2016年4月19日 更新

新型エアキング Ref.116900の原点 ROLEX feat Bloodhound SSC 「ロレックス ブラッドハウンドSSC」って知ってる?【レア・ロレックス⑧】

バーゼルワールド2016で彗星の如く蘇ったペットネーム「Air-King」。一度死にかけた不死鳥が 再び大空に羽ばたきます!サイズアップし 遂には「116」番台のリファレンスを受け いよいよジェンツ・ロレックスの代表作になる日がやってきました。今回は新エアキング「Ref.116900」のデザインの「原点」に触れてみたいと思います。レア・ロレックスを求めて第8弾。

20,478 view お気に入り 0
Bloodhound SSC

Bloodhound SSC

ブラッドハウンドSSC

Speedometer & Chronograph

Speedometer & Chronograph

まずは、こちらをご覧ください。

1000 MPH Rolex - inside the Bloodhound SSC cockpit - 1/5 - YouTube

ブラッドハウンド プロジェクトは、2016年に航空ジェットエンジンを搭載した超音速カーで、驚異の時速1,000マイル(時速1,609キロ)の地上最速記録樹立を目指している。ロレックスが積極的に支援するこのハイテクプロジェクトは、宇宙探査などの技術的偉業が多くの新世代科学者や技術者を鼓舞したように、科学と技術に対する興味を世界的に高めようという教育的目的を掲げている。

時速1,000マイル(時速1,609キロ)での極度の空気抵抗に挑むために、ブラッドハウンドSSCの車体は細長く、全長はおよそ14メートル、前輪2つは車体の内側、ホイールフェアリングで覆われた後輪2つは車体の外側に付けられている。自動車と航空機の技術を画期的に融合させたこの車体は、最大限に給油した時の重量はおよそ8トン、ジェットエンジン、ロケットエンジン、内燃エンジンの3基を動力源とし、Formula 1®レーシングカーの180倍に匹敵する135,000馬力を生み出す。その設計と製造には最先端の技術と素材が採用されている。
とにかく超スピードのモンスターマシンのチャレンジに、ロレックスがスポンサーとして協賛しました。

コックピットにはロレックスの特注スピードメーターとクロノグラフが搭載されています。
ブラッドハウンドSSC

ブラッドハウンドSSC

もはや・・・「カー」と言っていますが自動車っぽさがありません。

ロケットエンジンを積んでいますし、飛ばないけどロケットなのかも知れません。

有人ロケットミサイルのような、おそろしいマシンです。
コックピット

コックピット

ブラッドハウンドSSCの為に作った計器が搭載されたコックピット。

スピードメーターは「MACH」ですよ「マッハ」。
アンディ・グリーン

アンディ・グリーン

モンスターを操るのはアンディ・グリーン氏。

自動車速度の世界記録保持者で、超音速走行を可能とする唯一の人物だそうです。

まぁ・・・挑戦者も少ないのでしょうが。

リファレンス 116900

Chronograph

Chronograph

オイスターパーペチュアル エアキング リファレンス 1...

オイスターパーペチュアル エアキング リファレンス 116900

今年のバーゼルワールドで見事に復活したエアキング [Ref.116900] は、ブラッドハウンドSSCクロノグラフのデザインを踏襲しているのがわかります。

新型エアキング Ref.116900 の「エア」は 「空」のイメージではなく
「時速1,000マイル(時速1,609キロ)での極度の空気抵抗に挑むブラッドハウンドSSC」の
「空気抵抗」から きているのかも知れませんね。
※無理やりですね。
Rolex Oyster Perpetual Air-...

Rolex Oyster Perpetual Air-King (ref 116900)

 (10984)

ブラッドハウンドSSCのクロノグラフは95mmあります。

腕に着けるには無理がありますね。
デザインは最高にかっこいいんですが・・・

45mm-50mmくらいで スモールセコンドつき3針 デザインのAir-King Ref.116990LNの登場を期待しましょう。
※勝手なリファレンスなので下2桁が9なのは特に意味はありません。

まとめ

リファレンス 116900

リファレンス 116900

Ref.116900は40mmケースに Cal.3131(自社製クロノメーター公認ムーブメント)を搭載、
ロレックスの最新技術の結晶です。

コックピットに映えるデザイン、企業カラーのグリーン(アンディ・グリーン氏のGreenではないだろう)
カラーリングされた王冠。

セラクロム・デイトナ SSC で湧いたバーゼル・ワールド2016ですが、このエアキングにも注目してはいかがでしょうか?

さて、話が新型エアキングに引っ張られてしまいましたが、
今回ご紹介した「ブラッドハウンドSSC クロノグラフ、スピードメーター」について、おさらいします。
スピードメーター

スピードメーター

クロノグラフ

クロノグラフ

直径95mm、20cmもの長さがあります(重量1.6kg)。
視認性に長けたデザインはさすがロレックス。

正確な操作が必要なプロフェッショナルな空間に、このシンプルなデザインがマッチします。

Inside Bloodhound SSC: the 1000 mph car - focus - YouTube

Master Horologer: Rolex unveils the two bespoke instruments (Speedometer & Chronograph) exclusively developed and manufactured for BLOODHOUND SSC, the supersonic car (11000)

アンディ・グリーン氏はデイトナ Ref.116520のホワイトを愛用されていますね。

1930年代 マルコム・キャンベル卿は世界で初めて時速300マイル(時速483キロ)の壁を破った方ですが、やはりロレックスを愛用されています。
キャンベル氏のレーシングカー「ブルーバード」も自動車にしては「ロケット」感が凄いですね。

キャンベル氏の記録が、現代のブラッドハウンドプロジェクトへと繋がっているのです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックス【新型 エアキング 116900】個人的に気になるバーゼル2016

ロレックス【新型 エアキング 116900】個人的に気になるバーゼル2016

今年のロレックス(バーゼルワールド2016年発表)の新作モデルの中で 私が一番気になる腕時計が フルモデルチェンジしたエアキングです。今までのロレックスには無い特徴を持つこのモデルについて少し書いてみようと思います。
もう貰った?夏のボーナスで買う腕時計はこれ「ロレックス 新しいエアキング Ref.116900」

もう貰った?夏のボーナスで買う腕時計はこれ「ロレックス 新しいエアキング Ref.116900」

夏のボーナスで買う時計シリーズは一旦終了しましたが、いよいよ支給されたとなればもう1度考えちゃいますね?ってことで、今までの記事では取り扱わなかったロレックスの新作をご紹介!2016年バーゼルワールドで発表・復活を遂げた新しいエアキングRef.116900です!
ZENMAI | 14,670 view
ディスコン前?に買うべきロレックス

ディスコン前?に買うべきロレックス

今年も新作発表の時期が近づいてまいりました。毎年、何かと話題のロレックス。昨年は少々地味に感じた方も多いと思われますが、今年はどうでしょうね。予想なんてそうそう当たらないけれども、生産中止になる前に、買うべきロレックスについて考えてみました。
yusapapa | 20,391 view
【新作】ロレックス エアキング 116900【復活】

【新作】ロレックス エアキング 116900【復活】

2014年のマイナーチェンジにより、オイスターパーペチュアルのシリーズとしてラインナップされた為、事実上のディスコンとなっていたエアキングが、新型Ref116900として今回のバーゼルワールドでまさかの新作として復活を果たしました!!ロレックスのエアキングと言えばロレックスを初めて購入する人がよく検討するモデルです。よって気になる方も多いと思います。2016年バーゼルワールドで発表された新作ロレックスエアキング116900が従来のエアキング114200とどう変わったのかレビュー致します。
アルプス | 352,848 view
【保存版】ロレックスの2016年バーゼルを振り返ろう!

【保存版】ロレックスの2016年バーゼルを振り返ろう!

2017年が始まって1ヶ月が経ちました。 この時期からある病気を持った人達はそわそわしだします。そう。時計大好き病。 3月はバーゼルワールドです。その前に去年出たロレックスの一年越しの評価とともに書いていこうと思います!
バネ棒 | 8,750 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAIのココ東京 ZENMAIのココ東京
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋