2019年9月7日 更新

【panerai】ポストロレックス最有力として パネライ再考

腕時計業界、ロレックスの一人勝ちな状況が続いておりますが、ポストロレックス最有力として、今回はパネライについて書いていこうと思います。ブームから定番へと進化したパネライ、魅力的なモデルが目白押しでございます。

15,004 view お気に入り 0
 (223496)

今回はポストロレックスとしてのパネライについて再考していきたいと思います。

ご存知のように、世界中にデカ厚時計のブームを巻き起こしたのはもう、20年ほど前のこと。

一過性のブームに終わることなく、見事に定番へと進化したブランドは、復活当初から着実にそのラインナップの充実がなされており、魅力的なモデルでいっぱいです。

では、さっそく見ていきましょう。

ルミノール

 (223478)

1本目は、ルミノールシリーズからPAM00372。

お値段の方は、1,069,200円。

オリジナルモデルの面影を残しつつも、現代にも合うようにアレンジされた美しいケースは、まさにパネライを代表するモデルと言えるでしょう。

ケースサイズは47mmと、存在感十分で、遠目で見てもそれと分かるほどに目立ちます。

秒針のない、すっきりとしたデザインはシンプルで飽きのこない仕上がりでありながらも、独創的ですよね。

さすがにここまでのサイズとなると、着ける腕を選ぶかもしれませんが、似合うようにしっかりと鍛えてみてはいかがでしょうか。

ルミノール ブレスレットモデル

 (223483)

2本目は、同じくルミノールシリーズからブレスレットモデルのPAM00722。

お値段の方は、993,600円。

パネライのラインナップの中では唯一、ブレスレットモデルの展開があるマリーナシリーズ。

私もそうですが、夏場など汗をかく季節にはどうしてもブレスレットの時計が着けたくなりませんかね。

ここのところ、パネライのラインナップの中からはブレスレットモデルが減っていっているのですが、少し寂しいですね。

こちらのモデルは、ケースサイズが42mmと、パネライの中では少し小ぶりで、日常使いにもいけるのではないでしょうか。

ラジオミール カリフォルニア

 (223485)

3本目は、ラジオミール カリフォルニア。

お値段の方は、961,200円。

ラジオミールは、パネライがイタリア海軍の要請を受け、1936年に初めて試作品としてデザインしたダイバーズ ウォッチになります。

名前の由来はその文字盤にあって、ローマ数字 とアラビア数字がユニークに配置されていて、ロレックスにも同様の文字盤が存在することでも有名ですよね。

以前はロレックスがムーブメントを供給していたこともあるということで、そういう意味でも、ポストロレックスとしてありなのではないでしょうか。

サブマーシブル

 (223488)

4本目はサブマーシブル。

お値段の方は、864,000円。

パネライと言えば、ある意味全てダイバーズウォッチということになるのですが、そのパネライのラインナップの中でも一番、ダイバーズウォッチらしいデザインをしているのがこのサブマーシブル。

ラインナップもかなり充実し、どれを選んでいいか迷うところですが、おすすめは一番オーソドックスなこちらのモデル。

ケースサイズは44mmで、かなりボリューミーですが、着けているだけで元気が出てくるような迫力のある1本ですね。

オリジナルには存在しない、復活後のモデルになりますが、ラインナップの充実により、今後は人気が出てきそうなモデルではないでしょうか。

ルミノール ドゥエ

 (223491)

5本目は、ルミノール ドゥエ。

お値段の方は、820,800円。

パネライに現代的なエレガンスを、というコンセプトで誕生したシリーズだけあって、女性でも違和感なく着けられるようなモデルもラインナップされています。

こちらのモデルも、ケースサイズが38mmと、デカ厚時計らしからぬケースサイズで、今までパネライを敬遠していた方にもおすすめのモデルですね。

実際、38mmと言えば、大きさだけで言えばごくごく普通のサイズですからね。

まさかパネライがここにきて、サイズダウンしたモデルを展開するとは思いませんでしたが、ファン層を広げるという意味でも、今後も人気が出てきそうな予感です。

まとめ

 (223497)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

街中でも、着けている人をかなり見かけるようになって久しいパネライ。

ブランドイメージもしっかりしていて、ポストロレックスとしての地位は十分に持っているのではないでしょうかね。

しかも、ここ最近のパネライの時計は質感も向上し、自社製ムーブメントを搭載しているということで、ブランドとしての実力も本物と言えるでしょう。

ここで紹介した以外にも、たくさんのモデルがございますので、興味を持たれた方は是非、お店に行って実際に見て、触って、着けてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ポストロレックス パネライという選択

ポストロレックス パネライという選択

ロレックス一人勝ちの時計界ではありますが、ロレックス以外の腕時計が欲しいよ、なんて方もきっとおられるのではないでしょうか。そんなあなたに、ポストロレックスとしてロレックスに勝るとも劣らないブランドオーラを放つパネライを紹介したいと思います。
yusapapa | 7,032 view
【ブランド探究】 パネライは良い時計?悪い時計? やっぱり欲しくなる~

【ブランド探究】 パネライは良い時計?悪い時計? やっぱり欲しくなる~

デカ厚ブームを巻き起こした時計の元祖といえば、パネライの名前を挙げる人が多いのではないでしょうか。熱狂的なファンも世界中にいますからね。今では定着した感のあるデカ厚時計の代表、パネライの良いところ、悪いところを、独断と偏見で書いていこうと思います。
yusapapa | 42,729 view
ルミノールドゥエの新作は振り返ったので今回はドゥエ以外のSIHH(ジュネーブサロン)パネライ新作も振り返って見ましょうか。

ルミノールドゥエの新作は振り返ったので今回はドゥエ以外のSIHH(ジュネーブサロン)パネライ新作も振り返って見ましょうか。

薄型モデル、「ルミノールドゥエ」だけじゃ無い、従来のパネライモデルも良いのが揃っています。楽しんでご覧下さい。
はなすけ | 7,967 view
【腕時計レビュー】パネライが誇るラジオミールの限定モデル PAM00379

【腕時計レビュー】パネライが誇るラジオミールの限定モデル PAM00379

1860年創設の『パネライ』。 元祖デカ厚時計の代名詞といってもいいブランドですが、今回はパネライの中でもビッグサイズなラジオミールオロローザ 47mm PAM00379の限定モデルをレビューしたいと思います!
サウスポー | 4,971 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yusapapa yusapapa
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋