2017年8月27日 更新

ロレックスの「へー」「ふーん」ってなる知識とプチネタ。

ロレックスのみんな知ってる情報は沢山記事になっているので、少しずれたネタをご案内。ご存じの方はいらっしゃいますかね。そんな大したことは書いてませんが気になる方は読んでみてください!

12,020 view お気に入り 0

2色セラミックの色の割合が半々じゃなかった。

 (155272)

公式サイトを何気なく見てたらこんな画像がありました。
GMTマスターⅡのホワイトゴールド無垢しかない赤青のセラミックベゼル単体画像。

正面から見るとちょうど半分ずつになっているように見えていましたが、
ベゼルだけで見ると赤ベースの上に青が乗ってる?一部を青に変化させてる?
みたいな感じになってました。

青と赤のつなぎ目が素晴らしい。
ベゼル1つ製作するのに40時間かかるらしいですよ。

高いわけですね。

回転ベゼルの裏側

 (155365)

ベゼルの裏。
普通見れませんよね。

私も初めて見ました。
 (155366)

こんな感じでギザギザになってます。
この1つ1つのギザギザがカチカチカチってなってるんですね。

だとすると、上記のはサブのベゼルでしたが、GMTのベゼルは違うんでしょうか。
いつか見たい。

デイトナPTコマの秘密

 (160129)

この駒は見れば分かりますが、プラチナのコマではありません。
無いので代用しました。

現在のコマには真ん中の管がありません。
しかり、1990年代のコマかは管が入っているることが多い。(無くしたりでない場合も多い)
そんな管がデイトナのプラチナには入ってます。
上記のコンビはステンレスの管ですが、
デイトナは半透明な白っぽいプラスチック見たいか管が入ってます。

他の現行品では管入りは確認した中にはありません。

すいません。今度撮る機会があればUPします。

3番台のロレックス保証書

石油ショックにより物価が急上昇した1973年発行の保証書です。

今から44年前の保証書。

紙ってきれいに残るんですね。
 (157749)

程よく変色した紙の色が何ともいい感じになってます。
状態もキレイ。いいもの見れました。

以外にデザインはそんなに変わらないんですね。(今はカードですが)
 (157754)

表面もそんなに変わってませんね。

シードキットに付いてる工具の秘密

 (158584)

こんな棒見たことないですか?
これは、シードゥエラーを購入した時に付いている付属品の一つです。
確か正規品にしか付いてなかった気がしますが、
うやむやですので聞き流してください。

専用のドライバーと、替えのエクステンションと、減圧表(だったと思います)のカード。
の、専用ドライバーです。
 (158589)

両方蓋が付いてまして、取れます。

下がロレックスのコマのネジを回すドライバー。
純正なので当たり前ですが、ピッタリ!
とても回しやすいです!
ロレックスのスポーツモデルのコマなら大体ピッタリだったと思います。
上がプッシュピン。

横穴押すやつです。
ここで終わりではありません。

ここまでしても、本体にカチャカチャ音がします。

プッシュピンの方を引っ張ると取れます。
 (158594)

取って中身を出すと、
ネジ棒が出てきました!

ネジ山がなめた時の替えに便利ですね!
色が黒いのは、替えのエクステンションに付いてるネジ棒も黒だからでしょうか。

香港の国番号が「888」の理由

gettyimages (160107)

理由なんて考えたことすらなかったですが、
時計を極めている方の情報なので合ってるとは思いますが、
裏はとってないのでへー程度に聞いて下さい。
ロレックスの国番号は、基本スイスの番号が小さい。
確認しているだけで「010」~「062」はスイス番号らしいです。
そこから離れていくにつれて番号が大きなって行くみたいです。
ヨーロッパを平面の地図にしたとき、
一番左にすると、一番右はアメリカとか南アメリカになります。
日本は「410」です。ブラジルまで行くと「780」です。
では、何で地図上では日本よりスイスに近い中国(香港)が「888」なんでしょうか。
中国(香港)が「400」という情報もあります。
そうです。最初は「400」だったんです。

それが、いつのまにか「888」です。
理由は、中国らしいっちゃらしい理由。
縁起のいい数字が中国は「8」そうです。

だからゾロ目がいいとロレックスに言ったとか言ってないとか。
※裏とってないので確証ないですよ。

信じるか信じないかはあなた次第。

最後に

 (160134)

役に立つかは分かりませんが、
ふーんくらいには思っていただけたでしょうか。

そんなの知ってるよ!ばかりだったでしょうか。
またこんな小ネタがたまったらUPしたいと思います。


読んでいただきましてありがとうございました!

ロレックスのネタに関連する記事はこちら

トケマーで腕時計を売る

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【RX所持者必見】ロレックス OH代及び交換部品の金額のご案内!

【RX所持者必見】ロレックス OH代及び交換部品の金額のご案内!

いつか部品交換が必要になるかもしれないそんな時に、突然修理に持って行ってこんなにかかるの?てならない為にあらかじめ大体の金額を把握しておきましょう!
バネ棒 | 47,449 view
ロレックスのコマ調整にチャレンジ! 初心者でも絶対できるコマ調整方法

ロレックスのコマ調整にチャレンジ! 初心者でも絶対できるコマ調整方法

初めてでもできるロレックスのコマ(ベルト)調整方法をご紹介!皆さんは時計のコマ調整って自身でやったことありますか?今回は時間もお金ももったいないということで初めて挑戦してみました!これをみれば初心者でもできる!
| 329,750 view
【オーバーホール】町の修理屋さんの場合、費用3万円前後、納期は約2週間

【オーバーホール】町の修理屋さんの場合、費用3万円前後、納期は約2週間

みなさんこんにちは。saltです。 今日はオーバホールについて話したいと思います。 腕時計は3年から5年に一度OH〔オーバホール〕が必要と言われています。 その症状は様々で、最近時間が遅れてる。。進んでる。日付が変わるのが朝方頃。内部から異音を感じる。リューズ操作時にガリガリ音がするなど。 機械式の腕時計は使い方によっては壊れてしまいます。 そんな時にするのがオーバホールです。
salt | 7,607 view
時計修理工房潜入レポート!ロレックスのオーバーホールを見てきました。~Ref.16600編~

時計修理工房潜入レポート!ロレックスのオーバーホールを見てきました。~Ref.16600編~

今回は時計の修理工房へお邪魔し、オーバーホールを見学してきました。時計の修理を初めてみるウォッチモンスターの管理人!わくわくドキドキです。取材を受けて頂いたのは墨田区錦糸町の時計修理工房STYLE by S.Tさん。あらゆる腕時計のメンテナンスを行っているプロ集団です。
WatchMonster管理者 | 16,459 view
日本ロレックスにデイトナをオーバーホールに出してみた!修理明細付レビュー

日本ロレックスにデイトナをオーバーホールに出してみた!修理明細付レビュー

機械式時計をつけている方はやっぱりOHのことを考えますよね!そんな方のために日本ロレックスに出した時の流れを書いてみますので少しでも参考になればと思います。
とんすけ | 77,733 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

バネ棒 バネ棒
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋