2018年4月13日 更新

クラシカル!それでいて実用的!ヴァシュロンコンスタンタン ヒストリーク・トリプルカレンダーがかなりイケてる!

『月』『曜日』『日付』3つの表示をもつ“トリプルカレンダー”。1940年代に流行したこの機能は、アンティークウォッチの世界に限らず、現代でも人気がある機能です。そこで今回は2017年の冬に発表されたヒストリーク・トリプルカレンダーの魅力をご紹介したいた思います。

6,180 view お気に入り 0

ジュネーブ最古参の時計ブランド"ヴァシュロンコンスタンタン"

 (191402)

1755年に創業したジュネーブの最古参の時計ブランド"ヴァシュロン・コンスタンタン"は『パテックフィリップ』『オーデマ・ピゲ』と並び、世界三大高級時計メーカーに数えられる雲上ブランドといわれるひとつです。
その歴史は260年以上!驚きしかありませんね。その長い歴史の間にはたくさんのモデルが登場しました。
代表的なモデルとして挙げられるのはラグジュアリースポーツの代表格『オーバーシーズ』をはじめ、『トラディショナル』『パトリモニー』『マルタ』『ヒストリークシリーズ』などが挙げらます。
 (191427)

また、数少ないマニュファクチュールブランドとして知られており、その技術と品質は定評がある老舗ブランドです。
そんなヴァシュロンコンスタンタンのモデルの中でも今回はクラシカルで上品なヒストリークコレクションのひとつ、2017年発表"ヒストリーク・トリプルカレンダー"の魅力に迫りたいと思います。

ヒストリークコレクション

 (191433)

まずは歴史的価値の高い"ヒストリークコレクション"の現行モデルをさらっとご紹介します。
ヒストリーク・エクストラフラット 1955

ヒストリーク・エクストラフラット 1955

1955年に発表された薄型ドレスウォッチを現在に蘇らせた『ヒストリーク・エクストラフラット 1955』です。ムーブメント超薄型手巻きムーブメントCal.1003での厚みはわずか1.64mm!エレガントな印象でスーツにもよく合います。
ヒストリーク ロワイヤル 1907&ヒストリーク・コル...

ヒストリーク ロワイヤル 1907&ヒストリーク・コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ 1955

画像右はヒストリーク・クロノメーター ロワイヤル1907。高級感のあるエナメル文字盤にアラビア数字が特徴的で、シンプルなデザインながら存在感は抜群。裏はシースルーバックになっている為、ムーブメントの美しさも堪能できます。
画像左は"ヒストリーク・コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ 1955"2015年にプラチナケースで60年ぶりに復刻したモデル。翌2016年のSIHHで新たにピンクゴールドモデルも加わりました。
『Cow Horn(牛の角)』と呼ばれるラグが特徴的なモデルです。ヘアラインも綺麗で力強さも感じるモデルです。
ヒストリーク・アメリカン 1921

ヒストリーク・アメリカン 1921

ヒストリークコレクションの中でも一際目立つデザインの"ヒストリークアメリカン1921"。クッションケースに斜め表示の文字盤、オフセンターのリューズ。個性の塊のようなデザインですが個人的にはかなり好きですね!

ヒストリーク トリプルカレンダー1942

 (191358)

【商品名】ヒストリーク・トリプルカレンダー1942
【型番】3110V/000A-B425
【機械】手巻き Cal.4400 QC
【素材】ステンレススチール
【カラー】シルバー
【ケースサイズ】40mm
【防水性】3気圧
【国内定価】2,332,800円
【備考】2017年発表モデル
過去の傑作品を現代に復刻させているヴァシュロンコンスタンタンのヒストリークコレクション!その中でも今回取り上げるのは2017年に発表されたトリプルカレンダー1942です。
1942年に発表されたRef.4240の復活デザインのトリプルカレンダーですが、40年代のアンティークウォッチの雰囲気を残しつつ、スペックは現代に則した実用性の高いものとなっています。
 (191364)

ディテールも渋さが光っています。ケースは3本の溝の"トリプルゴドロン装飾"を採用しており、ラグは美しいラインが特徴的な"ティアドロップラグ"を採用しており、特別感のあるデザインとなっています。
12時位置には月と曜日を表示する小窓、日付はポインターデイトで表示しています。バランスが良いですね!また、視認性の高いスモールセコンドが配置されています。
 (191362)

ムーブメントは新開発の自社製手巻きムーブメントCal.4400 QC。耐久性の高い地板を採用しており、パワーリザーブは約65間となっており実用性の高さがわかります。
ステンレスモデルでありながら、定価は200万円オーバーとちょっと割高に気ましますが、こだわり抜いたデザインと渾身の自社製ムーブメントであると考えると納得せざる得ないのかもしれません。
ヒストリーク・トリプルカレンダー1948

ヒストリーク・トリプルカレンダー1948

同じく、2017年に発表された"ヒストリーク・トリプルカレンダー1948"ケース素材はピンクゴールドを採用しており、6時位置にはムーンフェイズをセッティングした豪華な仕様になっています。
 (191361)

月は2時位置のボタンで、曜日は4時位置のボタンをプッシュするだけなので、操作は非常に簡単です。オリジナルの意匠を再現したトリプルカレンダー。かなりイケてますよ!復刻モデルのサイズは40mmのみとなっていますので、今後オリジナル(35mm)に近いサイズが出てくれる事を願います。

関連記事はこちら

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

さまぁ~ずの大竹さんも愛用中! ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ 実際に着けてみた

さまぁ~ずの大竹さんも愛用中! ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ 実際に着けてみた

世界三大時計ブランドの中でも、一番長い歴史があるヴァシュロン・コンスタンタン。 そんなブランドの代表モデルの『オーヴァーシーズ』についてご紹介していきます。
BLING-BLING-BOY | 40,547 view
【厳選】ヴァシュロンコンスタンタン 気になる3本!今年はVCがくる!

【厳選】ヴァシュロンコンスタンタン 気になる3本!今年はVCがくる!

パテックフィリップ、オーデマ・ピゲと並んで、世界三大高級時計メーカーの一角を担う『ヴァシュロンコンスタンタン』。時計のコレクションも多く、複雑機構や宝石を使ったモデルも多数存在します。
サウスポー | 14,351 view
ヴァシュロンコンスタンタン パトリモニー 86180【一生モノを本気で考えるならコレ!②】

ヴァシュロンコンスタンタン パトリモニー 86180【一生モノを本気で考えるならコレ!②】

第2回を迎えた『一生モノ』シリーズ。第1回目のパテックフィリップ カラトラバ5119Gに続き、今回はこちら、ヴァシュロンコンスタンタン パトリモニー。さぁ、若者はちゃんとついてこれるか?
| 26,868 view
[腕時計レビュー] パテックフィリップ ノーチラス 5711/1A-001

[腕時計レビュー] パテックフィリップ ノーチラス 5711/1A-001

今回、世界三大時計のメーカーの一つ、パテックフィリップの中でも1、2を争う程の人気で、 世界的にも入手困難なノーチラス 5711/1A-001 ブルーグラデーションを 箱・保証書付の完品で運良く入手できたのでご紹介していきたいと思います! ご購入考えている人や予約して待っている人等の参考になれば幸いです。
BLING-BLING-BOY | 61,785 view
雲上三大ブランドの軍用時計~パテック オーデマ バシュロンのミリタリーウォッチ~

雲上三大ブランドの軍用時計~パテック オーデマ バシュロンのミリタリーウォッチ~

クォーツ腕時計が誕生するまでの1930年代から1960年代の機械式軍用腕時計は様々なメーカーが製造していますが、手作業をモットーとする三大ブランドのパテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、バシュロン・コンスタンタンの名は見当たりません。軍用規格に合う低コスト大量生産がスイスの名門にはマッチしていなかったこと、またはプライドが許さなかったのかも知れません。今回はパイロットウォッチに焦点を当て三大メーカーの世界大戦時モデルを見ていこうと思います。
ZENMAIのココ東京 | 11,276 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

サウスポー サウスポー
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋