2019年12月29日 更新

ロレックスもいいけどボーナス使ってあがりの時計 人生最後の時計はどれ?

今年もいよいよ終わりに近づき、ボーナス使って大きな買い物でもやってやろうか、なんて景気のいい人もおられるのではないでしょうか。そこで、今回はボーナス使ってあがりの時計ということで、人生最後の時計を選んでいこうと思います。

38,135 view お気に入り 0
 (227948)

記念すべき令和元年も終わりに近づき、また新たな年を迎えようとしております。

今月はボーナスが出たよ、なんて方も多いと思いますが、そんな記念すべき年号の変わり目に思い切って人生最後のあがりの時計を買おう、なんて方もおられるのではないでしょうか。

ロレックスもいいですが、あがりの時計となってくると、世の中にはロレックスの他にも素晴らしい時計というのはあるものでございます。

そこで、今回はボーナス使ってあがりの時計というわけで、人生最後の時計を選んでいこうと思います。

ランゲ&ゾーネ オデュッセウス

 (227944)

1本目は、ランゲ&ゾーネの新作 オデュッセウス。

お値段の方は、予価ではありますが310万円。

2019年も後半になって発表された、ランゲ&ゾーネの新作オデュッセウス。

注目すべきは、同社としては初のラグジュアリースポーツのカテゴリーに属すると思われる仕上がりになっていることだと思います。

ラグジュアリースポーツと言えば、パティックのノーチラスやオーデマ・ピゲのロイヤルオークが世界中で大人気ですが、どうでしょうか。

本当に時計が好きな人であれば、おそらく、こちらのモデルも検討に値することは間違いないと思います。

いや、むしろ、腕時計自体の愛好家であれば、もしかるすと迷うことなくこのオデュッセウスにいくかもしれませんね。
 (227946)

その高い技術力は、もはやパティックに負けずとも劣らないものであるということは、世界中のファンも認めるところ。

派手さはないものの、機械式腕時計の愛好家からしてみれば、かなり魅力的な1本であることは間違いないでしょうね。

人生最後、あがりの時計にふさわしい1本です。



バシュロン・コンスタンタン

 (227950)

2本目は、バシュロン・コンスタンタン オーヴァー・シーズ。

お値段の方は、3,212,000円。

世界最古の時計ブランドとしても名高い、バセロン・コンスタンチン改めバシュロン・コンスタンタン。

今だにバセロンの方がしっくりくるのは私だけでしょうか。

ここのところ、世界中のセレブや有名人、お金持ちの方を中心にSNSなどで着けている時計を見ていると、流行っているから着けている感が否めません。

時計業界全体の盛り上がりという意味ではそれでもいいとは思いますが、しかし、本当に腕時計が好きな人間からすれば、あまりいい気がしないという方もおられるかもしれません。

 (227952)

その点、バシュロンに関しては、まだ場が荒らされてはいませんので狙い目です。

流行りの高級ラグジュアリーウォッチを着けている人の中にも、きっとバシュロンのことを知らない人はかなりいると思います。

でも、バシュロンを着けている人には、時計に関してそんな無知な人はそうそういないでしょう。

まさしく、あがりの1本にはふさわしいブランドですね。


パティック・フィリップ カラトラバ

 (227955)

3本目は、パティック・フィリップ カラトラバ。

お値段の方は、2,640,000円。

時計が好きで数々のコレクションをしてきた人が、最後に行きつくと言われているカラトラバ、通称クンロクモデル。

上品な面立ちは、全ての三針時計のお手本とも言われています。

昔はこれ1本で東京に家が建ったとか建たなかったとか。

 (227957)

緻密に仕上げられたムーブメントは、見えないにも関わらず美しく装飾されています。

過去には限定モデルで裏スケルトン仕様のものもあったんですけどね。

是非、また限定でもいいので裏スケルトンのモデルも発売して欲しいものです。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク

 (227960)

4本目は、オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク。

お値段の方は、2,200,000円。

みんな大好きロイヤルオークということで、こちらのモデルもあがりの時計として選ばせてもらいました。

ここ最近のロイヤルオーク人気は凄いですね。

SNSなんかをみても、色々な著名人の方々がロイヤルオークを着けている様子が見れます。

個人的にはそんなに万人受けするようなブランド、モデルではなかったように思うのですがどうでしょうか。

 (227962)

ラグジュアリースポーツというカテゴリーにマッチョさを取り入れたモデル、オフショアの登場は確かに衝撃的でした。

あがりの時計に選ぶには少々ごつすぎる気もしないではないですが・・・。

ただ、20年ほど前、お店でコーヒーを飲んでいる時に、通常のロイヤルオークのクロノグラフモデルを着けている初老の方を見かけたのですが、あれはかっこよかった・・・。

そういうわけで、あがりの時計としては大いにありかなと思うわけです。

グランドセイコー

 (227965)

5本目は、グランドセイコー SBGH201。

お値段の方は、620,000円+税。

ヘリテージコレクションからの1本で、クラシカルな佇まいがあがりの時計にふさわしい雰囲気を醸し出しております。

やはり、日本人たるもの最後は国産ブランドでという方も多いのではないかと思い、なかでも最高峰の技術を誇ると言われるグランドセイコーを選ばせてもらいました。

デザインはいたってシンプル、ザ・セイコーといった感じで、昭和時代の親父さんが着けていた時計といえば、こういったイメージという人も多いと思います。

こちらも他のモデル同様、あがりの時計としてはぴったりな1本ですね。

あがりたくないけど欲しい・・・。

まとめ

gettyimages (227968)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

ロレックスが人気の時計業界ですが、あがりの時計というと違ったものが欲しくなるという方もおられると思います。

人生最後の時計をどれにしようか迷うところですが、ボーナスを使ってあがりの時計ということで、今回は選ばせていただきました。

もちろん、この他にもたくさんのあがりにふさわしい時計はありますので、是非、実際にお店に行ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックスは卒業?!そんなあなたにおすすめする時計とは?

ロレックスは卒業?!そんなあなたにおすすめする時計とは?

時計マニアにも色々と進む道があるわけで、ある人はアンティークの世界にどっぷりはまり、また、ある人はロレックスを卒業してさらなる高級ブランドにと様々でございます。そこで今回は、ロレックスは卒業なんて考えている方におすすめの時計を紹介したいと思います。
yusapapa | 44,621 view
50代におすすめしたい、勝負時計とは?

50代におすすめしたい、勝負時計とは?

50代ともなれば、定年までカウントダウン、勝負時計の1本も持っていないといけない年齢ではないでしょうか。社内でも高いポストについておられる方も多いかと思いますからね。そんなわけで、今回は50代におすすめしたい、勝負時計について考えていきます。
yusapapa | 9,448 view
60代 リタイア組がお金に糸目をつけずに時計を買うなら ベスト5 定年退職者におススメ!

60代 リタイア組がお金に糸目をつけずに時計を買うなら ベスト5 定年退職者におススメ!

定年後に悠々自適のリタイア生活なんて素敵ですよね。身体が健康であることはもちろんですが、色々な所に旅するにしても、ちょっとお出かけするにしても、男性のファッションと言えば、核になるのは、やはり腕時計ではないでしょうか。そんな60代に贈る、至極の5本を紹介します。
yusapapa | 20,702 view
【今買える】 おすすめ本格機械式時計 7本選んだよ! その2

【今買える】 おすすめ本格機械式時計 7本選んだよ! その2

今買える、おすすめ時計第三弾。今回は比較的高級時計と言われるブランドを中心に、あがりの時計をテーマに7本の時計を選んでいこうと思います。なかなか帰る値段ではないとは思いますが、いつかは買うぞ、という思いで見ていきましょう。
yusapapa | 4,493 view
上がりの時計 何にする?着ける腕は1本だよ・・・

上がりの時計 何にする?着ける腕は1本だよ・・・

腕時計の沼にはまると、あれもこれもと欲しくなってくるのはよくある話で、何本もコレクションしたところで、所詮、一度に着けられるのは普通は1本。両腕に着けている人もたまにいますが、一般人ではなかなかいませんよね・・・。で、上がりの時計、何にしますか?
yusapapa | 5,812 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yusapapa yusapapa
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋