがでしょうか?

赤い秒針がチクタクと動いています。

え?普通のクォーツでしょ?
そうです。

今回ご紹介するレア・ロレックス Ref.6556はクォーツの様な動きをする機械式腕時計なのです。
1964 Rolex Tru-Beat (Calibe...

1964 Rolex Tru-Beat (Caliber 1040)

1954年に誕生した Ref.6556 TRU-BEAT。
オイスターパーペチュアル トゥルービートとありますので、自動巻きの時計だと言う事が表からもわかりますね。

まだクォーツも音叉式時計も開発される以前の1950年代。
ROLEXのキャリバー1030の派生形キャリバー1040は、チクタクと時を刻むジャンピングセコンド(ステップセコンド)と言う機構が特徴です。
※海外では"dead-beat" と呼ばれています。

Cal.1040の動画をご覧ください。

Rolex Tru-Beat Jump Seconds Mechanism - YouTube

Cal.1040
カチッカチッと動くアンクルが 確認できますね。

「1秒」を正確に表現する極めて高度なムーブメントです。
かなり少ない生産量の様で、幻のムーブメントとも言われています。
※私ココ東京も実物を見たことがありません。生産年数はわずか5年とも言われている希少モデルですね。


「TRU-BEAT」は、正確な1秒を表示することから 「TRUE」 真実のビートを刻む と言うネーミングなのですね。
医療業務に携わるドクターズウォッチとして誕生したとも言われています。
ROLEX, "TRU-BEAT" REF. 6556

ROLEX, "TRU-BEAT" REF. 6556

2008年12月 香港で開催されたクリスティーズ オークションで落札されたトゥルービートのブラックダイヤル。

リーマンショック後の極めて円高だった頃ですが、アメリカドルで「$14,257」の価格が付きました。
92円で換算しますと約130万円です。

スポーツモデルでない4桁モデルにしては高額ですね。
ロレックス (Rolex) TRU-BEAT

ロレックス (Rolex) TRU-BEAT

2016.04 海外の時計販売サイトで確認しますと約185万円と じんわり相場が上がっています。
Rolex Tru-Beat retailed by ...

Rolex Tru-Beat retailed by Tiffany & Co., Reference 6556

2015年5月 ジュネーブで開催されたオークションではRef.6556のティファニー ダブルネームが落札されました。

なんとスイスフラン「37,500 CHF」。
当時の為替 約129円で換算しますと483万円!
ヒャー!
きましたね。

他にもあるぞ!専門ウォッチ

TRU-BEATが医療従事者向けに作られたとのことでしたが、
他にもロレックスには様々な専用/専門ウォッチがあるのです。
Stainless Steel Rolex Oyste...

Stainless Steel Rolex Oyster Scientific manual wind watch

1930年代の手巻き式腕時計です。
オイスターケースに目立つ赤い秒針。

サイエンティフィックと呼ばれるこのモデル(文字盤)には
「時間」「分」「秒」がそれぞれ分離して表示されています。

計測を必要とした科学者や技師向けのモデルと言われています。
※耐磁性能を備えたモデルもあるようです。
Rolex Zerograph

Rolex Zerograph

Rolex Centegraph

Rolex Centegraph

ワンプッシュ・クロノグラフの様に見えますが、この2つのモデルはボタンを押しても秒針は止まりません。

ストップしないのでストップウォッチ=クロノグラフではないですね。

ゼログラフ(Ref.3346)、センターグラフ(Ref:3462)と言う帰零式秒針をもったモデルになります。
1930年代の不思議モデルですね。
やはり、計測を目的とした機能で技師など向けの専門ウォッチになります。

まとめ

Rolex Tru-Beat Chronometer,...

Rolex Tru-Beat Chronometer, Ref. 6556, Switzerland, Around 1955

いかがでしたでしょうか?

今回はサッパリと終わってしまいましたね。
せっかくの第10弾と言う記念記事だったんですが・・・
ネタ切れ感がヤバいですねぇ。

次回はどんなレア・ロレックスを書こうか思案中です。
GMTドリンク兄弟に「オレオ」「ココア」「ブラックコーヒー」なんかも足してみますかね・・・

はい。
トゥルービート以上にマニアックなモデルに入り込むと、記事に興味を持たれない可能性もあるので、もう少しメジャーどころを攻めてみようと思います。

では次回!
※今回はレア・ロレックスの過去記事をカラフルなボタン表示にしてみましたよ!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックス×レナードカムホートって知ってる?Ref.16610 LEONARD KAMHOUT【レア・ロレックス⑫】

ロレックス×レナードカムホートって知ってる?Ref.16610 LEONARD KAMHOUT【レア・ロレックス⑫】

久しぶりの記事レア・ロレックスを求めて第12弾は元クロムハーツのデザイナーレナード・カムホート氏のプライベートブランド「レナード・カムホート(現ロンワンズ)」とロレックスのダブルネームモデルをピックアップ。シルバー界の重鎮である彼の名を、チリンチリンと鳴り響く美しい鈴の音を、誰もが1度は耳にしたことがあるでしょう。こんなプレミアムなコラボレーション!たまらない。
ZENMAIのココ東京 | 9,423 view
ROLEX DOUBLE SIGNED 「ロレックス ダブルネーム」って知ってる?【レア・ロレックス⑪】

ROLEX DOUBLE SIGNED 「ロレックス ダブルネーム」って知ってる?【レア・ロレックス⑪】

レア・ロレックスを求めて第11弾は「特定のモデル」ではなく、ビンテージロレックスの中に稀に見る「ダブルネーム」について書いてみようと思います。どうしてダブルネームは あるのか?どんなダブルネームがあるのか?コラボ企画なのか、カスタムなのか?謎を追ってみようと思います。
ZENMAIのココ東京 | 71,615 view
とりあえず覚えとけ!ロレックス デイトナ Ref.16520 文字盤進化の歴史(マークⅠ~マークⅦ)

とりあえず覚えとけ!ロレックス デイトナ Ref.16520 文字盤進化の歴史(マークⅠ~マークⅦ)

キング オブ クロノグラフ ことロレックスのコスモグラフ・デイトナ。今回はデイトナの旧モデルRef.16520について書いていきます。現在大変プレミアム化しているRef.16520。まずどんな種類があるのかチェック・チェック!
メロ | 8,198 view
少しでも他人と違うロレックスが欲しいです!ちょいレア・ロレックス

少しでも他人と違うロレックスが欲しいです!ちょいレア・ロレックス

ロレックスはどのモデルも人気があり、誰も持っていないなんて事はあり得ないのですが、それでもあの人と同じにならないよう俺のは違うんだよって言えるくらいのモデルが欲しいな〜なんて思う次第でございます。
ZENMAI | 11,789 view
レアロレックスの代表格!!GMTマスターⅡ Ref.16760 ファットレディの魅力

レアロレックスの代表格!!GMTマスターⅡ Ref.16760 ファットレディの魅力

ロレックスレアモデルの筆頭、初代GMTマスターⅡファットレディRef.16760。 生産期間はわずか5年で他のスポーツモデルと比べても圧倒的に短いモデルです。 レアな理由は単に生産期間が短いだけではありません。今回はファットレディの特徴や魅力に迫りたいと思います。
サウスポー | 12,667 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAIのココ東京 ZENMAIのココ東京
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋